ニュースリリース
2015年6月30日
セイコーエプソン株式会社

エプソンの脈拍計測機能付き活動量計「PULSENSE」が、神奈川工科大学の健康推進プロジェクトに採用

― ウエアラブル機器で、学生・教職員の日常健康管理を支援 ―

「PS-100シリーズ」

「PS-500B」

アプリケーション表示画面

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、このたび、神奈川工科大学(学長:小宮 一三)の健康推進プロジェクト「KAIT健康大作戦」に、エプソンの脈拍計測機能付き活動量計「PULSENSE」が採用されたことをお知らせします。

「PULSENSE」は、腕に装着するだけで脈拍を高精度で計測し、運動強度やカロリー収支、睡眠、非活動時の心の状態を知ることができる活動量計で、昨年11月の発売以来お客様からご好評をいただいています。神奈川工科大学の「KAIT健康大作戦」では、「PULSENSE(PS-100シリーズ、PS-500B)」と、同大学の学生向けポータルサイト「KAIT Walker」との連携により、学生・教職員の日々の健康管理に貢献していきます。

6月から開始した「KAIT健康大作戦」において、当初は学生・教職員 合計70名が「PULSENSE」を使用します。使用者はスマートフォンなどを通じて、「PULSENSE」が取得するさまざまな客観的データを、いつでもどこでも確認することが可能です。本プロジェクトは、「PULSENSE」の継続使用により、在学中に、生涯にわたって健康な生活を楽しむための基盤となる規則正しい生活習慣を身につけることを支援します。

なお、多くの学生が4年間の在学中に「PULSENSE」を身に着けて健康管理をできるよう、今後、順次、台数を増加させることを予定しています。

エプソンは、独創の高精度センシング技術を活用したウエアラブル機器により、人々の生活の質を向上すべく、取り組みを進めてまいります。

■神奈川工科大学の健康推進プロジェクト「KAIT健康大作戦」について

「KAIT健康大作戦」は、体験を通じて健康への理解を深め、データが示す客観的な事実と向き合うことによって、規則正しい生活習慣を身につけることを目標としています。同プロジェクトに参加する学生・教職員は、活動量計「PULSENSE」、体組成計、血圧計などを活用して、自ら測定を行います。測定データは「KAITからだデータバンク」に自動送信され、学生向けポータルサイト「KAIT Walker」などで閲覧できるようになっています。学生は、それらの測定結果からポートフォリオを作成し、健康状態を自分自身で管理し、客観的にチェックします。さらに、そのポートフォリオをもとにして、スポーツ科学分野や栄養生命科学科の教員から専門的なアドバイスを受けることができ、自分の生活習慣をどのように改善していくべきか、具体的に把握できるようになっています。

エプソンの「PULSENSE」は、以下の「KAIT健康大作戦」概要図における「はかる」で活用されます。

「PULSENSE」本体で計測したデータは、エプソンの専用アプリケーション「PULSENSE View」で確認することも可能

【本件に関するお問い合わせ先】

  • エプソンの脈拍計測機能付き活動量計について(法人のお客様)

    セイコーエプソン株式会社 ウエアラブル機器事業部 S戦略・営業部

    電話:0266-61-0614 FAX:0266-61-2045

    製品の詳細は次のウェブサイトをご覧ください。http://www.epson.jp/products/pulsense/

  • 神奈川工科大学の健康推進プロジェクトについて

    神奈川工科大学 経営管理本部 事務システム課

    TEL:046-241-8320 FAX:046-291-3254

    本プロジェクトの詳細は次のウェブサイトをご覧ください。http://kw.kait.jp/kw/health/index.html

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。