2014年11月11日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

ビジネスプロジェクター超短焦点モデルがさらに明るくなって新登場

約83cmの距離から大画面に3,400lmの明るさで投写、電子黒板機能内蔵『EB-536WT』など


『EB-536WT』


『EB-535W』


『EB-530』


「3LCD ロゴ」

製品ページ

エプソンは、ビジネスプロジェクターの新商品として、投写面から短い距離で大画面を実現する「超」短焦点モデル『EB-536WT』、『EB-535W』、『EB-530』を2014年12月11日より発売いたします。『EB-536WT』、『EB-535W』はPCの主流であるWXGAにリアル対応したモデルです。また、『EB-536WT』は投写画面上に電子ペンで書き込みができる「電子黒板機能」を搭載したモデルになります。

超短焦点プロジェクターは投写距離が短く、スクリーンなど投写したい面のすぐそばに設置できるため、学校の教室やオフィスの小会議室など、投写距離の確保が難しいスペースで活用できるプロジェクターです。

新商品は、従来モデル※1と同様に「超短焦点レンズ」を搭載することで、通常のプロジェクターの約半分の距離で投写することができます。『EB-536WT』、『EB-535W』は約83cm、『EB-530』は約89cmの距離から80型の大画面に投写します。また、映像表現力を決定する液晶技術には3LCD方式を採用しており、他の主要方式に比べて、最大3倍のカラーの明るさを実現※2しています。高い色再現性と階調表現でコンテンツのクオリティを活かした自然な映像を投写します。

3LCD方式

他の主要方式

明るさは従来モデルの3,000lmからさらに向上し、『EB-536WT』、『EB-535W』は3,400lm、『E B-530』は3,200lmを実現しています。さらに、コントラスト比※3も従来の3,000:1から16,000:1へと大きく向上することで、明るい照明の下でも映像をさらにくっきり鮮やかに投写できるようになりました。

このほか、動画や音声の再生でも教室の隅々まで音が届く「16Wスピーカー」内蔵や幅広い機器との接続ができる「HDMI®端子」搭載、2系統の「オーディオ入力端子」、「マイク入力端子」搭載のように、基本性能も引き続き充実しています。iOSやAndroid™のスマートフォンやタブレット端末から、写真・ドキュメント・WEBサイトなどをワイヤレスで投写できるアプリケーション「Epson iProjection」※4にも対応しています。

また、『EB-536WT』は、学校での普及が進んでいる電子黒板機能を搭載しています。設置後電源を入れるだけで、PCがなくても書画カメラやBlu-ray Disc™の映像の投写面上に文字や図形を直接書き込むことができ、授業での活用度が高まります。また、2本のペンで二人同時に書き込みが可能です。オートキャリブレーション機能の搭載で位置合わせ作業が不要になり、セットアップもスピーディーに行えます。さらに、PCを接続してペンツールソフトを使うと、印刷・保存・図形の挿入など、多彩な操作ができます。領域の制限なく、2本のペンで二人同時に書き込みやマウス操作ができることから、それぞれのペンで色の変更など、自由に行うことができます。またマウスホバリング機能の搭載で、デジタル教材のリンク先を探すことも容易になりました。


電子黒板機能を搭載

新商品はいずれも本体LED点灯色(電源入ランプ)、リモコンボタンの色、環境設定メニューに色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの方が使いやすいよう、カラーユニバーサルデザインに配慮しています。

新商品の主な特長及び詳細仕様等につきましては、製品ページをご参照下さい。

■目標販売台数について

新商品の今後1年間の販売台数は、本日発表の「簡単・機能充実モデル」新商品とあわせて、約1万2千台を予定しています。

「簡単・機能充実モデル」新商品につきましては、別途ニュースリリースをご参照ください。

■価格・発売日について

新商品の価格と発売時期は以下の通りです。

商品名 主な仕様 価格 発売日
EB-536WT リアルWXGA、明るさ(全白、カラー共)3,400lm
電子黒板機能搭載
オープン
プライス
2014年
12月11日
EB-535W リアルWXGA、明るさ(全白、カラー共)3,400lm
EB-530 リアルXGA、明るさ(全白、カラー共)3,200lm

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。