ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(Easy Interactive Tools)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 EITV501_MacOSX.dmg 6,394,897バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 Easy Interactive Tools
ソフトウェアID 29393
Ver/Rev 5.01
公開日 2019年12月5日
対応OS macOS Catalina(Mac OS 10.15) / macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11)
製品型番 EB-1410WT / EB-1420WT / EB-1430WT / EB-1440UT / EB-1460UT / EB-1470UT / EB-1485FT / EB-426WT / EB-436WT / EB-480T / EB-485WT / EB-536WT / EB-590WT / EB-595WT / EB-685WT / EB-695WT / EB-696UT / EB-710UT / ELPDC07 / ELPDC13 / ELPDC21
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
マルチモニタには対応しておりません。
Mac OS X 10.11以前のバージョンには対応しておりません。
10.11対応版をダウンロードください。


EB-1485FT シリーズと接続したとき、EIT が起動しているとプロジェクターの内蔵 WB が無効になりま
す。
変更点
macOS 10.15 Catalinaに対応いたしました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  Easy Interactive Function の一部として動作する専用アプリケーションソフトです。
  付属のペンを使って、投写している画面上で重要なところにハイライトを付けたり、
  図形を描いたりといった、電子的な注釈を付けることができます。説明しながら
  Easy Interactive Tools を活用することで、注目を集める授業や、訴求力のある
  プレゼンテーションが実現できます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
5.01 2019年12月5日
macOS 10.15 Catalinaに対応いたしました。
5.00 2019年11月14日
・動作環境を変更しました
・UI デザインの変更をしました
・インタラクティブ WB フォーマット(*.iwb 形式)の読み込み/書き込みに対応しました
・EPSON インタラクティブ WB フォーマット(*.ewf/ewf2 形式)の読み込みに対応しました
4.23 2018年11月28日
macOS Mojave (OS X 10.14)に対応しました。
4.22 2018年1月12日
macOS High Sierra (OS X 10.13)に対応しました。
4.21 2017年5月17日
macOS Sierra 10.12に対応しました。
4.20 2016年12月26日
以下の製品の機能である「マルチプロジェクション」へ対応しました。
・EB-1460UT/EB-1440UT
・EB-696UT/EB-695WT/EB-685WT

お使いのコンピュータに2台のプロジェクターを接続すると、2画面に跨って描画できます。

制限事項:
 解像度が異なるプロジェクター2台での描画はサポートしていません。
4.10 2016年3月31日
・新書画カメラ(DC21/ELPDC13)に対応しました
・Office 2016に対応しました
・MacOS X 10.11(El Capitan)に対応しました
・PCの拡張ディスプレイ上でペン, 指タッチ入力を可能にしました。
  • 1つ前に戻る