ニュースリリース
2015年11月19日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

GPS機能付きトレッキングギア「WristableGPS for Trek」

日本百名山の全ルートナビゲーション搭載対応により、さらに便利に

※:購入時には富士山ルートのみ搭載。ファームウェアを最新版にして頂くことで日本百名山の全ルートに対応。

エプソンのGPS機能付きトレッキングギア「WristableGPS for Trek 『MZ-500B』、『MZ-500S』」は、7月27日のリリースにおいて「2015年秋に対応予定」としていた、©昭文社「山あるきデータ」の「日本百名山おすすめ登山コース」の全ルートに対応しましたので、お知らせいたします。

『MZ-500B』、『MZ-500S』は、購入時には富士山ルートのみ搭載されていますが、ファームウェアを最新版※1にして頂くことで残りの全ルートが本体に登録され、日本百名山の代表的な1ルートを本体上でナビゲーションしながら気軽に登ることが可能となります。


MZ-500B(ブラック)
<3D標高ナビゲーション画面>


MZ-500S(シルバー)
<3D標高ナビゲーション画面>

『MZ-500B』、『MZ-500S』は、センサー・フュージョン・テクノロジー※2を搭載した高精度な測位によるナビゲーション(平面/標高)、長時間稼働(GPS毎秒測位:46時間)、軽量(本体重量65g)が特長で、2015年8月7日の発売以来、大変ご好評をいただいております。

このたび対応した日本百名山ルート以外にも、自身で作成した計画ルート※3や、登山者向けコミュニティサイトで公開されている登山ルート※4を本体に登録することで、簡単にルートナビゲーションを利用できます。ルートナビゲーションは目的地までの平面ナビゲーションだけではなく、「あとどれくらい登るのか」の標高についても確認できるため、安全・安心な登山に有効に活用いただけます。

エプソンは『MZ-500B』、『MZ-500S』をはじめ、コア技術であるセンシング技術を活用した商品、サービスの提供により、これまで見えなかったデータを可視化し、人々にとって価値ある情報に変え、人々の「生活の質向上」に貢献していけるよう、これからも取り組んでまいります。

  1. ※1:最新バージョンはVer01.02.00。ファームウェアバージョンアップについては、ダウンロードサイトよりご確認ください。
    ダウンロードサイトURL:http://www.epson.jp/dl_soft/category/121.htm
  2. ※2:複数のセンサー情報を融合して、より高度な計測精度を実現する技術。
  3. ※3:Webアプリケーション「NeoRun」を使用して、パソコンで作成します。
    日本百名山ルートデータ以外で本体に登録可能なルート数は50件です。
  4. ※4:登山者向けコミュニティサイトで公開されている(GPXファイル)をダウンロードして、Webアプリケーション「NeoRun」を使用して本体に登録。
  5. ※:本製品のルート情報や機器のGPS位置情報は、あくまでも参考情報です。安全上、コンパスや地図を携帯し、現在の状況を確認の上、自己責任で慎重に判断し、行動してください。

■仕様

商品型 仕様 価格
MZ-500B ブラック 厚さ:16.5mm、重量65g、10気圧防水、
搭載センサー:GPSセンサー、地磁気センサー、
加速度センサー、温度センサー、気圧センサー
オープン
プライス
MZ-500S シルバー

*日本百名山の実際の登山コースについてはWebアプリケーション「NeoRun」内でご確認いただけます。

URL:https://go-wellness.epson.com/neo-run/html/JP/recommendedCourse.html

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。