2014年12月17日
セイコーエプソン株式会社

産業用途向けラベルプリンターの販売強化に向けて

米K-Sun社をエプソングループ傘下に


ラベルプリンター「LabelWorks」(国内未発売)

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔)は、このたび、米国ウィスコンシン州を拠点とする産業用途向けラベルプリンター販売会社K-Sun社(社長:Michael Kasun)を買収し、エプソングループ傘下としたことをお知らせいたします。

K-Sun社は、工場や工事現場などにおける安全表示や、ケーブル・パイプ等の識別に用いられる産業用途向けラベルプリンターの販売会社です。エプソンは、この買収によりK-Sun社が30年以上にわたって蓄積してきた顧客層へのアプローチが可能となり、さらなる事業の拡大を図っていきます。

これまで両社は、エプソンがK-Sun社にラベルプリンターをOEM供給することで、約20年にも及ぶ良好なパートナーシップ関係を構築してきました。今回K-Sun社が子会社となったことで、エプソンの産業用途向けラベルプリンターの販売が強化されることとなり、これまで以上に良質な製品やサービスをお客様に提供することが可能になります。

なおK-Sun社は、2015年1月には北米地域でエプソンブランドのラベルプリンター「LabelWorks」の販売を開始します。エプソンの北米地域における販売現地法人エプソンアメリカでは、これまで通りオフィスおよび一般用途に向けて「LabelWorks」の販売を継続します。

以下に、エプソンおよびK-Sun社からのコメントを紹介します。

■セイコーエプソン取締役 ビジュアルプロダクツ事業部長 渡辺 潤一

「K-Sun社がエプソングループに加わったことで、これまでのパートナーシップ関係をさらに発展させることができ大変うれしく思います。これにより、K-Sun社が得意とする産業用途の市場にもエプソンブランドの商品をお届けすることができ、この重要な市場においてさらに販売を拡大していくことが可能となります。」

■K-Sun社 社長 Michael Kasun

「K-Sun社は1994年からエプソンとパートナーシップ関係にありますが、このたび栄えあるエプソングループに加わったことで、お客様に新たな商品を提供することができるようになり、社員ともども、今後の展望に非常に期待しています。」

【K-Sun社概要】

社名K-Sun Corporation

所在地米国 ウィスコンシン州

事業内容産業用途向けラベルプリンターの販売

社長Michael Kasun

設立1978年

従業員数約20名

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。