2013年4月16日
セイコーエプソン株式会社

業界最小クラス※1パッケージ、低消費電力の
32.768 kHz水晶発振器「SG-3030CM」を商品化


32.768 kHz水晶発振器「SG-3030CM」

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、32.768 kHz水晶発振器の新ラインアップとして、業界最小クラスのパッケージサイズ3.2×1.5×0.9t(Max.) mmとなる 「SG-3030CM」を商品化し、このたびサンプル出荷を開始しました。

本商品は従来商品「SG-3030LC」に対し、同等の0.65µA (Typ.) (1.8 V動作時) の消費電流でありながら、設置面積で約50%、体積で約65%削減しているため、お客様の電子機器の小型化、低消費電力化に大きく貢献します。

一般的に、32.768 kHz水晶発振器は、時計、サブクロック(スリープ、タイマー)用途として、スマートフォン、タブレットPC、デジタルカメラなどのモバイル民生機器や、カーナビゲーションといった車載機器など、さまざまな電子機器の駆動・制御に欠かせないデバイスとして搭載されています。

近年、電子機器の小型化が進み、さらにお客様の環境負荷低減の意識も高まる中、市場では水晶発振器の小型化、低消費電力化の要望が増加しています。しかし、水晶振動子と発振回路を組み合わせるものである水晶発振器は、水晶振動子、発振回路、パッケージの小型化を進めるほど、精度の維持・向上が難しくなるという傾向があります。

そこでエプソンは、独自の強みである、水晶素材とMEMSを組み合わせたQMEMS※2技術と、半導体技術を用い、小型の水晶振動子と発振回路を小型パッケージに収めることで、業界最小クラスのパッケージサイズでありながら従来商品「SG-3030LC」と同等の精度・低消費電力である水晶発振器「SG-3030CM」の商品化を実現しました。汎用性の高い32.768 kHzの音叉型水晶振動子を採用しているため、さまざまな電子機器の小型化・低消費電力化に貢献します。

また、本商品のようなワンパッケージの水晶発振器は、水晶振動子と発振回路を個別に用意する場合に比べ、省スペースでの設計が可能なことに加え、水晶発振特性が出荷時において保証されているため、お客様は発振回路設計や周波数調整が不要になり、電子機器の信頼性と品質の向上を図れます。

今後もエプソンは水晶デバイスのリーディングカンパニーとして、電子機器や社会インフラに欠かせない小型・高精度・高安定な商品を提供してまいります。

■新商品「SG-3030CM」と従来商品「SG-3030LC」とのサイズ比較

右:新商品「SG-3030CM」(3.2×1.5×0.9t mm)、左:従来商品「SG-3030LC」(3.6×2.8×1.2t mm)

■主な仕様

型番 SG-3030CM
外形寸法 3.2×1.5×0.9t(Max.) mm
動作電源電圧 1.5 V ~ 5.5 V
動作温度範囲 -40℃ ~ +85℃
消費電流 0.65 µA (Typ.) (1.8 V動作時)
周波数初期偏差 5.0± 23.0×10-6 (Max.)

【本商品に関するお問い合わせ先】

セイコーエプソン株式会社 マイクロデバイス事業部 TD営業部
電話:042-587-5878(直)

※1:2013年4月中旬時点、販売されている水晶一体型構造の32.768 kHz水晶発振器において(エプソン調べ)

※2:高安定・高精度などの優れた特性を持つ水晶素材である「QUARTZ」と、「MEMS」(微細加工技術)を組み合わせた造語。半導体を素材としたMEMSにならって、水晶素材をベースに精密微細加工を施し、小型・高性能を提供する水晶デバイスを「QMEMS」と呼んでいます。「QMEMS」は、セイコーエプソン株式会社の登録商標です。

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。