ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(ファームウェア)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 FW4874TL_MS09L4.dmg 67,370,972バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 33596
Ver/Rev MS09L4
公開日 2021年4月27日
対応OS macOS Monterey(Mac OS 12.x) / macOS Big Sur(Mac OS 11.x) / macOS Catalina(Mac OS 10.15) / macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12)
製品型番 SC-F3050
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
変更点
・テーブル動作中に異物衝突エラーを稀に誤検出してしまう不具合の対応
・プラテンギャップを手動で設定時、推奨値検出を行うと、動作終了後にメディア位置エラーが発生する不具合の修正
・淡色Tシャツの2層印刷時、1層目の印字完了直後にジョブキャンセルを行うと、テーブルが手前に排出されない不具合の修正
・大容量インク供給ユニット内のモーターでフェータルエラーが発生しても、パネル上にエラーコードが発報されない不具合の修正
・省電力復帰時、フェータルエラーがまれに発生する不具合の修正
・サムネイルを含む画像を繰り返し複層印刷するとハングアップする不具合の修正
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  最新のファームウェアにアップデートすることができます。

【注意事項】
 MS05K8(MP3.0)以前のバージョンにて、SC-F3050でLFPアカウンティングツールを使用していた場合は、
 ファームウェアアップデート後、LFPアカウンティングツールをアンインストールし、再インストールを実施してください。
 アンインストール手順中、「データベースファイルを削除するとLFPアカウティングツールが保存したジョブ情報が失われます。
 ファイルを削除してもよろしいでしょうか?」という案内が表示されましたら、「はい」を選択して履歴を消去してください。
 履歴を削除しない場合、アップデート後もLFPアカウティングツールの表示不具合が解消されない場合が
 あります。なお、それまでの消費量情報はすべて削除されます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
MS09L4 2021年4月27日
・テーブル動作中に異物衝突エラーを稀に誤検出してしまう不具合の対応
・プラテンギャップを手動で設定時、推奨値検出を行うと、動作終了後にメディア位置エラーが発生する不具合の修正
・淡色Tシャツの2層印刷時、1層目の印字完了直後にジョブキャンセルを行うと、テーブルが手前に排出されない不具合の修正
・大容量インク供給ユニット内のモーターでフェータルエラーが発生しても、パネル上にエラーコードが発報されない不具合の修正
・省電力復帰時、フェータルエラーがまれに発生する不具合の修正
・サムネイルを含む画像を繰り返し複層印刷するとハングアップする不具合の修正
MS18L2 2021年4月5日
・異物衝突エラー解除中に再度異物衝突エラーが発生すると、プリンターを再起動しない限りエラーの解除が出来なくなる問題の修正
・ヘッド交換時、電源OFFして交換を促す画面表示中にインクカートリッジロックレバーの開閉およびインクカートリッジ抜き差しを行うと、交換作業が継続出来なくなる問題の修正
・プラテンギャップを手動に設定後、スタートボタン点灯後に設定値以外のトレイ段数へ変更して印刷した際に、トレイ段数案内エラーを表示するよう変更
・電源ONのまま待機状態で放置すると、ヘッド通信エラー(1A47)が発生する問題の追加修正
・大容量インクサーバーでフェータルエラー発生したとき、不明なエラーコードがパネルに表示される問題の修正
MS12KC 2021年1月22日
・インクカートリッジ脱着後の復帰動作中、フリーズしているように見える不具合を修正
・カラーインクモード実行途中の電源OFF後、ホワイトインクカートリッジが装着されていることに対して間違ったメッセージが表示される不具合を修正
・パネルからのBi-d調整パターンを印刷すると機内照明が一瞬光る不具合を修正
・ジョブキャンセル時の不正なメッセージ表示を修正
・印刷前クリーニング時とノズル抜け許容数到達メンテナンス時に、選択画面からおまかせクリーニングを選択した後に、再度クリーニングをする必要が無いのに選択画面に戻る不具合を修正
・自己診断モードの際にインクシステムのレバーが外れた時、エラーが発生しないように仕様を変更
・ヘッド間Y調整の精度向上のため、ヘッド間Y調整で使用するパターンの印刷方法変更
・ファームアップデートに失敗することがある不具合を修正
・温湿度センサのノイズ対策
・ヘッド交換直後の印刷において、交換前のヘッド情報で印刷される点を修正 
・ファームアップデートが失敗する場合がある点を修正
・Webconfigで設定ファイルをインポートして再起動するとIPsecの設定値が反映されない不具合を修正
・印刷中、緊急停止ボタンを押した後に電源を入れるとCRロックエラー(113F)が発生する場合がある点を修正
・ノズルチェックパターン印刷前に自動クリーニングを実施しない場合がある点を修正
・初期充填前に一部フェータルエラーが発生した場合に、フェータルエラーを表示せず初期充填画面のままハングアップするように見える内容を修正
・電源ONのまま、待機状態で放置するとヘッド通信エラー(1A47)が発生する問題を修正
・大容量インクサーバーユニットが完全にスリープモードに入らない場合がある点を修正
・省電力復帰時にCRモーター駆動時間超過エラー(00113D)が発生する場合がある点を修正
・カラーモード切り替え中に省電力移行すると、省電力復帰後に正しいインクパックをセットしても切り替えが進められない問題を修正
・プリントヘッド交換作業中の調整印刷時に布ワイパーエンドが発生すると、布ワイパー交換が出来ない問題を修正
・カラーモード切り替え中に強制電源OFFまたはAC電源を遮断すると、再起動後の洗浄が正しく動作しない問題の修正
・印刷せずにテーブルが前後する動作を繰り返す場合がある内容の修正
・プリントヘッド交換時、「電源OFFしてください」のタイミングでメンテナンスカバーを開閉すると、プリントヘッドがキャッピングされてしまい、作業継続できなくなる場合がある内容の修正
MS15K9 2020年10月8日
節電移行時の不具合を修正しました。
MS03K9 2020年9月8日
・Bi-D調整パターン印刷時の内部処理を一部見直ししました。
・LFPアカウンティングツール上の「累積インク使用量」と
 「総インク量」について、正しい値を表示するように修正しました。
MS05K8 2020年8月20日
・ヘッド周辺清掃時に表示する操作パネル上のガイダンスを
  修正しました。
・ヘッド周辺清掃のガイダンス表示について、手順の途中
  からでもガイダンスを見られるように変更しました。
・センサーカバー清掃のガイダンス表示を追加しました。
  • 1つ前に戻る