CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW2019 カメラと写真映像のワールドプレミアショー 2月28日(木)から3月3日(日) 10:00-18:00(初日は12:00から、最終日のみ17:00終了) 会場 パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター) 大さん橋ホール SC-PX5VⅡ、EP-10VA EP-881AW

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2019」に、エプソンブースを出展いたします。
エプソンブースでは、写真高画質プリンターによる作品制作のノウハウから、写真で暮らしを彩る活用方法まで、 生活に彩りを添える「プリント」の楽しみ方を、実際の写真作品や制作物の展示を通じて紹介します。

開催概要


名称 CP+(シーピープラス)2019
会期 2019年2月28日(木)~3月3日(日)
開催時間 10:00~18:00(初日は12:00から、最終日のみ17:00まで)
会場 パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
エプソンブース プリンティングゾーン P-01
主催 一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
入場料 1,500円(税込)(ウェブ事前登録で無料)
障害者手帳を持参の方、小学生以下の方は無料
オフィシャルサイト http://www.cpplus.jp/

エプソンブース概要


気軽に写真を楽しみたい方には、写真を使った贈り物や美しいインテリアとして写真を飾る方法など、普段の生活で簡単に写真が活かせる多彩なアイデアをご紹介します。
また本格的な作品志向の方には、フォトコンテストへの応募や写真展の開催に役立つヒントやノウハウなど、エプソンならではのプリント情報をご提供します。

出展製品

インクジェットプリンター

大判プリンター SureColor SC-P1005PS
プロセレクション SC-PX3V、SC-PX5VII、SC-PX7VII
Colorio V-edition EP-50V、EP-10VA、EP-30VA
カラリオ EP-881Aシリーズ
エコタンク搭載モデル EW-M770T

スキャナー

スキャナー GT-X980、FF-680W

「エプソンフォトグランプリ2018」、「meet up!-selection-」上位入賞作品展示

2017年 エプソンフォトグランプリ 入賞作品

meet up! -selection- 入賞作品

※写真はCP+2018での様子

今年もエプソンのフォトコンテスト「エプソンフォトグランプリ2018」、「meet up!-selection-」のグランプリ、優秀賞の上位入賞作品を展示します。
3月2日(土)12:00より表彰式も 開催しますので、ぜひエプソンブースへご来場ください。

セミナー情報


ステージでは、写真家の中井精也氏、清水哲朗氏、岡嶋和幸氏、佐藤健寿氏、保坂さほ氏の各氏が作品制作のノウハウやプリントに対する考え方、暮らしや趣味で楽しむプリントの活用方法を紹介します。

セミナースケジュール

講師のご案内

岡嶋和幸

写真家 岡嶋和幸

1967年福岡市生まれ。東京写真専門学校卒業。
スタジオアシスタント、写真家助手を経てフリーランスとなる。
写真集「ディングル」のほか著書多数。
主な写真展に「ディングルの光と風」「潮彩」「学校へ行こう!」「九十九里」などがある。

佐藤健寿

写真家 佐藤健寿

武蔵野美術大学卒。フォトグラファー。
世界各地の“奇妙なもの”を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。
写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』(エクスナレッジ)は異例のベストセラーに。
ほか著書に『世界不思議地図』『THE ISLAND – 軍艦島』、『SATELLITE』(朝日新聞出版)、
『世界の廃墟』(飛鳥新社)、『奇界紀行』(角川)、『TRANSIT 佐藤健寿特別編集号』(講談社)など。
NHKラジオ第1「ラジオアドベンチャー奇界遺産」、テレビ朝日「タモリ倶楽部」、
TBS系「クレイジージャーニー」、 NHK「ニッポンのジレンマ」ほかテレビ・ラジオ・雑誌への出演歴多数。
今年5年ぶりの続編となる「奇界遺産3」を刊行予定。
http://kikai.org/

清水哲朗

写真家 清水哲朗

1975年横浜市生まれ。日本写真芸術学校卒業後、写真家・竹内敏信の助手を務め、23歳でフリーランスとして独立。 1997年よりライフワークとしているモンゴルでは独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。個展開催多数。
写真集に『CHANGE』『New Type』、写真絵本に偕成社世界のともだちシリーズ『モンゴル』、フォトエッセーに『うまたび-モンゴルを20年間取材した写真家の記録-』『モンゴリアンチョップ』がある。
主な受賞暦は第1回名取洋之助写真賞、2014日本写真協会賞新人賞、2016さがみはら写真新人奨励賞など。
TBS番組「クレイジージャーニー」でも過酷なモンゴル取材の様子が取り上げられた。
公益社団法人日本写真家協会会員
http://www.tokyokarasu.net

中井精也

写真家 中井精也

1967年、東京生まれ。鉄道の車両だけにこだわらず、鉄道にかかわるすべてのものを被写体として独自の視点で鉄道を撮影し、「1日1鉄!」や「ゆる鉄」など新しい鉄道写真のジャンルを生み出した。2004年春から毎日1枚必ず鉄道写真を撮影するブログ「1日1鉄!」を継続中。広告、雑誌写真の撮影のほか、講演やテレビ出演など幅広く活動している。株式会社フォート・ナカイ代表。2015年、講談社出版文化賞・写真賞、日本写真協会賞新人賞受賞。著書・写真集に「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書」「DREAM TRAIN」(インプレス・ジャパン)、「ゆる鉄」(クレオ)、「都電荒川線フォトさんぽ」(玄光社)などがある。2018年5月、東京都荒川区に鉄道写真ギャラリー&ショップ「ゆる鉄画廊」をオープンした。甘党。
■TVレギュラー「中井精也のてつたび」/NHK BSプレミアム「ヒルナンデス!沿線フォトさんぽ」/日本テレビ「ひるまえほっとてくてく散歩」/NHK総合中井精也の「にっぽん鉄道写真の旅」/BS-TBSカメラと旅する鉄道風景/CS各局
http://www.ichitetsu.com/

保坂さほ

写真家 保坂さほ

東京生まれ。小学校から短大まで東京女学館に在学。
その後、13年間アパレルショップで販売員として勤務。32歳で突然カメラに目覚める。
1年後には映画ポスターや全国誌の表紙を飾り、同時にフリーカメラマンとして独立。書籍として、玄光社「オリンパスペンスタイルブック」、「フォトスタイルアクセサリーブック」、「オリンパスペンLite」、
「Canon EOS7D Photo NAVI」ほか、デザイナーやセミナー講師などマルチに活躍中。

  • 2010年1月 写真スタジオH.studioオープン
  • 2014年1月 株式会社H.office設立
  • 2014年9月 カフェH.spoonオープン
  • 2014年&2015年 日本が誇るフォトグラファー24人に選ばれる
  • 2015年3月 沖縄に事務所開設。同時に台湾での活動開始
  • 2016年4月 アパレルデザイナーとしても活動開始