ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(ファームウェア)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 FWH255TL_QS10M5.exe 52,122,008バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 35716
Ver/Rev QS10M5
公開日 2022年5月26日
対応OS Windows 11 / Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows Server 2019 / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2008(64ビット環境用) / Windows Server 2008 R2(64ビット環境用) / Windows Server 2003 / Windows Server 2003 x64 Edition
製品型番 PX-S7090X
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
【ソフト紹介】
  最新のファームウェアにアップデートすることができます。


【ファームウェアのアップデート方法】
  XP の場合は、exeファイルをダブルクリックで実行。
  実行後は画面の指示に従ってください。

  Vista/7/8の場合は、
  1.管理者権限でログインします。
  2.exeファイルを右クリックし「管理者として実行」をクリック
  3.「ユーザーアカウント制御」画面で「許可」をクリックし実行。
    実行後は画面の指示に従ってください。


(注意点)
Epson Download Navigator及びドライバー自動更新、
ソフトウエアアップデートなどを経由して、プリンターの
ファームウェアをアップデートされている場合、
本ダウンロードサイトに掲載のファームウェアよりも、
新しいバージョンがインストールされる事があります。

このようなケースで、本ダウンロードサイトに掲載の
ファームウェアをプリンターにインストールしようとしても、
ファームウェアをアップデートする必要がないため、
エラーになります。予めご了承ください。
変更点
・UniversalPrint:PIN(暗証番号)印刷に対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
QS10M5 2022年5月26日
・UniversalPrint:PIN(暗証番号)印刷に対応しました。
QS07M3 2022年4月12日
・プリンターが省電力状態の時、無線LAN経由の印刷ができない場合がある件を修正しました。
QS28M1 2022年4月11日
・有線LAN用半導体変更に伴う仕様変更
QS14LC 2022年2月3日
・有線LAN用半導体変更に伴う仕様変更
QS16L9 2021年10月8日
・指定したSSIDに再接続する際、SSIDが一定時間内に見つからなかった場合、接続できない件を修正しました。
・UniversalPrint:印刷できなくなる場合がある件を修正しました。
 ※ファームウェア更新後、PCに登録したプリンターの再登録を実施してください。
QS20L8 2021年9月16日
・強力クリーニングの動作を適正化しました。
・6000ページ以上の原稿を印刷すると、印刷部数が1部でも「部数メモリ不足」エラーが発生する件を修正しました。※ハードディスク(オプション)装着時のみ
・Epson Print Admin Serverless:ジョブ蓄積数が304件を超えるとハングアップしてしまう件を修正しました。
・OpenPlatform:ジョブ蓄積数が150件を超えると再起動してしまう件を修正しました。
・紙ジャムにも関わらず、サービスコールエラーが発生してしまう場合がある件を修正しました。
QS30L6 2021年7月28日
・無線LAN接続時の制御シーケンスを変更しました。
・Universal Print:ユーザー認証情報の再取得が発生するとシステムエラーが発生する件を修正しました。
・ジョブを一括削除中にパスワード印刷を実行すると通常印刷として処理される場合がある件を修正しました。
・Epson Print Admin Serverless:「印刷後削除」に設定しても印刷後にジョブが削除されない件を修正しました。
・無線LAN接続でPC印刷を実施した際、プリンターが省電力状態から復帰せず印刷できない場合がある件を修正しました。
・PostScriptプリンタードライバーで、1回の印刷指示内にユーザー定義サイズが切り替わる印刷を行うと、給紙口が切り替らない件を修正しました。
QS11L5 2021年6月15日
・モノクロのPCL印刷時にハングアップや、画像不良が発生する場合がある件を修正しました。
・増設ネットワークインターフェイスボード装着時、ファームウェアバージョン不一致エラーが発生すると、ステータスシートが出力されてしまう件を修正しました。
QS12L4 2021年5月11日
・Universal Print:Proxy経由で印刷ができない件を修正しました。
QS12L3 2021年3月31日
・Universal Print (from Microsoft)に対応しました。
・ユニバーサルプリンタードライバーから「プリンターの情報取得」を複数回行うと、プリンターが再起動する課題に対応しました。
QS04L2 2021年3月8日
・「Epson Print Admin Serverless」サーバーレス認証に対応
 しました。*
 
 Epson Print Admin Serverlessの主な追加機能
 -印刷機能
   認証印刷
   認証なしによる直接印刷
 -認証機能
   ユーザー毎の機能制限
   LDAPサーバー認証のキャッシュ有効・無効選択
 -利用履歴
   PC名、ログオン名の記録を選択
   部門情報の記録(ジョブの蓄積時のみ)

*ご利用には、オプションハードデスクおよび
 WindowsプリンタードライバーVer.3.02以降への更新が必要です。
QS18L1 2021年2月9日
・WebConfigで設定ファイルをインポートしても、IPsecの設定が反映されない件を修正しました。
・両面印刷時、特定の用紙サイズで裏面の印刷位置が左寄りになる場合がある件を修正しました。
QS26KB 2020年12月8日
・特定の用紙サイズで用紙カセット3(C3)、用紙カセット4(C4)
 から連続印刷した場合、紙ジャムエラーが発生する場合がある件を
 修正しました。
QS14KA 2020年11月5日
・PostScript、PCL印刷の細線補正機能をオン/オフできるように変更しました。
QS20K7 2020年8月18日
・ファームウェアアップデートで増設カセットとの通信エラー発生
 した場合、増設カセットのアップデートを中止しリカバリーモード
 ではなく通常モードで起動するように変更しました。
QS25K5 2020年7月7日
・Web Configにて管理者ログイン時、ユーザー名/パスワードを入力後、Enterキーを押下することでログインできるように変更しました。
・特定の印刷条件で発生する紙詰りを防止するため、紙送りのシーケンス制御を変更しました。
QS24K4 2020年5月26日
・特定の印刷設定で紙ジャムエラーや用紙サイズエラーが
 発生する件を修正しました。
QS22K4 2020年5月25日
・AirPrint印刷において、デバイス側のメモリーフルエラー
 などで印刷データ送信が停止した場合、速やかにエラー表示
 をするように修正しました。
・AirPrintでパスワード印刷を行った際、キャンセルの状況
 によっては、ジョブを削除できなくなる場合がある件を
 修正しました。
QS16K3 2020年4月21日
・ステータスシートの一部表記を修正しました。
QS12K3 2020年4月20日
・WebConfigに関する軽微な不具合を修正しました。
QS05K3 2020年3月12日
・特定の印刷画像を増設カセットから連続印刷した場合、
 白紙排出や紙ジャムエラーが発生する場合がある件を
 修正しました。
QS19K2 2020年3月3日
・フラップ付き封筒で発生するバンディングを改善しました。
・印刷指示と実際の用紙サイズが異なる場合でも、プリンター
 内部のインク空打ちによる汚れを防止する変更を行いました。
・用紙長センサーの誤動作によりサイズミスマッチエラーが
 発生した場合、印刷ジョブ毎に同じ警告が表示される件を
 修正しました。
・給紙装置設定で、A4/Letter自動切替がオン、用紙サイズが
 一致しない状態で連続印刷を行うと、2枚目以降の印字開始
 がズレて、紙詰りが発生する件を修正しました。
・特定のPCとUSB2.0接続をすると、PCがハングアップする場合
 がある件を修正しました。
・インクの初期充填動作に失敗した場合に、回復させる制御を
 追加しました。
QS24K1 2020年1月28日
・新規制定

  • 1つ前に戻る