セミナーレポート

NEW PHOTO FORUM 7th セミナーレポート

エプソンセミナー

用紙で広がる自分流表現~作品性を高める用紙選び~

用紙サイズは気にするけれど、紙質まではこだわらない。そういう方が決して少なくありません。でも、用紙の風合いによって作品の仕上がりが断然違ってくる「用紙選び」は、作品づくりにはとても大切です。
この「用紙で広がる自分流表現~作品性を高める用紙選び~」のセミナーでは、作品づくりにおすすめしたいワンランク上の用紙をご紹介。あわせて用紙を使いこなすコツを、教えています。

インクジェットプリンターになって、さまざまな素材の用紙を気軽にプリントできるようになりました。カテゴリー分類してみると、RCペーパー、バライタ紙、ファインアート紙、和紙の大きく4つに括られます。

光沢

RCペーパー

表面がレジンコートされているペーパー。写真用紙の代表格。光沢感と広い色再現範囲が特徴です。最も光沢度の高いグロッシータイプと表面にラスター処理が施されたセミグロッシータイプがあります。

光沢(グロッシー)

エプソン

写真用紙クリスピア
<高光沢>

高い光沢度と紙地のニュートラルな白色が特徴。
鮮やかでにごりのない発色を実現。

半光沢(セミグロッシー)

エプソン

写真用紙
<絹目調>

光沢感を抑えた、キメの細かい微粒面が特徴。
しっとりと落ち着きのある 仕上がりに。

光沢

バライタ紙

モノクロ印画紙でおなじみのペーパーがインクジェット用としても登場。キメの細かい美しい描写が特徴です。バライタ紙といっても、風合いや地色、手触りなど商品によって違いがあります。

ハイグロス

ハーネミューレ

ファインアートバライタ

印画紙のバライタ紙に近い質感・光沢感を持つ高級紙。
地色はブライトホワイト。ハイライトが冴え階調豊かな色彩を表現。

セミグロス

ピクトラン

バライタ

豊かな階調表現、広い濃度域を実現。 バライタの上品な白色が、作品を落ち着いた印象に。

無光沢

ファインアート紙

マット(無光沢)系の用紙の中でも作品用としておすすめしたいのがファインアート紙。これらは画材紙や版画紙などファインアート紙をベースにし、インクジェット用のコートを施した用紙です。表面に画材紙の凹凸の質感が施された「テクスチャード」の用紙と、表面が平滑な「スムース」の用紙があります。

スムース

エプソン

ウルトラスムースファインアートペーパー

表面が平滑でマットな面質を持つファインアート紙。
紙の地色にあたたかみが感じられ、落ち着いた印象に。

テクスチャード

エプソン

ベルベットファインアートペーパー

表面に上品なテクスチャーを施したしなやかなファインアート紙。
マット紙の中でも彩度やコントラストが高く、緻密でリアルな描写が特徴。

テクスチャード

PCM竹尾

DEEP PV モロー 300g

粗めのテクスチャーが特徴。
写真に奥行きや立体感を感じさせる重厚なファインアートペーパー。

無光沢

和紙

楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、といった和紙の原料を使った紙です。和紙そのものの素材感が活かされるようインクジェットのコートは薄付きです。そのため色あいや描写はやわらかになります。

楮/三椏/雁皮

アワガミファクトリー

三椏 白 二層紙

三椏の繊維が和紙特有のなめらかで美しい光沢感を表現。
とりのこ色の地色が作品を優美で繊細な印象に。

アワガミファクトリー

竹和紙

竹を原料にした和紙。ふんわり柔らかみのある風合いと手ちぎりの耳が特徴。
洋紙とは異なるあたたかみを感じさせる仕上がり。

手漉き和紙

アワガミファクトリー

びざん 中厚口 純白

1枚ずつ手漉きでつくられる和紙。色彩も描写もやわらかく表現。
耳付きで手漉きならではのあたたかな風合い。

このように、今や用紙はいろんな種類があります。この中から自分の作品にあった用紙を選ぶには、どういうポイントに目をつけたらいいのか、ちょっと悩むと思うんです。

そこで用紙を選ぶ時の2つのポイントをご紹介します。

用紙選び2つの観点

1.作品に合った用紙選び(表現・テーマ)
2.目的、用途に合った用紙選び

紙の特性を知るには、同じ写真(絵柄)で比べてみることです。それもご自分の作品で比べるのが一番いいと思います。私も基準としている写真(絵柄)が1枚あります。新製品の用紙や気になる紙があると、それでカラーとモノクロ1点ずつプリントします。すると、以前にプリントした紙と比べて、この紙のほうが自然の色に近いなあ、というような微妙な違いがすごくわかるんです。用紙を選ぶ際は、ぜひ基準となる画像を1枚決めておきましょう。

最後に多様な用紙でプリントする際のポイントをまとめます。

●エプソン純正紙以外を使う際の用紙設定
エプソン純正紙の中で紙の地色や風合いが近いものを選んで設定する。 プリンタードライバーの中で 「インク濃度」・「プラテンギャップ」などの設定も可能。

●染料系のプリンターについて
エプソン純正紙以外は、用紙の厚みによっては給紙できないものもあるため、購入時に確認が必要。

●用紙の給紙がしにくい場合
主な原因は ローラーについた紙粉です。
和紙やマット紙を使用する際には最初に紙粉を軽く落としてから給紙するとよい。 また時々クリーニングシートも活用することも大事。

「用紙選び」に役立つセミナーとして、プロ写真家の岡嶋和幸氏による「自分流で楽しむブレない作品づくり」セミナーでも、岡嶋氏ご自身の作品を使って用紙の選び方を解説しています。こちらもご参照ください。