ドライバー・ソフトウェア基本情報
(ファームウェア)

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

このソフトウェアを使用する前に本使用許諾契約書(以下「この契約書」といいます)を慎重にお読みください。 このソフトウェアをインストール、複製、その他の方法で使用された場合、この契約書上のすべての条件に拘束され従うことに同意したとみなされます。 この契約書に同意できない場合は、このソフトウェアの使用をご遠慮ください。 1.使用許諾  セイコーエプソン株式会社(以下「当社」といいます)はお客様(以下「使用者」といいます)に対し、この契約書に添付されているコンピュータプログラム、データ及び付属印刷物(以下「ソフトウェア」といいます)を当社製品と共に使用する場合のみ下記の使用条件で使用する権利を許諾します。  使用者は「ソフトウェア」が記録されているディスクやその他の記憶媒体を所有することになりますが、「ソフトウェア」に関する著作権その他の権利は当社又は当社のライセンサーが保有しています。  使用者はこの契約書によって許諾されている以外ソフトウェアに関するいかなる権利をも取得することはできません。 2.使用者ができること  この契約書の条件に従って、使用者は「ソフトウェア」を1台のコンピュータにインストールするか、使用者の管理するネットワークに接続された複数のコンピュータにインストールして使用することができます。  使用者が、使用者の管理するネットワークに接続された複数のコンピュータに「ソフトウェア」をインストールして使用する場合、使用者はこのネットワークに接続された複数のコンピュータを使用する第三者に対しても「ソフトウェア」を使用させることができますが、当該第三者がこの契約書の条項を全部読んだ上で同意していることが条件となります。  更に、バックアップ用として、「ソフトウェア」を現状の形式で1部複製することができます。  但し、「ソフトウェア」に記載されている著作権およびその他の財産権の表示と同じ表示を複製物に付けなければなりません。 3.使用者がしてはならないこと  この契約書で許諾されていない方法で「ソフトウェア」を使用したり、その複製物を作ったりすることはできません。  使用者は「ソフトウェア」を逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアその他の方法により「ソフトウェア」のソースコードを追跡するような試みをすることはできません。  使用者は、「ソフトウェア」を、レンタル、リース、貸付、再頒布することはできません。  また、使用者は、「ソフトウェア」を変更したり、「ソフトウェア」の全体又は一部を使用して二次的著作物を作成することはできません。 4.契約の終了  使用者は、「ソフトウェア」及びそれらの複製物すべてを破棄することによりいつでもこの契約を終了することができます。  使用者がこの契約書の条項のいずれかに違反した場合には、当社から通告することなく、直ちにこの契約は解除されます。  使用者はこの契約の終了時には、「ソフトウェア」及びそれらの複製物すべてを破棄しなければなりません。 5.輸出規制  「ソフトウェア」(複製物あるいは翻案物を含みます)には、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)で規制されたソフトウェアが含まれる場合があります。  この場合、ユーザーは経済産業大臣の許可無く本ソフトウェアを規制された国、地域、そして顧客に対し輸出又は提供してはなりません。  また、本ソフトウェアには、米国法に基づく再輸出規制対象品が含まれている場合があります。  この場合、ユーザーは本ソフトウェアを米国政府が輸出を禁止している国へ輸出若しくは再輸出、またはその国からのダウンロードをしてはなりません。  また、ユーザーは米国政府が輸出を禁止している国の国籍をもつ人に本ソフトウェアを提供してはなりません。 6.「ソフトウェア」に関する保証の放棄  使用者は自己の責任において「ソフトウェア」を使用することを認識し、同意するものとします。  「ソフトウェア」は、現状のまま提供され如何なる種類の保証もありません。  当社と当社のライセンサー(なお、以下第6条および第7条では、当社のライセンサーも含めて「当社」と称します)は、明示的あるいは黙示的なすべての保証を放棄します。  ここでいう保証とは、商品化・商業可能性・使用目的についての適切性に関する保証をいいますが、これに限定されるものではありません。  