ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(プリンタードライバー)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 SC-P20000Series_1091J_41.dmg 121,672,165バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 プリンタードライバー
ソフトウェア名称 プリンタードライバー
ソフトウェアID 33032
Ver/Rev Ver.10.91
公開日 2021年1月28日
対応OS macOS Monterey(Mac OS 12.x) / macOS Big Sur(Mac OS 11.x) / macOS Catalina(Mac OS 10.15) / macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel)
製品型番 SC-P10050 / SC-P1005PS / SC-P20050X / SC-P2005PS
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
・本ドライバーを使用する場合は、最新のファームウェア及び
 LFPリモートパネル2にバージョンアップしてください。
 ソフトウェアが正しく機能しない場合があります。

・現在、Apple M1チップを搭載したMac製品をお使いの場合、
 エラーメッセージが表示されて印刷ができません。(USB接続時)
 本Mac製品を使用して印刷する場合は、PCとプリンター本体を
 LAN接続して印刷を行って頂きますようお願い致します。
変更点
・macOS Big SurでEpson Color Calibration Utilityを
 使用した際、USB接続されているプリンターと通信ができなくなる点を
 修正しました。
・プリンターが省エネモードの際、Macからネットワーク経由で
 印刷したときに自動復帰せず、印刷が始まらない場合がある点を
 修正しました
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  本ドライバーは、SC-P20050/P10050 MacOS X 用プリンタードライバーです。
 
 
【注意点】
・プリンターに電飾用フィルムを装着する際は、パネルにて以下用紙種類を選択してください。
  フォトブラック使用時: 光沢フィルム2 
  マットブラック使用時: PX/MCプレミアムマット紙

 ※上記以外の用紙種類が選択されていた場合でも、ドライバー設定値に従い
  問題なく印刷されます。(用紙種類エラーが表示されることはありません。)

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
Ver.10.91 2021年1月28日
・macOS Big SurでEpson Color Calibration Utilityを
 使用した際、USB接続されているプリンターと通信ができなくなる点を
 修正しました。
・プリンターが省エネモードの際、Macからネットワーク経由で
 印刷したときに自動復帰せず、印刷が始まらない場合がある点を
 修正しました
Ver.10.85 2020年11月12日
・macOS Big surに対応しました。
Ver.10.33 2019年10月31日
・MacOS Catalinaに対応しました。
Ver.10.18 2018年10月9日
・対応用紙種類に電飾用フィルム<表打ち>を追加しました。
・同一機種が複数接続されている場合に、通信不具合が発生
 する場合がある点を修正しました。
Ver.9.89 2017年8月24日
・[印刷設定]>[ページ設定]>[ロール紙-長尺] を選択し、
 自動カット:ONで、複数部数印刷を行った場合、
 1部ずつカットされるように変更しました。
Ver.9.86 2017年1月17日
・超高精細(2400x1200dpi)で印刷した際に、印刷物先端の
 余白量が不適切となる場合がある点を修正しました
・複数部数を指定して印刷を行った際、指定した枚数よりも
 多く印刷されてしまう場合がある点を修正しました。 
 (Adobe PostScript3拡張ユニットもしくはハードディ
  スクユニット装着時にのみ発生)
・Mac OS 10.11以降のパソコンから印刷を行った際、
 印刷にムラが生じる場合がある点を修正しました。
Ver.9.83 2016年12月7日
・印刷設定内に用紙先端や端部にムラや擦れが発生した際、
 印刷画質を向上させる[先端画質向上]と[四辺画質向上]機能を
 追加しました。
Ver.9.78 2016年6月21日
<主な変更点>
 ・[用紙調整]で、[吸引力]を -4~+3 までの範囲で選択できる
    ように変更しました。
  ・[用紙調整]で、[拡張設定]ボタンが選択できるように変更
    しました。
  ([プラテンギャップ], [ロール紙余白], [ページ間余白],
     [排紙ローラーを使用] が選択可能)
  ・[用紙種類]で、バライタを選択できるように変更しました。
  • 1つ前に戻る