2013年11月7日
セイコーエプソン株式会社

カーナビゲーション向けデジタル出力インターフェース(SPI、I²C)対応の
高精度ジャイロセンサー「XV4001シリーズ」を商品化


デジタル出力ジャイロセンサー「XV4001シリーズ」
(左:「XV4001BC」、右「XV4001KD」)

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、カーナビゲーション用途向けに、デジタル出力インターフェース(SPI、I²C)(*1)に対応した高精度ジャイロセンサー「XV4001シリーズ」を商品化し、本日からサンプル出荷を開始します。

一般的にカーナビゲーションにおけるジャイロセンサーは、自動車の進行方向の変化を検出し現在地を特定することや、トンネル内などGPSを受信できないエリアでの推測航法(Dead Reckoning)に用いられています。お客さまはアナログ出力の水晶ジャイロセンサーを用いる場合、出力信号を外付けなどのADコンバーターを用いてデジタル信号に変換する必要があります。しかし出力形式の変換にあたり、信号ラインの引き回しや周辺回路が煩雑になるなどお客さま側の技術的負担も多く、デジタル出力インターフェースに対応したジャイロセンサーの要求が高まっていました。

そのためエプソンでは、市場要求の高かったSPI(3線式、4線式)、I²Cのデジタルインターフェースに対応した高精度ジャイロセンサー「XV4001シリーズ」を商品化しました。

本商品は、当社独創のQMEMS(*2)技術が実現する、小型・高安定な特性を持つダブルT型水晶素子に、最適に設計した自社製ICを組み合わせ高次温度補正も行うことで、温度特性をさらに向上させ、一層の高精度化を実現しました。また新たに、ジャイロセンサー自体が異常を検知するセルフテスト機能も搭載することで、さらなる信頼性の向上を図っています。

なお本「XV4001シリーズ」は、搭載される機器に適した傾斜およびそれぞれのインターフェースの組み合わせにより、パッケージの傾斜角度が0度の「XV4001BD」、「XV4001BC」、20度の「XV4001KD」、「XV4001KC」、計4種類のラインアップを用意しています。

今後もエプソンは水晶デバイスのリーディングカンパニーとして、電子機器や社会インフラに欠かせない小型・高精度・高安定な商品を提供してまいります。

■本商品の機能ブロック図

機能ブロック図

■本商品の主な仕様

型番 XV4001BD XV4001BC XV4001KD XV4001KC
出力
インターフェース
SPI
(3線式、4線式)
I²C SPI
(3線式、4線式)
I²C
電源電圧 3.3V±0.3V
出力感度 370LSB/(°/s) ±1.5%(*3)
0点出力 ±2 °/s(*3)
ノイズRMS値 0.05 °/s RMS typ.
外形寸法 5.0×3.2×t1.3mm 6.0×4.8×t3.3mm
パッケージ傾斜角度 0度 20度

※型番末のBD、BC、KD、KCは、パッケージ傾斜角度および出力インターフェースの違いになります。

【本商品に関するお問い合わせ先】

セイコーエプソン株式会社 マイクロデバイス事業部 TD営業部  電話:042-587-5878(直)

(*1)  出力インターフェース(SPIまたはI²C)は、工場出荷時に決定されます。

(*2)  高安定・高精度などの優れた特性を持つ水晶素材である「QUARTZ」と、「MEMS」(微細加工技術)を組み合わせた造語です。半導体を素材としたMEMSにならって、水晶素材をベースに精密微細加工を施し、小型・高性能を提供する水晶デバイスを「QMEMS」と呼んでいます。「QMEMS」は、セイコーエプソンの登録商標です。

(*3)  +25℃における値です。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。