2013年8月19日
セイコーエプソン株式会社

業界初※1 、多出力SAW発振器「MG7050シリーズ」を商品化

~ ファンアウト・バッファ内蔵のワンパッケージと、低ジッタ特性を実現 ~


低ジッタ多出力SAW発振器「MG7050シリーズ」

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、業界で初めて、ワンパッケージでありながら複数のクロック出力を可能にした低ジッタ※2SAW発振器「MG7050シリーズ」を商品化し、本日からサンプル出荷を開始しました。

本商品は従来のSAW発振器と異なり、ファンアウト・バッファ※3を内蔵したことで、ワンパッケージでありながら2本または4本のクロック同時出力※4を可能にしました。さらに、エプソン独自の強みであるSAW共振子技術と半導体技術を用いることで、ファンアウト・バッファを内蔵しながらも当社従来商品※5と同等の0.12ps(156.25MHz時)の低ジッタ特性を実現しています。これにより、複数のクロック源を必要とするお客さまのシステムに対して、部品点数削減による省実装面積化(ファンアウト・バッファ外装の場合と比べて約1/2)や低消費電力化で大きく貢献します。

また、さまざまなシステムに対応できるように、出力形式はLV-PECL、LVDS、HCSLの3種類を用意しています。さらに、周波数を分周する機能も備えているため、お客さまはシステムを簡素化し、コストを削減しながらも、必要な性能を得られます。

近年、次世代高速通信ネットワークにおける機器では、通信の大容量化・高速化が飛躍的に進み、そこで使用されるシステムでは、さまざまな周波数への対応と、より一層の低ジッタ特性を持つ発振器が要求されるようになってきています。特にルーター、スイッチをはじめとするネットワーク機器においては、取り扱う情報量が急激に増加しているため、システム上ではクロック源を複数のブロックへ分岐させて駆動する必要があります。通常、このようにクロック源を分配するためにはファンアウト・バッファが必要となりますが、部品点数や消費電力の増加、さらには出力経由時にジッタ特性の劣化が生じてしまいます。そこでエプソンは、お客さまが抱えていたこれらの問題を解決するために、このたび、発振器に最適なファンアウト・バッファを内蔵した、低ジッタ特性を持つ新しい多出力発振器を商品化しました。

今後もエプソンは水晶デバイスのリーディングカンパニーとして、電子機器や社会インフラに欠かせない小型・高精度・高安定な商品を提供してまいります。

■ブロック図

ブロック図

■主な仕様

型番 MG7050EAN MG7050VAN MG7050HAN
出力形態 LV-PECL LVDS HCSL
出力数 2出力 / 4出力
出力周波数 100MHz ~ 700MHz 100MHz ~ 200MHz
動作電源電圧 2.5V±0.125V / 3.3V±0.33V
動作温度範囲 0~70℃ / -20~70℃ / -5~85℃
動作時消費電流 125mA Typ.
(184mA Max.)
50mA Typ.
(72mA Max.)
75mA Typ.
(100mA Max.)
位相ジッタ 0.05ps Typ.@700MHz、 0.12ps Typ.@156.25MHz
(0.3ps Max.)  オフセット周波数:12kHz~20MHz
外形寸法 7.0 × 5.0 × 1.6mm Typ.

【本商品に関するお問い合わせ先】

セイコーエプソン株式会社 マイクロデバイス事業部 TD営業部  電話:042-587-5878(直)

※1 2013年8月中旬時点、販売されているSAW発振器において(エプソン調べ)

※2 ジッタ: クロックの周期のゆらぎのことで、画像の揺らぎやデータ転送でのビットエラーなどの原因になることがある

※3 ファンアウト・バッファ: 入力信号を複数に分配して出力する回路

※4 同一周波数、または1/2分周の多出力

※5 当社のSAW水晶発振器「XG-2121/2102シリーズ」

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。