学生部門

優秀賞(個人製作) 優秀賞(個人製作)

戦い終えて

大浦 綾斗 / 徳島県立阿南光高等学校

  • 作品サイズ : A4、単作品 / 使用プリンター : エプソン「PX-5V」 / 使用用紙 : エプソン「写真用紙クリスピア<高光沢>」

審査員講評

田沼武能

徒競走後の選手の様子を写したものと思われますが、全力を出し切って虚脱感を感じている選手と、その後方で悔しがる選手という対照的な2名が写し込まれている、写真でなくては表現できない優れた作品です。競技場のスタンドから望遠レンズを使って見下ろすように撮ったことで周囲の情報が省かれ、選手の様子や配置が際立って見える点も秀逸で、日向と日陰がクッキリと分かれているさまは、選手の心情ともつながっているようで、この作品の物語性を高めています。

三好和義

ドラマチックなシーンを上からのアングルでとらえている点が斬新だと思います。加えて、トラックの水色や陰の部分なども、選手の悔しい気持ちを表しているようで、直前に行われたであろう競技で生まれたドラマを感じさせ、緊張感のある作品に仕上がっています。作者はまだ17歳とのことなので計算し尽して撮影されたものではなく、友人の記録として撮られたうちの1枚かもしれませんが、いずれにしても、このカットに注目して作品としたところに作者のセンスを感じます。

このページの先頭へ

優秀賞(グループ制作) 優秀賞(グループ制作)

宝石の国

群馬県立富岡実業高等学校 写真部

  • 作品サイズ : A3ノビ、10枚組 / 使用プリンター : エプソン「SC-PX3V」 / 使用用紙 : ピクトリコ「ピクトリコプロ・セミグロスペーパー」

審査員講評

田沼武能

これは、若い感性でしか撮れない写真ですね。無理に上手く撮ろうとするのでなく感覚的に撮られた写真は、まるで現代アートを見ているかのようで“凄み”や“驚き”が感じられます。こうした感性は、学んだり訓練したりして身につくものではなく、生まれ育った環境などが与えてくれるものであり、彼らなりに感動して撮っているもののはずです。これらを正当に評価するのは年長者には難しいかも知れませんが、その新鮮な感性を今後も伸ばしていってほしいと思います。

三好和義

作者の感性の鋭さを感じます。そして、その感性で感じたものを、どのように実現するか試行錯誤した結果が、この作品なのだと思います。それだけに作者の気迫のようなものも感じられますが、それがこの作品の持つ、斬新さや面白さにつながっているようです。撮影後には、ホワイトバランスや色調などを調整して、独自の世界観を作り上げているのだと思いますが、あらためて『宝石の国』という作品タイトルを見返すと納得の行く表現であり、強い創作意欲が感じられます。

このページの先頭へ

審査員賞 審査員賞

いい気持ち

下條 良菜 / 北九州市立沼小学校

  • 作品サイズ : A4、単作品 / 使用プリンター : エプソン「SC-PX5VⅡ」

このページの先頭へ

幸せになります

竹内 よしの / 福井県立丹生高等学校

  • 作品サイズ : A3、単作品 / 使用プリンター : キヤノン「PIXUS PRO-100S」
このページの先頭へ

老狐

高橋 直暉 / 日本大学芸術学部 写真学科

  • 作品サイズ : A4、単作品 / 使用プリンター : キヤノン「PIXUS PRO-100S」

このページの先頭へ

一瞬の夏

小笠原 利香 / 島根県立大田高等学校

  • 作品サイズ : A4、単作品 / 使用プリンター : エプソン「SC-PX5VⅡ」

このページの先頭へ

入選 入選

Love Love Love

愛媛県立今治北高等学校大三島分校
写真部

負けられない

増渕 花梨 / 向上高等学校

海ガエル

植松 大地 / 香川県立多度津高等学校

あそびあそばせ

唐渡 祐汰 / 学校法人穴吹学園 専門学校穴吹デザインカレッジ

置きざりにした悲しみは

西山 洋花 / 東京都立小石川中等教育学校

  • タイトル:Love Love Love作品サイズ : A4、16枚組 / 使用プリンター : エプソン「PX-5V」
  • タイトル:負けられない作品サイズ : A4、単作品 / 使用プリンター :キヤノン「PIXUS TS8030」
  • タイトル:海ガエル作品サイズ : A4、単作品 / 使用プリンター : エプソン「EP-30VA」
  • タイトル:あそびあそばせ作品サイズ : A4、単作品 / 使用プリンター : エプソン「EP-4004」
  • タイトル:置きざりにした悲しみは作品サイズ : A3、10枚組 / 使用プリンター : エプソン「EP-10VA」

このページの先頭へ