セミナーレポート

NEW PHOTO FORUM 7th セミナーレポート

エプソンセミナー

作品づくりのためのプリント方法~プリント設定をマスターしよう~

Adobe® Photoshop® やAdobe® Photoshop® Elementsからのプリントで、「カラー処理」「プロファイル」などややこしいプリント設定に混乱していませんか?
撮影した写真データに、思い通りのイメージになるようにレタッチを加えても、プリント設定を間違うと正しくプリントされません。

これではせっかくこだわって撮影した写真も、台無しになってしまいます。そうした悩みを解消するのが「作品づくりのためのプリント方法~プリント設定をマスターしよう~」セミナーです。

最近のプリンターは、レタッチをしなくても、データを最適化して、キレイな写真を容易にプリントすることができます。たとえば、エプソンプリンターに搭載している「オートフォトファイン!EX」は、アプリケーション側(Adobe® Photoshop®)から受け取ったデータをドライバーが判別し、自動で露出補正したり、色補正をしてくれる便利な機能です。

たとえば、このように逆光で撮影した写真も「オートフォトファイン!EX」を使えば、プリンターが自動で写真データから人物の顔を判別し、自然な肌の色に自動補正してプリントします。

「オートフォトファイン!EX」オフ

「オートフォトファイン!EX」オン

でも作品をつくる場合など、せっかくアプリケーション側でレタッチした写真に、自動補正がかかってしまうと困りますよね。

そこでおすすめするのが「マニュアル色補正」です。
「マニュアル色補正」は撮影データがもつ色情報にしたがって、データを処理するプリント方法です。

では、いったいどのように設定するのでしょうか?
それは、撮影からプリントまで色空間(カラースペース)を一貫させることです。

色を表現できる範囲を指す色空間(カラースペース)には、二通りの規格があります。

ひとつは標準的なカラースペースで色を表現する多くの機器に対応している「sRGB」。そしてもうひとつは、より広い色域を持つ「AdobeRGB」。

「マニュアル色補正」では、まずご自分のカメラで「sRGB」と「AdobeRGB」のどちらを選択しているかを確認します。

続いてプリンタードライバーを、カメラが設定している色空間に合わせます。

撮影からプリントまでの色空間を統一することが重要なのです。

セミナー後に参加者の方に感想をお聞きすると、「AdobeRGB」や「sRGB」まで、意識していなかったという声を多数いただきました。

具体的な設定方法などの詳しい作業手順をまとめた資料を、以下よりダウンロードいただけますので、ぜひ参考にしてみてください。