ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(Device Status Agent(DS Agent))

  • 1つ前に戻る

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 DSAgent_270004.zip 36,733,399バイト 使用許諾に同意してダウンロード
オプションファイル
内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
Device Status Agent 設定手順書 NPD6900_08.pdf 2,425,072バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ネットワークプリンタ管理ユーティリティー
ソフトウェア名称 Device Status Agent(DS Agent)
ソフトウェアID 27141
Ver/Rev 2.7.0004
公開日 2018年12月19日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2008(64ビット環境用) / Windows Server 2008 R2(64ビット環境用)
製品型番 LX-10000 / LX-10000F / LX-10010M / LX-10010MF / LX-7000 / LX-7000F / PX-M7050FX / PX-M7070FX / PX-M840FX / PX-M880FX / PX-S7050X / PX-S7070X / PX-S840X / PX-S880X
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
1)「エプソンのスマートチャージ」ご契約のお客様の専用ツールです。
  「エプソンのスマートチャージ」ご契約のお客様以外はご使用いただく
  ことはできません。
2)Windows10 において、「アプリと機能」から
  アンインストールしようとすると、アンインストールできません。
  DS Agent をアンインストールする場合は、コントロールパネルの
  「プログラムのアンインストールまたは変更」から実施してください。
3)DS Agent が自動でスタートアップしない場合は、
  タスクトレイメニューで「サービスの開始」を実行するか、
  OSのサービスの設定でDS Agentサービスの「スタートアップの種類」
  を"自動(遅延開始)"に変更して下さい。
変更点
1.主な変更点
 1)通信の疎通確認先、TLS1.0無効化に伴い、TLS1.1、TLS1.2
     に対応した通信設定を追加しました。
 2)OS情報取得で例外が発生した際、情報送信に失敗する課題を
     修正しました。
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3)新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
        場合のみの動作になります。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
2.7.0004 2018年12月19日
1.主な変更点
 1)通信の疎通確認先、TLS1.0無効化に伴い、TLS1.1、TLS1.2
     に対応した通信設定を追加しました。
 2)OS情報取得で例外が発生した際、情報送信に失敗する課題を
     修正しました。
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3)新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
        場合のみの動作になります。
2.7.0002 2018年4月11日
1.主な変更点
 1)LX-10000(F)/7000(F)シリーズ固有の情報取得項目を
   追加しました。
 2)Windows10 Creators Update (1703)以降のOSの問題に
   起因して、バルーン表示内の実行ファイル名が、
   「Microsoft.Explorer.Notification.{GUID}」
   と表示される場合がある件を修正しました。
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3)新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
        場合のみの動作になります。
2.7.0001 2018年2月15日
1.主な変更点
 1)[setup.exe]から32bit版、64bit版を自動判別し、
   実行できるように変更しました。
 2)Microsoft®.NetFramework 4系に対応しました。
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3)新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
        場合のみの動作になります。
2.7.0000 2017年10月30日
1.主な変更点
  海外機種対応のみ。
 (国内機種は、Ver.2.6.0001からの変更はございません。)
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3)新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
        場合のみの動作になります。
2.6.0001 2017年6月30日
1.主な変更点
  PX-M7050FX / PX-S7050Xで給紙ローラー残量が取得できない
  課題を修正しました。
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3)新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
        場合のみの動作になります。
2.6.0000 2017年5月26日
1.主な変更点
 1)LX-10000Fシリーズ / LX-7000Fシリーズに対応しました。
 2)Windows Server 2012R2 / Windows Server 2016 に
   対応しました。
 3)設定に不要な項目を削除しました。
   [プリンターリストの編集]-[指定方法] を「IPアドレス」
   のみにしました。
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3)新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
        場合のみの動作になります。
2.5.0000 2017年3月1日
1.主な変更点
 1)エプソンのスマートチャージリモートサービスに対応しました。
 2)DS AgentとDS Serverとの疎通確認でエラーが発生した場合、
     UI上にエラーの詳細を表示するようにしました。
2.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
2.4.0002 2016年11月1日
1.主な変更内容
  定期収集処理の際、不要な処理を行っていた課題に対応し、
  修正しました。
   ※本バージョンでもDS Agentが起動しない場合は、
   下記 2.制限事項 2)を実施してください。

