ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(ファームウェア)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 FWG242TL_CS04KC.dmg 34,068,870バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 32931
Ver/Rev CS04KC
公開日 2021年1月18日
対応OS macOS Big Sur(Mac OS 11.x) / macOS Catalina(Mac OS 10.15) / macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel)
製品型番 PX-S884
作成方法 ダウンロードファイルをダブルクリックするとMac OS X 標準ツールによりディスクイメージが作成されます
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
~ MountainLion ご利用のお客様へ ~
・ダウンロードしたドライバー、ソフトウェアがインストールできない場合は、
 ・こちらをご確認ください

(注意点)
Epson Download Navigator及びドライバー自動更新、
ソフトウエアアップデートなどを経由して、プリンターの
ファームウェアをアップデートされている場合、
本ダウンロードサイトに掲載のファームウェアよりも、
新しいバージョンがインストールされる事があります。

このようなケースで、本ダウンロードサイトに掲載の
ファームウェアをプリンターにインストールしようとしても、
ファームウェアをアップデートする必要がないため、
エラーになります。予めご了承ください。
変更点
・WebConfigで設定ファイルをインポートしても、IPsecの設定が反映されない課題に対応いたしました。
・「プリントヘッドのクリーニング」実行時、ノズル抜けの状態により最適なクリーニングを実行する様に変更いたしました。
・フラップ付き封筒で発生するバンディングを改善しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  最新のファームウェアにアップデートすることができます。


ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
CS04KC 2021年1月18日
・WebConfigで設定ファイルをインポートしても、IPsecの設定が反映されない課題に対応いたしました。
・「プリントヘッドのクリーニング」実行時、ノズル抜けの状態により最適なクリーニングを実行する様に変更いたしました。
・フラップ付き封筒で発生するバンディングを改善しました。
CS31K7 2020年9月3日
<不具合修正>
・ファームウェアアップデートで増設カセットとの通信エラー発生した場合、増設カセットのアップデートを中止しリカバリーモードではなく通常モードで起動するように変更しました。
CS14K2 2020年6月24日
・専用紙への印刷時に、画像の一部に色ズレが発生する件を修正しました。
・Wi-Fi接続で、SSIDを手動入力した後、設定をエクスポートし再度インポートするとWi-Fi接続ができない件を修正しました。
・SSIDとセキュリティー強度が同じアクセスポイントが11台以上あると、プリンターがハングアップする場合がある件を修正しました。
CS05JC 2020年1月9日
・信頼性の向上
CS24JA 2019年11月28日
・SNMPパケット (GetBulkRequest)を受信したときにシステムエラー(302621)が発生する場合がある課題を修正しました。
・普通紙のユーザー定義サイズにおいて、封筒と同一サイズを指定した場合、印刷ができない課題を修正しました。
・Wi-Fi Directの接続・切断を繰り返すと、システムエラー302600または202600が発生する場合がある課題を修正しました。
CS20J9 2019年10月17日
・信頼性を向上しました。
CS06J6 2019年9月30日
・mac OS10.15に対応しました。
CS06J6 2019年7月1日
・紙ジャム発生後、紙を除去した状態で電源をOFF/ONした以降、
 印刷できない場合がある件を修正しました。
CS15J3 2019年4月25日
・特定条件で発生するプリントヘッドのノズル目詰まり低減のため、
 前面カバーオープン時のインク補給制御シーケンスを変更しました。
CS14IC 2018年12月17日
・プリントヘッドのノズル目詰まり低減のため、プリンター制御
 シーケンスを変更しました。
CS26IB 2018年12月17日
・奇数ページの文書を自動両面印刷すると、給紙不良が発生する場合が
 ある点を修正しました。
・メールプリントにおいて、印刷データによってはレイアウトが崩れて
 しまう場合がある点を修正しました。
CS01IB 2018年11月29日
・用紙左側の余白が小さくなる場合がある点を修正しました。
CS26I9 2018年11月8日
・カセットでの紙詰まりを除去した後、給紙不良が発生する点を修正
 しました。
・両面印刷時に印字品質が低下する場合がある点を修正しました。
CS14I9 2018年11月8日
・連続印刷において、白紙排出が発生する場合がある点を修正しま
 した。
CS05I9 2018年10月2日
・下記、ドライバーでの印刷設定時の画質を向上させました。
 -用紙種類 : ビジネス普通紙
  -印字品質 : きれい
 -両面印刷 : 両面(自動) - 長辺とじ or 短辺とじ
※プリンタードライバーVer.10.18以降
CS23I7 2018年8月8日
・PCドライバ印刷中にPCをスリープさせた場合、
 極稀にプリンタがエラーになってしまう点を修正しました。
・Flash ROMへの書き込みシーケンスを改善しました。
・内部のウォッチドックタイマー設定を変更し、システム全般の
 信頼性を向上させました。

