ニュースリリース
2015年1月28日
セイコーエプソン株式会社

メルセデスAMGペトロナス F1チームとスポンサーシップ契約を締結

― オフィシャルチームパートナーとしてF1レースをサポート ―

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔)は、このたび、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)で2014シーズンのチャンピオンとなったメルセデスAMGペトロナス(MERCEDES AMG PETRONAS) F1チームと、複数年のグローバルパートナー契約を締結いたしました。

エプソンは、オフィシャルチームパートナーして、インクジェットプリンター、スキャナー、3LCDプロジェクター、スマートグラスやスポーツ・健康分野のセンシング商品を含むウエアラブル機器の分野で、メルセデスAMGペトロナス F1チームをサポートしていきます。また、2月1日にはF1のテスト走行が開始されますが、そこで発表される同チームのニューマシンのほか、ドライバーであるルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのヘルメットバイザーとレーシングスーツにもエプソンロゴが掲示される予定です。

以下に、両者のコメントを紹介します。

セイコーエプソン 代表取締役社長 碓井 稔

「このたび、栄えあるメルセデスAMGペトロナス F1チームのオフィシャルパートナーとなることで、エプソンブランドをさらに強化することができ、本当にうれしく思います。エプソンは、メルセデスAMGペトロナスF1チームと同様に、常に最新の技術を追求し、業界をリードしていけるよう努力を重ねてきました。これからも、お客様の期待を超える商品やサービスによって、世界中のお客様に驚きと感動をもたらし続けたいと思います。」

メルセデス・ベンツ モータースポーツ エグゼクティブディレクター トト・ウォルフ氏

「2015シーズンに向けた準備が整いつつある中、エプソンをチームに迎えることができてうれしく思います。先進的な企業と協力関係を築くことに喜びを感じますし、エプソンが革新的な技術や商品を追求する姿勢は、私たちがF1の世界で頂上を目指す姿勢とも共通するものです。エプソンの技術革新、そしてブランドや商品を世界中で訴求していくためにも、私たちは緊密に連携していきます。今シーズン、そしてこれから先のシーズンも、パートナーとしてエプソンとともに成功していくことを楽しみにしています。」

今回パートナーシップ契約を締結した両者は、環境負荷を極小化することにも注力しています。例えばエプソンでは、製造プロセスはもちろんのこと、実際に商品を使用する際の環境負荷も削減することで、2050年までにCO2排出量を90%削減することを目指しています。一方、2014シーズンにF1でコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したマシン、メルセデスAMGペトロナスF1 W05 ハイブリッドは、前年のマシンから30%以上燃料効率に優れており、このようなF1で培った技術は、メルセデス・ベンツの市販車にも採用されています。

今シーズン全20戦が予定されているF1選手権の開催地は、いずれもエプソンのビジネスにとって重要な地域となっています。エプソンは、今回のスポンサーシップ契約を最大限に活用して世界中のお客様との関係性を深め、先進技術の訴求にもつなげていきます。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。