ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(プリンタードライバー)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 TMC3500_32bit_v2601.exe 43,231,568バイト 使用許諾に同意してダウンロード
オプションファイル
内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
「メディアカタログ」掲載用紙登録ファイル TM-C3500MediaDefinition.zip 1,311,499バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 プリンタードライバー
ソフトウェア名称 プリンタードライバー
ソフトウェアID 34079
Ver/Rev 2.6.0.1
公開日 2021年8月5日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Server 2008(32ビット環境用)
製品型番 TM-C3500
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
ソフト紹介 プリンターを使用する際に必要なソフトウェアです
注意・制限事項
【注意事項】
・別のバージョンが既にインストールされている場合は、インストールされているドライバーをアンインストールしてからインストールを行ってください
・バージョンが異なるドライバーで保存された設定ファイル(BSFファイル)は、本ドライバーで読み込むことはできません
・別のバージョンのドライバーと混在してインストールすると、Printer Setting、インク情報の表示などの機能が動作しない場合があります
・本ドライバーは、プリンターのファームウェアがWAD31000およびWAM31000以降の製品用です。ファームウェアが古い製品との組み合わせで使用しないでください
・旧ファームウェアの製品をお持ちの場合、プリンターのファームウェアをアップグレードしてからご使用ください
・電源ON状態のプリンターを接続したままOSをアップデートするとユーザー設定が消えることがあります。OSアップグレード後にはドライバーの再インストールを推奨します。
・Microsoftサポート終了OSはインストールができなくなった時点でドライバーのサポートOSから除外します。

【参考】
・プリンターファームウェアの確認方法
 (1)Feedボタンを押しながらプリンターの電源を入れます
 (2)印刷が開始されたらFeedボタンを離します
 (3)印刷結果にファームウェアバージョンが印刷されますのでご確認ください
変更点
【不具合修正】
・特定の条件下で細線が印刷されない不具合を修正
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【プリンターのファームウェアについて】
・本プリンタードライバーは、WAD31000およびWAM31000以降のファームウェアを搭載した製品用のプリンタードライバーです。
・本ドライバーと旧ファームウェアを搭載した製品(以下、旧製品)との組み合わせでは一部正常に動作しない場合がありますので、旧製品との組み合わせでは使用しないでください
・旧製品との組み合わせで使用される場合は、予めプリンターのファームウェアを本ドライバーに対応したバージョンに更新してご使用ください
・旧製品をそのままご使用される場合は、旧製品用のプリンタードライバーをご使用ください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
2.6.0.1 2021年8月5日
【不具合修正】
・特定の条件下で細線が印刷されない不具合を修正
2.6.0.0 2021年4月26日
【サポートOS終了】
・windows XP
・windows Server2003 R2
・windows Server2003

【不具合修正】
・脆弱性対応
2.5.0.0 2020年6月11日
【不具合対応】
・特定サイズのフォントを含むラベルが印刷されない現象を修正しました。
2.3.0.0 2017年12月29日
【不具合対応】
・用紙形態で「ダイカットラベル(ギャップ基準)」または「ダイカットラベル(ブラックマーク基準)」または「連続紙(ブラックマーク基準)」を選択している状態で、用紙節約が「下節約」または「上下節約」に設定されてしまう場合がある不具合を修正しました。
2.2.0.0 2017年11月10日
【不具合対応】
・ドライバーの機能を用いて書き出した用紙情報ファイル(XMLファイル)が、ドライバーで読み込めない場合がある不具合を修正しました。
・用紙情報ファイル(XMLファイル)の読み込み時に、ファイルの記載内容をドライバーへ正しく反映できない不具合を修正しました。
2.1.0.0 2017年8月10日
【不具合対応】
・「\\」「\x」「9292」の3パターンの文字列のいずれかを含むバーコードや 2 次元シンボルを正しく印刷できない不具合を修正しました。
2.0.0.0 2017年7月28日
【機能変更】
・ドライバー名をTM-C3500 Ver2に変更しました
・フチなし印刷のデフォルト設定をオンに変更しました
・印刷設定画面と用紙レイアウト作成画面を変更しました
・用紙定義の書き出し/読み込み機能を追加しました
・PrinterSettingユーティリティに用紙カバークローズ時の動作に”用紙頭出し動作なし”の設定を追加しました
・印刷品質に”バンディング低減”設定を追加しました
  • 1つ前に戻る