CS06I7 2018年8月8日
・+/-キー連打すると数値の変更が
 正常に行われない場合がある点を修正しました。
・WSDポートでドライバーからクリーニングを実施すると
 スキャン以外できなくなる点を修正しました。
・定期CLカウンターがダブルカウントされる場合がある点を修正しました。
・ ジョブキャンセル時に経路に用紙が残る場合がある点を修正しました。
CS15I6 2018年8月8日
・本体印刷カウント情報が減少する場合がある点を修正しました。
・増設カセットから静音モードで印刷した場合、
 紙詰まりが発生してしまう場合がある点を修正しました。
・データ量の大きな特定の印刷データを両面印刷中に、
 用紙サイズミスマッチエラーが発生し印刷を続行すると
 プリンタが正常に動作しなくなる点を修正しました。
・印字精度を向上させました。
 ※ファームウェアバージョンアップ後、クリーニングを実施してください。
CS22I5 2018年8月8日
・メンテナンスボックスの管理方法を見直しました。
CS10I5 2018年5月23日
・用紙カセットが給紙動作をできない状態(カセット内の保護材を取り除いていないなど)でプリンターを継続使用すると
 誤ったエラーが検知、表示されてしまう場合がある点を修正しました。
・A5用紙両面印刷時に紙詰まりが発生する場合がある点を修正しました。
CS24I4 2018年5月23日
・複数ジョブ印刷時のジョブ先頭ページ、および単一給紙印刷時に、印字が乱れる場合がある点を修正しました。
・パスワード印刷や認証印刷の数字入力画面において、数値未入力状態でパネルの右ボタンをタップすると、
 数値が入力できなくなる場合がある点を修正しました。
CS14I3 2018年5月23日
・紙詰まり発生時に排紙動作が行われない場合がある点を修正しました。
・日付・時刻設定の初期値が2017年になっている点を修正しました。
・パスワード印刷のジョブが本体に蓄積されている状態ですべて初期化後にパスワード印刷を実行すると
 プリンターが再起動しシステムエラー308202が発生する場合がある点を修正しました。
・下記の印刷設定時の印字品質を向上させました。
 ―用紙サイズ、用紙種類で封筒を選択した場合
 ―プリンター本体、もしくはドライバーでこすれ軽減をONにした場合
 ※印字品質向上の為、旧バージョンのファームウェアに比べ、印刷に約1.3倍の時間が掛かります。
CS02I3 2018年5月22日
・印字品質を改善しました。
CS19I2 2018年3月8日
・白紙節約設定時に排紙が完了しない点を修正しました。
CS20HC 2018年1月25日
・印刷データが非常に大きい場合に、
 印刷途中で停止してしまう場合がある点を修正しました。
・Google Cloud Printにおいてパスワード印刷が蓄積している状態で印刷すると、
 印刷中画面が表示されない点を修正しました。
・Remote Printによる印刷中にプリンタの動作が
 停止してしまう場合がある点を修正しました。
・IPSecフィルタリング機能でHTTPを通信遮断しても
 WebConfigを閲覧できる場合がある点を修正しました。
CS19HC 2018年1月25日
・新規制定
  • 1つ前に戻る