当社は、「ソフトウェア」に含まれた機能が使用者の要求を満足させること、あるいは「ソフトウェア」の操作が停止せずエラーがないこと、「ソフトウェア」の欠陥が当社によって修正されることについても保証しません。  更に、当社は、「ソフトウェア」の使用及び使用結果の正確性、適確性、信頼性を保証したり表明したりすることはありません。  当社から、口頭あるいは文書で情報やアドバイスがあったとしても、それは、新たな保証を提供したり本保証の範囲を広げたりするものではありません。  もし、「ソフトウェア」に欠陥があった場合は、使用者自身がその必要なサービスや補修にかかる費用を負担するものとします。 7.責任の制限  当社は、過失も含めた如何なる場合においても、「ソフトウェア」を使用又は使用不能から生じた偶発的、特別、間接損害の責任を負わないものとします。  これは当社及び当社の代理人がそのような可能性を通知されていた場合にも同様です。  「ソフトウェア」が有償で使用許諾されたときは、如何なる場合においても、当社に責任がある場合の上限の賠償額は、使用者の損害、損失、訴訟費用等いっさいの費用を含めて、使用者が支払った「ソフトウェア」の代金総額を超えないものとします。 8.「ソフトウェア」によっては、使用することでインターネットに接続し、当社製品に関するデータまたはその他情報を使用者のコンピュータと相互に送受信する機能をもっている可能性があります。  送受信されるデータ、情報には当社製品に関する情報、使用者の居住国または地域、当社製品の状態等が含まれます。  当社はそれらのデータ、情報を使用者の承諾なしに使用する場合がありますが、使用者の許諾なしに個人を特定できる情報を入手することはありません。  ただし、個人を特定できない情報については、当社製品を使用されるお客様へのサービス向上のために統計資料として用いることがあります。  使用者が「ソフトウェア」のインストールに同意した場合、インターネットによるいかなる送受信は当社の定める、また過去に定めた個人情報保護方針に基づいて行われます。個人情報保護方針は当社ホームページにおいて公開しております。 9.準拠法及び分離性  この契約書は、日本法を準拠法として、同法によって解釈されるものです。  この契約書の中のある条項が裁判所によって無効と判断された場合でも、残りの条項は効力を有します。 10.契約の完全合意性  この契約書は、「ソフトウェア」の使用について、使用者と当社の間で取り決められた内容のすべてを記載するものであり、本件に関して、今までに取り交わした契約(口頭、文書の両方を含みます)に優先して適用されるものです。  この契約書に関して、改訂、変更がなされないものとします。 11.アメリカ合衆国政府関係者が使用者の場合は以下もお読みください。 Government End Users. If you are acquiring the Software on behalf of any unit or agency of the United States Government, the following provisions apply. The Government agrees: (i) if the Software is supplied to the Department of Defense (DoD), the Software is classified as "Commercial Computer Software" and the Government is acquiring only "restricted rights" in the Software and its documentation as that term is defined in Clause 252.227-7013(c)(1) of the DFARS; and (ii) if the Software is supplied to any unit or agency of the United States Government other than DoD, the Government’s rights in the Software and its documentation will be as defined in Clause 52.227-19(c)(2) of the FAR or, in the case of NASA, in Clause 18-52.227-86(d) of the NASA Supplement to the FAR. EPSON EULAJ JA 5/1/2008

