年賀状作りの豆知識	年賀状を出す前に・・・・意外と知らない年賀状作りの基本をおさらいしましょう!

年賀状作成には決まりがあります!

今年も年賀状の季節がやってきました。
できるだけ、送った人に喜んでもらえる年賀状を送りたいものです。
年賀状を作成する前に、気を付けたいポイントを確認しましょう。

年賀状の基本

年賀状は、いつまでに届けばいいの?

元旦(1月1日)に届くことが望ましいですが、遅くとも松の内(1月1日~1月7日)には届くようにしましょう。

松の内(1月7日)までに送れない場合はどうすればいいの?

年賀状を出すのが遅れて、相手先に届くのが松の内(1月7日まで)を過ぎてしまうようなら、「寒中見舞い」を出しましょう。?
立春(2月4日ごろ)までに到着するようにします。

宛名の書き方

宛名を書く際、個人宛てなのか、連名や会社宛てなのかで書き方が変わってきます。

夫婦・家族宛てに送る場合

  1. 名前ごとに「様」をつけます。
  2. 家長、妻、子ども(年齢順)に同じ高さで横に並べて書きます。
  3. すべての名前を記載せず、「ご家族様」とすることもできます。

子ども宛てに送る場合

  1. 小さなお子様宛てに送る場合には、保護者の方の名前に並記します。
  2. 漢字を読むのが難しい年齢の場合は、氏名をひらがなで記載します。

学校の先生宛てに送る場合

  1. 役職・肩書きのある相手は、学校名を書き、行を変えて、役職→氏名→様の順に記載します。
  2. 一般の先生の場合は、学校名、クラス名を書き、行を変えて氏名→先生の順に記載します。

会社宛てや、仕事の付き合いのある方に出す場合

  1. 会社宛ての場合は、社名の下に「御中」をつけます。社名は基本的に正式名称を記載しますが、入らない時は株式会社を(株)というように省略します。
  2. 担当部署宛ての場合は、先方の部署名の下に「御中」をつけます。
  3. 役職・肩書きのある相手宛ての場合は、社名、部署名を書き、行を変えて、役職→氏名→様の順に記載します。
  4. 担当者宛ての場合は、社名、部署名を書き、行を変えて氏名→様の順に記載します。

賀状面の作成時のポイント

年賀状の基本構成を知ろう

年賀状は、基本下記の構成でまとめるのが望ましいとされています。

  1. 文頭に「謹賀新年」などの「賀詞」を大きめに書きます。
  2. お世話になったことへのお礼やあいさつなどを簡潔に書きます。
  3. 相手の健康・幸福や繁栄を祈ります。
  4. 今後の指導や変わらぬ親交を願います。
  5. 年号・日付を記載します。西暦でも問題ありません。

「賀正」が失礼にあたる場合も? 出す相手によって正しい賀詞を選ぼう

「謹賀新年」「賀正」などの賀詞を、なんとなく使っていませんか?

実は、出す人との関係性によって利用可能な賀詞が決まっています。
1文字・2文字は目下の人向け、4文字なら目上の人向け、と覚えましょう。
どれを使えばいいか迷ったら、「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」などを選ぶとよいでしょう。

相手が目下・友人など 1文字の賀詞 「寿」「福」「賀」「春」「慶」など
2文字の賀詞 「賀正」「迎春」「賀春」「頌春」「初春」「寿春」など
相手が目上の場合 4文字の賀詞 「謹賀新年」「恭賀新春」「恭賀新年」「敬頌新禧」など
誰にでも使える 4文字または文章の賀詞 「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」
「謹んで初春のお慶びを申し上げます」など
親しい人向け 英文やくだけた表現の賀詞 「Happy New Year」「あけましておめでとう」など

注意したい表現

年賀状は、新年の始まりを祝い、1年の無事と幸福を祈るあいさつ状のため、縁起の悪い表現は避けましょう。

忌み言葉は避け、別の表現を使いましょう。

不吉なことを連想させる言葉を「忌み言葉」と言い、慶事では一般的に使用しません。「失う」「衰える」「倒れる」「滅びる」「別れる」「離れる」といった言葉は利用しないようにしましょう。また、「去年」の「去」には「別れる」「離れる」といった意味があります。「去年」の出来事について記載したい場合は、「昨年」「旧年」などに言い換えるようにしましょう。

同じ意味の言葉が重複しないようにしましょう。

賀詞では「新年あけましておめでとう」という言葉に注意。新年は「年があけた」ことを表しているので、「あけまして」と重複した意味になります。また、年号で「一月一日 元旦」と書くことも重複となります。「元旦」はそれだけで一月一日の朝を表しますので、「○○年 元旦」と書くことが正しい使い方です。

間違えやすいポイント

  • 「元旦」は「一月一日の朝」を表すため、表現が重複しています。
    ○○年 元旦 と記載しましょう。

  • 「新年」と「あけまして」はどちらも「新しい年を迎える」という意味で、内容が重複しています。
    「新年おめでとうございます」または「あけましておめでとうございます」としましょう。

  • どちらも同じことを言っています。
    どちらか一方のみ利用しましょう。

  • 「去年」の「去」は忌み言葉にあたるため「昨年」に言い換え、「昨年はお世話になりました」としましょう。