2008年9月
先進機能を搭載しながらスリムボディを実現したインクジェットプリンター複合機「EP-801A」

EP-801A

印刷方式 MACH方式
ノズル配列 黒180ノズル、カラー900ノズル(各180ノズル×5色)
解像度 5760×1440dpi
インク 6色独立型インク(黒、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ)
印刷スピード L判1枚 約14秒
外形寸法 446mm×385mm×150mm(W×D×H)
重量 約9.0kg
消費電力 約25W(スタンドアローンコピー時)

製品特長

「調和」をコンセプトに開発されたインクジェットプリンター複合機。プリント、スキャン、コピーの基本的な機能に加え、メモリーカードからのダイレクトプリントや、赤外線通信によるワイヤレスプリント、写真に文字やイラストを組み合わせる手書き合成シートなど、多彩な先進機能を、従来機種とはデザインを一新したスタイリッシュな薄型ボディに搭載しています。

この薄型ボディは、「場所との調和」を目指し、生活の中心であるリビングルームに置いて違和感のないデザインとサイズを追求した結果で、5年前の機種との比較では、質量約8%、容積約50%もの削減を実現しています。また、給紙を前面から行うようにすることで、背面に給紙用のスペースをとる必要がなくなり、置く場所の制約が格段に少なくなりました。

誕生の背景

デジタルカメラで撮影した写真データを大画面テレビに映しながら、プリントする写真を選んだり、地上デジタル放送のデータ放送情報をプリントしたりと、リビングルームにプリンターを置いて活用するシーンが増えつつあるなか、プリンターの筐体は、スキャナーやコピー機能、CD/DVDレーベル印刷機能などさまざまな機能が付加され、さらに使いやすさを重視して、操作パネルや液晶パネルを大型化したことも加わって、容積が大きくなる傾向にありました。

そこで、それらの機能を犠牲にすることなく、リビングルーム全体の雰囲気を壊さないデザインで、なおかつ、限られたスペースに収まるサイズを実現しようと開発されたプリンターが、この「EP-801A」です。

成果と反響

「EP-801A」のリビングルームに調和するデザインコンセプトは、翌年以降の商品にも継承され、有線/無線LAN接続への対応など機能も向上し、モバイル/クラウド対応やインターフェイスの改良など使い勝手の面でも進化を続けました。現在もさらなる小型化を進めるために、使用部品の小型化や点数削減、内部メカニズムの改良といった新しい技術開発を続けています。筐体が小型化されることで、省資源はもちろんのこと、コンテナ積載量が増えることによる輸送時の環境負荷低減も実現しています。

マイルストンプロダクツ一覧へ戻る