ダウンロードする

ソフトウェア本体
ファイル名:FWH212TL_UG14NC.exe
44,529,392バイト

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別

ファームウェア

ソフトウェア名称

ファームウェア

ソフトウェアID

40010

Ver/Rev

UG14NC

公開日

2024年2月1日

対応OS

Windows 11 / Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / Windows Server 2019 / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2008(64ビット環境用) / Windows Server 2008 R2(64ビット環境用) / Windows Server 2003 / Windows Server 2003 x64 Edition

製品型番

LP-S7180 / LP-S7180Z

作成方法

自己解凍

著作権者

セイコーエプソン株式会社

転載条件

他のメディアへの一切の転載を禁止します。

注意・制限事項
ファームウェアのアップデートはお客様の自己責任で行っていただきます。 アップデートは必ずファームウェアの更新方法に従い作業を行ってください。 正しい手順に従いアップデートを行った場合、アップデートに失敗することはありませんが、 何らかの要因(ファームウェアアップデート中に電源が落ちるなど)でアップデートに失敗 した場合、修理は有償となりますのでご注意下さい。 ※ PC上でファームウェアアップデートの画面表示中は、対象プリンターの電源を   OFF にしないようご注意下さい。
変更点
[課題修正] ・Epson Device Adminにおける印刷面数カウント値の信頼性向上 [仕様変更] ・修理時のメンテナンス機能を改善(ご使用の際の各種機能に変更はありません)
使用条件

対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【インストール方法】
  アップデートの方法につきましては、・FAQ番号「30906」をご参照下さい。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
UG14NC 2024年2月1日 [課題修正] ・Epson Device Adminにおける印刷面数カウント値の信頼性向上 [仕様変更] ・修理時のメンテナンス機能を改善(ご使用の際の各種機能に変更はありません)
UG15N9 2023年9月27日 [課題修正] ・有線LAN接続の通信が止まることで印刷が停止してしまうなどの課題を修正
UG09N8 2023年9月8日 [課題修正] ・修理時のメンテナンス機能を改善  (ご使用の際の各種機能に変更はありません)
UG11MB 2022年12月15日 [課題修正] ・USB接続した製品のファームウェアをアップデートしようとした際、プリンターが見つからない場合がある不具合を修正。
UG30M9 2022年10月20日 [課題修正] ・用紙サイズが異なる連続印刷で、用紙サイズミスマッチエラーを起こしているとフリーズする不具合を修正
UG14M7 2022年9月12日 [課題修正] ・iPrintで用紙カセット3~5が表示されない場合がある不具合を修正 ・トナーニアエンド状態で、プリンター側にある複数ジョブの一部をキャンセルした際にフリーズしないよう修正
UG24M2 2022年3月14日 [課題修正] ・感光体交換直後にカバーを開けると感光体交換回数が2カウントアップされる件を修正。 ・Wi-Fi使用時で省電力モードにあるときデータを受信した際にシステムエラー301505が発生する場合がある点を修正。 ・指定のSSIDがスキャン制限時間内に見つからなかった場合に再接続処理を行うように修正。 ・SNMPトラップの値を正しいものに修正。
UG18LA 2021年11月4日 ・トナー検知タイミング変更しました。
UG15L6 2021年8月3日 【課題修正】 2種類以上のユーザー定義サイズが連続して混在するジョブを印刷する際に、印刷設定が切り替わらない問題を修正しました。 プリンターエラー発生時のSNMPトラップの値が正しくない問題を修正しました。
UG18L5 2021年6月28日 【課題修正】 B5サイズの印刷時、エラーとなる場合がある点を修正しました。 用紙サイズの異なるデータを両面連続印刷した時、動作が停止する問題を修正しました。 トナーカートリッジの印刷可能枚数の表示間違いを修正しました。
UG04KC 2021年2月8日 【機能追加】  蓄積されている複数ジョブをパネルのジョブモニターから一括で削除できる機能を追加 【課題修正】  大量の両面印刷時E910エラーが発生する  WebConfigで設定ファイルをインポートしても、IPsecの設定が反映されない  標準IFの有線接続にて、IPv6ステートフルアドレス取得まで時間がかかる  カラートナーエンドの状態で、プリンター調整機能からカラーレジ補正を実行するとハングアップする  カバーオープンして紙詰まりを除去した後にパネルのエラー表示が不正になる  一本でもトナーを外すと、すべてのトナーの情報が不明になる  用紙種類ミスマッチエラーと用紙サイズミスマッチエラー発生時にエラー音が鳴らない  両面の部単位印刷でメモリー不足エラーとなる  PS環境でA4原稿が90度回転して印刷される  以上の問題点を修正
UG05KA 2020年12月26日 ・初回制定