2014年5月19日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

指によるタッチで直観的な操作が可能
電子黒板機能を内蔵した文教向け超短焦点壁掛け対応プロジェクター

明るさ3,300lm、16Wスピーカー内蔵、解像度リアルWXGA『EB-595WT』


『EB-595WT』

*壁掛け設置イメージとなります。壁掛けにはオプションの壁掛け金具(「ELPMB43」)が必要となります。

製品ページ

エプソンは、学校向けプロジェクターの新商品として、指によるタッチで直観的な操作が可能な電子黒板機能内蔵の超短焦点壁掛け対応モデル『EB-595WT』を2014年5月29日より発売いたします。

新商品『EB-595WT』は新たな機能として、指でのタッチ操作※1に対応しました。投写画面上で指を使って、電子黒板のツールボタンの操作や画面の拡大、縮小、スクロールなどを直観的に行うことができ、矢印、三角、丸など、授業の注目度を高める簡単な描画も可能です。また、「ペンで書いて、指で消す」といった、従来の板書に近い操作も可能となりました。

PCレスで使用可能な電子黒板機能を標準で内蔵しており、書画カメラやDVD/ブルーレイからの投写映像の上に書き込みするなど、既存の教材も有効に活用することができます。書き込みやマウス操作は二人同時に行うことが可能で、書き込み範囲は制限がなく、色も自由に変えることができるので、二人の児童・生徒が同時に画面に答えを書き込むなど、協働学習をサポートします。また、PCとの接続はCD-ROMによるドライバーのインストールが不要※2なので、持ち込んだPCもすぐに使うことができます。さらに、同梱の専用ペンツールソフトを追加することにより、電子ペンを使用して投写面上に文字や図形の書き込みができるほか、部分拡大、イラストや記号のスタンプの貼り付けなど授業をもっと楽しく、分かりやすいものにします。このほか、ペンツールボックスから印刷、保存、書画カメラ※3の呼び出しなど多彩な操作ができ、デジタル教材を用いた理解度の高い授業を実現します。

付属のソフトウェア「EasyMP Multi PC Projection」を使用することで、プロジェクターにネットワークで接続※4している最大50台※5のスマートフォン、タブレット端末やPC※6の中から複数の端末の画面を同時に投写したり(2画面、4画面)、1つの端末を全画面で投写するなど、比較学習に活用することができます。また、投写する画面を1台のコンピューターの操作により切り替えるモデレーター機能※7を搭載しています。

基本性能は、カラーの映像も明るい3,300lmとコントラスト比10,000:1※8を実現しました。学校の明るい教室においても、くっきりと鮮やかに投写することができ、フルカラーで制作されたデジタル教材の投写で、効果的な表現力を発揮します。また、16Wの内蔵スピーカーやマイク入力端子を備えていますので、英語の授業のような音声や動画を使用するような場面においても教室の後ろまで音声が届くことから、児童や生徒の理解促進に役立ちます。設置については、超短焦点レンズにより最短18.7cm※9の距離で80型のスクリーンサイズに壁掛け設置をして投写することができます。投写面の近くに立っても影ができにくく、投写光が目に入ってまぶしく感じることもないため、プロジェクターを意識せずにより活発な授業を行うことができます。このほか、複数の機器との接続が簡単に行え、電源のON/OFFや映像ソースの切り替え、音量調整が1か所で操作できる「インターフェイスボックス」(型番「ELPCB02」)をオプションでご用意しています。

*新商品の主な特長及び詳細仕様等につきましては、製品ページをご参照下さい。

■価格・発売日について

新商品の価格と発売時期は以下の通りです。

商品名 主な仕様 価格 発売時期
EB-595WT リアルWXGA、3,300lm、16Wスピーカー、
指によるタッチ操作対応電子黒板機能搭載
オープンプライス 2014年5月29日

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。