ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(ファームウェア)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 FWH211TL_UP15L6.exe 55,417,168バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 34061
Ver/Rev UP15L6
公開日 2021年8月3日
対応OS Windows 11 / Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / Windows Server 2019 / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2008(64ビット環境用) / Windows Server 2008 R2(64ビット環境用) / Windows Server 2003 / Windows Server 2003 x64 Edition
製品型番 LP-S8180 / LP-S8180PS
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
ファームウェアのアップデートはお客様の自己責任で行っていただきます。
アップデートは必ずファームウェアの更新方法に従い作業を行ってください。
正しい手順に従いアップデートを行った場合、アップデートに失敗することはありませんが、
何らかの要因(ファームウェアアップデート中に電源が落ちるなど)でアップデートに失敗
した場合、修理は有償となりますのでご注意下さい。

※ PC上でファームウェアアップデートの画面表示中は、対象プリンターの電源を
  OFF にしないようご注意下さい。
変更点
【課題修正】
2種類以上のユーザー定義サイズが連続して混在するジョブを印刷する際に、印刷設定が切り替わらない問題を修正しました。
プリンターエラー発生時のSNMPトラップの値が正しくない問題を修正しました。
一部のPS環境でA3サイズの印刷方向が指定できない問題を修正しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【インストール方法】
  アップデートの方法につきましては、・FAQ番号「032183」をご参照下さい。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
UP15L6 2021年8月3日
【課題修正】
2種類以上のユーザー定義サイズが連続して混在するジョブを印刷する際に、印刷設定が切り替わらない問題を修正しました。
プリンターエラー発生時のSNMPトラップの値が正しくない問題を修正しました。
一部のPS環境でA3サイズの印刷方向が指定できない問題を修正しました。
UP18L5 2021年6月28日
【課題修正】
B5サイズの印刷時、エラーとなる場合がある点を修正しました。
用紙サイズの異なるデータを両面連続印刷した時、動作が停止する問題を修正しました。
トナーカートリッジの印刷可能枚数の表示間違いを修正しました。
PS基板未装着でも情報シートにPS情報欄がある問題を修正しました。
増設ネットワークIFのバージョン不一致時に「設定>情報確認/印刷>ネットワーク>増設」の選択で、「ステータスシート印刷」を選択、実行できるが何も印刷されない問題を修正しました。
増設ネットワークIFのファームウェアが更新できない問題を修正しました。
本体で印刷データ受信中に増設側の有線LANケーブルを抜き挿しすると中止処理が完了しない問題を修正しました。
UP04KC 2021年2月8日
【機能追加】
 蓄積されている複数ジョブをパネルのジョブモニターから一括で削除できる機能を追加
【課題修正】
 大量の両面印刷時E910エラーが発生する
 WebConfigで設定ファイルをインポートしても、IPsecの設定が反映されない
 標準IFの有線接続にて、IPv6ステートフルアドレス取得まで時間がかかる
 カラートナーエンドの状態で、プリンター調整機能からカラーレジ補正を実行するとハングアップする
 カバーオープンして紙詰まりを除去した後にパネルのエラー表示が不正になる
 一本でもトナーを外すと、すべてのトナーの情報が不明になる
 用紙種類ミスマッチエラーと用紙サイズミスマッチエラー発生時にエラー音が鳴らない
 両面の部単位印刷でメモリー不足エラーとなる
 PS環境でA4原稿が90度回転して印刷される
 以上の問題点を修正
UP05KA 2020年12月26日
・初回制定
  • 1つ前に戻る