ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 encx496.dmg 15,266,139バイト 使用許諾に同意してダウンロード
オプションファイル
内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体(ポータル版) encx496Portable.zip 13,356,613バイト 使用許諾に同意してダウンロード
マニュアル NPD4954-00_JA.pdf 2,013,414バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 設定ユーティリティー
ソフトウェア名称 EpsonNet Config V4
ソフトウェアID 26595
Ver/Rev 4.9.6
公開日 2018年10月3日
対応OS macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel) / Mac OS X 10.5 (Intel/PPC)
製品型番 DS-360W / DS-40 / DS-560 / DS-570W / DSPNNW1 / EP-10VA / EP-306 / EP-30VA / EP-4004 / EP-706A / EP-707A / EP-708A / EP-709A / EP-775A / EP-775AW / EP-776A / EP-777A / EP-801A / EP-802A / EP-803A / EP-803AW / EP-804A / EP-804AR / EP-804AW / EP-805A / EP-805AR / EP-805AW / EP-806AB / EP-806AR / EP-806AW / EP-807AB / EP-807AR / EP-807AW / EP-808AB / EP-808AR / EP-808AW / EP-879AB / EP-879AR / EP-879AW / EP-901A / EP-901F / EP-902A / EP-903A / EP-903F / EP-904A / EP-904F / EP-905A / EP-905F / EP-906F / EP-907F / EP-976A3 / EP-977A3 / EP-978A3 / EP-979A3 / EP-M570T / EP-M570TE / ES-60WB / ES-60WW / ESIFNW1 / EW-M5071FT / EW-M660FT / EW-M660FT1 / EW-M660FTE / EW-M770T / EW-M770TE / EW-M770TW / EW-M770TW1 / EWM5071FTE / LP-M5000 / LP-M5000A / LP-M5000AW / LP-M5000AZ / LP-M5000F / LP-M5000FW / LP-M5000FZ / LP-M5000W / LP-M5000Z / LP-M5300 / LP-M5300AZ / LP-M5300FZ / LP-M5300Z / LP-M6000 / LP-M6000A / LP-M6000AM / LP-M6000F / LP-M6000FM / LP-M8040 / LP-M8040A / LP-M8040F / LP-M8040PS / LP-M8170A / LP-M8170F / LP-M8170PS / LP-S210 / LP-S2200 / LP-S310 / LP-S310N / LP-S3200 / LP-S3200PS / LP-S3200R / LP-S3200Z / LP-S340D / LP-S340DN / LP-S3500 / LP-S3500PS / LP-S3500R / LP-S3500Z / LP-S4200 / LP-S4200PS / LP-S440DN / LP-S5300 / LP-S5300R / LP-S6160 / LP-S7100 / LP-S7100R / LP-S7100RZ / LP-S7100Z / LP-S7160 / LP-S7160Z / LP-S7500 / LP-S7500PS / LP-S7500R / LP-S8100 / LP-S8100PS / LP-S8160 / LP-S8160PS / LP-S9000 / LP-S9000E / LP-S9000P / LP-S9000P2 / LP-S9000PS / PA-TCU1 / PA-W11G2 / PF-70 / PF-71 / PF-81 / PRIFNW7 / PX-046A / PX-047A / PX-048A / PX-049A / PX-105 / PX-1200 / PX-1600F / PX-1700F / PX-20000 / PX-201 / PX-203 / PX-204 / PX-205 / PX-434A / PX-435A / PX-436A / PX-437A / PX-5002 / PX-502A / PX-503A / PX-504A / PX-505F / PX-535F / PX-5800 / PX-5V / PX-601F / PX-602F / PX-603F / PX-605F / PX-6250S / PX-6550 / PX-673F / PX-675F / PX-7500N / PX-7550 / PX-7550S / PX-7V / PX-9500N / PX-9550 / PX-9550S / PX-B310 / PX-B510 / PX-B700 / PX-B750F / PX-F10000 / PX-F8000 / PX-F8000MS / PX-H10000 / PX-H6000 / PX-H7000 / PX-H8000 / PX-H9000 / PX-K100 / PX-K150 / PX-K701 / PX-K751F / PX-M160T / PX-M160T1 / PX-M160TE / PX-M350F / PX-M5040F / PX-M5041F / PX-M650A / PX-M650F / PX-M7050F / PX-M7050FP / PX-M7050FX / PX-M7070FX / PX-M740F / PX-M741F / PX-M840F / PX-M840FX / PX-S05B / PX-S05W / PX-S160T / PX-S160T1 / PX-S160TE / PX-S350 / PX-S5040 / PX-S7050 / PX-S7050PS / PX-S7050X / PX-S7070X / PX-S740 / PX-S840 / PX-S840X / PX-S860 / SC-P10050 / SC-P1005PS / SC-P20050X / SC-P2005PS / SC-P5050G / SC-P5050V / SC-PX3V / SC-PX5V2 / SC-PX7V2 / SC-S30650 / SC-S40650 / SC-S50650 / SC-S60650 / SC-S70650 / SC-S80650 / SC-T3050 / SC-T3050MS / SC-T3250 / SC-T3250MS / SC-T3255 / SC-T32MFP / SC-T3MFP2 / SC-T5050 / SC-T5050MS / SC-T5250 / SC-T5250D / SC-T5255 / SC-T5255D / SC-T52DMFP / SC-T52MFP / SC-T5DMFP2 / SC-T5MFP2 / SC-T7050 / SC-T7250 / SC-T7250D / SC-T7255 / SC-T7255D
作成方法 ダウンロードファイルをダブルクリックするとMac OS X 標準ツールによりディスクイメージが作成されます
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
本ソフトウェアはネットワーク設定/変更等が行えます。
対象機種の印刷/スキャン動作は、対象機種のドライバーがサポートするOSに準じます。
ドライバがサポートするOSはこちらでご確認いただけます。

