ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(LFPリモートパネル2)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 EPSON_LFP_Remote_Panel_2_Ver323_FWUD_10_41.dmg 63,825,495バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 LFPリモートパネル2
ソフトウェアID 26631
Ver/Rev 3.23
公開日 2018年10月9日
対応OS macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel) / Mac OS X 10.5 (Intel/PPC) / Mac OS X 10.4.11 (Intel) / Mac OS X 10.4.11 (PPC)
製品型番 PX-20000 / PX-5002 / PX-6250S / PX-6550 / PX-7550 / PX-7550S / PX-9550 / PX-9550S / PX-F10000 / PX-F8000 / PX-F8000MS / PX-H10000 / PX-H6000 / PX-H7000 / PX-H8000 / PX-H9000 / SC-F2000 / SC-F2000R / SC-F6000 / SC-F6200 / SC-F7100 / SC-F7200 / SC-F9200 / SC-S30650 / SC-S50650 / SC-S70650 / SC-T3050 / SC-T3050MS / SC-T5050 / SC-T5050MS / SC-T7050
作成方法 ダウンロードファイルをダブルクリックするとMac OS X 標準ツールによりディスクイメージが作成されます
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
・従来のMAXARTリモートパネル2が名称変更され、
 LFPリモートパネル2 となりました。
・一部機種でプリンタードライバー側の表が
 「MAXARTリモートパネル2」のままですが、
 LFPリモートパネル2を問題なくお使い頂けます。
・今後、対象機種と異なる機種でもLFPリモート
 パネル2をご使用になる場合には、その機種に
 対応した最新版のLFPリモートパネル2を別途
 インストールしてください。
 新たにインストールした機種がLFPリモート
 パネル2のプリンター選択リストに追加されて
 選択可能となります。
・PX-H6000のみMacOS X 10.4.11にも対応
 しています。
・SC-F2000はMacOS X 10.5は非対応です。
変更点
・ファームウェアの自動アップデートを実行した際、"更新情報の
 取得に失敗しました"というエラーが表示される場合がある点を
 修正しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】

LFPリモートパネル2 は、パソコンから簡単にプリンターのメンテナンスを
実施することが可能なユーティリティーソフトウェアです。
専用ファームウェアによりプリンターを最新ファームウェアへアップデート、
プリンター本体のメディア設定をコピー(バックアップ)を行うことが可能です。

【ご使用方法】

・本ソフトの使用方法は、本ソフトインストールと同時にインストールされる  
 「取り扱い説明書」をご参照ください。

・最新版の通信用プリンタードライバーを使用してください。
 最新版の通信用プリンタードライバーはエプソンのホームページから
 ダウンロードできます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
3.23 2018年10月9日
・ファームウェアの自動アップデートを実行した際、"更新情報の
 取得に失敗しました"というエラーが表示される場合がある点を
 修正しました。
3.01 2015年1月22日
・OS X 10.10 Yosemite に対応しました。
・OS X 10.9.5以降でOS Xのセキュリティー設定(Gatekeeper)
  によってはインストールできない場合がある点を修正しました。
2.50 2014年5月23日
・対応機種共通の統合パッケージとして制定しました。
2.00 2014年3月31日
・ネットワーク接続で「ユーザー用紙設定(メディア設定)
 バックアップ」機能を利用する際、ファイル書き込みが
 出来ない場合があった点を修正しました。
 (対象機種:SC-S30650/ SC-S50650/ SC-S70650)
 ※USB接続では正常に動作します。
1.75 2013年11月1日
・SC-F2000に対応しました。
1.70 2013年3月29日
・PX-5002に対応しました。
・[プリンター監視]、および[ユーザー用紙登録]でのサンプル印刷
  実行時エラーが出る点を修正しました。
1.61 2012年9月19日
・SC-T7050/T5050/T3050の省電力モードに対応しました。
・OS X Mountain Lion (MacOS X 10.8) に対応しました。
1.41 2012年5月29日
・ユーザー用紙設定バックアップ機能を追加しました。
 (対応機種:SC-S30650/SC-S70650)
・従来のMAXARTリモートパネル2から名称を変更しました。
  変更前:MAXARTリモートパネル2
  変更後:LFPリモートパネル2
  • 1つ前に戻る