ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 EED_v200.dmg 103,454,437バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 Epson Edge Dashboard
ソフトウェアID 26899
Ver/Rev 2.0.0
公開日 2018年11月21日
対応OS macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel)
製品型番 SC-F6200 / SC-F7200 / SC-F9200 / SC-F9350 / SC-S40650 / SC-S60650 / SC-S80650 / SC-T3450 / SC-T3450N / SC-T34MS1 / SC-T34MS2 / SC-T34MS3 / SC-T5450 / SC-T54MS1 / SC-T54MS2 / SC-T54MS3
作成方法 ダウンロードファイルをダブルクリックするとMac OS X 標準ツールによりディスクイメージが作成されます
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
・Epson Edge Printをお使いのお客様は、
 本ソフトウェアへのバージョンアップと同時に、
 Epson Edge PrintもVer.2.0.0以降に
 バージョンアップしてご使用ください。
変更点
1. アプリケーションの名称を変更しました。
  変更前:Epson Control Dashboard
  変更後:Epson Edge Dashboard

2. 対応機種を追加しました。
  SC-T3450/T3450N/T5450
  SC-F6200/F7200/F9200
  SC-F2150

3. プリンターが10台まで登録可能になりました。

4. macOS Mojave に対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
本ソフトウェアは、メディアの登録・管理やプリンターステータスの確認が可能な
Webアプリケーションです。 

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
2.0.0 2018年11月21日
1. アプリケーションの名称を変更しました。
  変更前:Epson Control Dashboard
  変更後:Epson Edge Dashboard

2. 対応機種を追加しました。
  SC-T3450/T3450N/T5450
  SC-F6200/F7200/F9200
  SC-F2150

3. プリンターが10台まで登録可能になりました。

4. macOS Mojave に対応しました。
1.5.2 2018年5月28日
・ロシア語と韓国語の一部表記を変更しました。
・ステータスシートに「累計パス数」を追加しました。
 (対応機種:SC-F9350)
・9色モード使用時に「手動インク循環」が選択できないように変更しました。
 (対応機種:SC-S80650)
1.5.1 2017年9月28日
・対応機種に、SC-F9350を追加しました。
・EMXを複数選択して、一括ダウンロードできるようになりました。
・ネットワークセグメントを越えたプリンター登録に対応しました。
 (※Mac版/Linux版のみ)
・お知らせ情報のカテゴリ別表示に対応しました。
・お知らせ更新通知機能に対応しました。
・メンテナンスメニューに、オンラインマニュアルへのリンクを
 追加しました。
・クリーニング予告に対応しました。
 (※対応機種:SC-F9350、LAN接続時のみ)
・予防クリーニングに対応しました。
 (※対応機種:SC-F9350)
・トルコ語に対応しました。
1.4.1 2017年6月28日
・[メディア登録] 画面で、EMXファイルにメディアのローカライズ
 名称(国内メディアの場合は日本語名称)がある場合には、英語
 名称とローカライズ名称を併記するようになりました。
・[メディア登録] 画面で、画面右上の[登録中メディア設定の確認]
 ボタンをクリックすると、プリンター本体に登録しているメディア
 設定の一覧が表示でき、印刷も可能になりました。
・[環境設定] 画面で、[EMXファイルを手動でインポートする] に
 チェックすると、EXMファイルをWebブラウザー上で通常ファイル
 としてダウンロード可能となりました。
・対応RIPの確認やRIP印刷に関するマニュアルがダウンロード可能
 なSoftware Available Listへのリンクを追加しました。
・RGB ICCプロファイルを含むEMXファイルが読み込めない点を修正
 しました。
1.3.3 2017年5月23日
・EMXファイルの仕向け先別公開機能に対応しました。
1.3.2 2016年11月11日
・OSアップグレード後、Epson Control Dashbord が
 起動できなくなる点を修正しました。
1.3.1 2016年7月4日
・EMXファイルのダウンロード画面で、EMXファイルのインフォ
 メーション表示機能を追加しました。
EMXファイルのダウンロード画面で、EMXファイルの更新通知
 機能を追加しました。
EMXファイルのダウンロード画面で、メディア名称表示を
 フル名称表示に変更しました。
EMXファイルのインポートの上限数を50から300に変更しました。
プリンター登録画面で、プリンター名の表示形式を変更しました。
 (Mac版のみ)
プリンターのエラー、ワーニング画面の表示色を赤色から黄色に
 変更しました。
プリンター本体がスリープモード時に、メディア変更に失敗する
 点を修正しました。
1.3.0 2016年5月24日
・新規制定
  • 1つ前に戻る