2.制限事項
 1)Windows10 において、「アプリと機能」から
   アンインストールしようとすると、アンインストールできません。
  DS Agent をアンインストールする場合は、
   コントロールパネルの「プログラムのアンインストールまたは変更」
  から実施してください。
 2)DS Agent が自動でスタートアップしない場合は、
    タスクトレイメニューで「サービスの開始」を実行するか、
    OSのサービスの設定でDS Agentサービスの
   「スタートアップの種類」を"自動(遅延開始)"に変更して下さい。
 
3.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1) [setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2) タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3) 新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
         場合のみの動作になります。
2.4.0001 2016年4月15日
1.主な変更内容
  OS起動時にDS Agentが起動しない問題に対応しました。
   DS Agentのサービス起動がする処理の順番を変更し、
   OSのタイムアウトによりサービスが強制終了する問題を
  軽減しました。
   ※本バージョンでもDS Agentが起動しない場合は、
        下記 2.制限事項 2)を実施してください

2.制限事項
 1)Windows10 において、「アプリと機能」から
   アンインストールしようとすると、アンインストールできません。
  DS Agent をアンインストールする場合は、
   コントロールパネルの「プログラムのアンインストールまたは変更」
  から実施してください。
 2)DS Agent が自動でスタートアップしない場合は、
    タスクトレイメニューで「サービスの開始」を実行するか、
    OSのサービスの設定でDSAgentサービスの
   「スタートアップの種類」を"自動(遅延開始)"に変更して下さい。
 
3.バージョンアップ方法
  下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
  設定内容は引き継ぎます。
  手段1) [setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
  手段2) タスクトレイのDS Agentアイコンから
      [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、
      バージョンアップのウィザード画面に従って
      進めてください。
  手段3) 新しいバージョンのお知らせの表示から、
      バージョンアップする。  
      設定した定期収集スケジュール時に、
      DS Agentの最新版が存在する場合、
      新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
       ※ Ver2.3.0001以降がインストールされている
         場合のみの動作になります。
2.4.0000 2015年10月6日
1.主な変更内容
 1)Windows 10(x86/x64)に対応しました。
 2)[今すぐプリンター情報を収集(スマートチャージ)] を実行したとき、
  収集結果を表示する機能を追加しました。
  ※ただし、設定した定期収集スケジュール時には表示しません。

2.バージョンアップ方法
下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。
設定内容は引き継ぎます。
 手段1) [setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
 手段2) タスクトレイのDS Agentアイコンから
  [ソフトウェアの更新チェック]を選択後、バージョンアップの
  ウィザード画面に従って進めてください。
 手段3) 新しいバージョンのお知らせの表示から、バージョンアップ
    する。  
  設定した定期収集スケジュール時に、DS Agentの最新版が存在
  する場合、新しいバージョンのお知らせ画面が表示されます。
  ※現在Ver2.3.0001がインストールされている場合のみの動作
  になります。
2.3.0001 2015年4月6日
1.主な変更内容
 1)DS Agentのインストールが完了した時刻を収集スケジュールのデフォ
   ルトに設定されます。
 2)送信ができなかった場合、5回リトライします。
 3)送信時の通信プロトコルをHTTP1.0からHTTP1.1に変更しました。
 4)プリンターリストの新規保存先を、インストールフォルダーの
   [PrinterList]フォルダーにファイル名[PrinterList.xml]をデフォル
  ト指定になるように変更しました。
 5)[今すぐプリンター情報を収集]で送信に失敗した場合、失敗した旨を
   バルーン表示するように変更しました。

2.バージョンアップ方法
下記のいずれかの手段でバージョンアップが可能です。設定内容は引き継ぎ
ます。
 手段1)[setup.exe]を実行し、上書きインストールが可能です。
 手段2)タスクトレイのDS Agentアイコンから[ソフトウェアの更新チェッ
   ク]を選択後、バージョンアップのウィザード画面に従って進めてください。
2.3.0000 2014年8月21日
-
  • 1つ前に戻る