ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(ファームウェア)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 FWH183TL_LG08M4.dmg 33,257,476バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 35611
Ver/Rev LG08M4
公開日 2022年4月25日
対応OS macOS Monterey(Mac OS 12.x) / macOS Big Sur(Mac OS 11.x) / macOS Catalina(Mac OS 10.15) / macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel)
製品型番 PX-M270FT
作成方法 ダウンロードファイルをダブルクリックするとMac OS X 標準ツールによりディスクイメージが作成されます
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
~ MountainLion ご利用のお客様へ ~
・ダウンロードしたドライバー、ソフトウェアがインストールできない場合は、
 ・こちらをご確認ください

(注意点)
Epson Download Navigator及びドライバー自動更新、
ソフトウエアアップデートなどを経由して、プリンターの
ファームウェアをアップデートされている場合、
本ダウンロードサイトに掲載のファームウェアよりも、
新しいバージョンがインストールされる事があります。

このようなケースで、本ダウンロードサイトに掲載の
ファームウェアをプリンターにインストールしようとしても、
ファームウェアをアップデートする必要がないため、
エラーになります。予めご了承ください。
変更点
・信頼性を向上しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  最新のファームウェアにアップデートすることができます。


ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
LG08M4 2022年4月25日
・信頼性を向上しました。
LG18KC 2021年1月18日
下記の課題に対応しました。
・省電力中にネットワークリブートを発生させると復帰しない症状に対応しました。
・Sleep移行後に、palladiumでプリンターを探索してもプリンターが見つからない症状に対応しました。
LG31K7 2020年8月31日
下記の課題に対応しました。
 ・ファクス文書データの削除に失敗し、データの一部が残った状態で電源を入れ直すとハングアップが発生する場合がある。
LG06K3 2020年4月23日
下記の課題について対応しました。
・キッティング時、初期充填前にNW設定をしても次回起動時に反映されない。
・Wi-Fiで、PMF(Protected Management Frames)を有効(必須)としているアクセスポイントへ接続しようとすると、”無線LAN設定中”のままフリーズする場合がある。
・Wi-Fi ダイレクト接続でSSIDが32文字のときに同じ名前のSSIDがあってもワーニングメッセージが表示されない。
・Wi-Fi ダイレクト接続で起動した場合、出荷時設定に初期化できない場合がある。
・Wi-Fiで、WPA-PSK/WPA2-PSK接続のとき、SSIDとセキュリティー強度が同じアクセスポイントが11台以上存在すると、プリンターが起動時にハングアップする。
・スキャン終了後にシステムエラー(308100)が発生する場合がある。
・スキャナーエラーが発生している状態でステータスシート(サービス用)を印刷すると印字結果が正しくない。
・コピー設定で”パンチ穴消し”で”左端”を指定するとステータスシートに”DAMMY""が印刷される。
LG17K1 2020年2月27日
1.管理者パスワードを設定しないまま、WebConfigを用いた場合、パスワード設定画面が表示されるようにしました。
2.ファームウェアのアップデート処理中に想定外のネットワークアクセスを検知したときにはアップデート処理を開始しないようにしました。
3.WebConfigのAirPrint設定ページでのバッファー・オーバーフローの脆弱性に対応しました。
4.WebConfigの表示言語設定用ページのURLに”%”を直接送るとハングアップする課題に対応しました。
5.SNMPv2の増幅攻撃による脆弱性に対応しました。
6.DoS攻撃に係わる脆弱性に対応しました。
LG19J4 2019年9月30日
・mac OS10.15に対応しました。
・プリンターの時刻管理により予期しない動作を行う場合がある点に対応しました。

********************************
【過去FW履歴】
LG28I9:
・新規制定

LG04J3:
1.プリンター内部の給紙ローラーが空転で摩耗し、用紙の搬送に影響を及ぼす場合がある点に対応しました。
2.普通紙を標準品質で印刷する際の印刷速度を向上しました。
3.Wi-Fi Direct(SimpleAP)接続時、プリンター液晶画面に表示されるQRコードを、スクロール操作なしで表示するよう変更しました。
********************************
LG19J7 2019年9月2日
・信頼性の向上
  • 1つ前に戻る