本ソフトウェアはエプソン製品にのみ対応しております。他社製のプリントサーバーでは
ご使用頂けません。

・PCにインストールしなくても実行できるポータブル版を提供いたします。

変更点
・Mac OS 10.14(macOS Mojave)に対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  ・エプソン製ネットワークプリンター及びネットワークインターフェースカードの
  ネットワーク設定ツールです。
  ・Portable版はUSBメモリなどに保存し実行することができるため、PCにソフトウェアを
  インストールすることなくプリンターを設定することができます。


【動作環境】
  ・上記 対応OS に Internet Explorer 4.0 以降のインストールが必須です。
  ・動作環境は、対象機種、または対象機種とネットワークオプションを接続した場合の
   対応OS に準じます。


【PDFマニュアルについて】
  一度に複数の対象製品を設定(設定変更)する場合や、設定値のバックアップを取りたい場合は、
  下記「ダウンロードする」にあるマニュアルをご活用ください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
4.9.6 2018年10月3日
・Mac OS 10.14(macOS Mojave)に対応しました。
4.9.4 2017年9月25日
認証処理時にビジー状態のプリンターのプロパティ画面を開こうとすると、
クラッシュする場合がある点を修正。
4.9.3 2017年4月4日
1 アドレス帳ファイル(SYLKファイル)をインポートする際に、ファクス/メールアドレスのGroupIndex、FaxSpeedの記載値が初期値のままでもインポートできるように変更しました。
2 PX-M7070FXのアドレス帳で、1件の宛先が201件以上のグループに所属するように設定されている場合、アドレリ帳をエクスポートすると201~1999件目のグループ情報はエクスポートされない点を修正しました。
3 文書登録済みの掲示板ボックスの編集のラジオボタンを一旦削除にしてから変更に戻すと、Fコード/Fコードパスワードが編集可能になってしまい設定送信もできてしまう点を修正しました。
4 インストールしたユーザーと異なるユーザーがEpsonNet Configを起動すると、エラーが発生して起動できない点を修正しました。
5 WEPキーを入力して「16進数で入力する」をONした時に、入力値が16進に変換されない点を修正しました。
6 IPアドレスに256以上の値を入力したときに、自動補正されない点を修正しました。
4.9.2 2017年1月31日
1 IPsec IKE対応しました。
2 eneファイルへのエクスポートを実行すると、保存時に失敗することがある件に対応しました。
3 LP-M8040/A/F機種の詳細設定画面でインポートが成功しない場合がある件に対応しました。
4 LP-M8170FでFAXの宛先帳のインポートができない件に対応しました。
4.8.1 2016年10月7日
本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.5.7 の後継です。
【主な変更点】
1.仕様変更
- [FAX]-[受信]画面の「転送先」の選択肢にFAXの宛先が表示される点を修正しました。
- [共通]-[パネル] 画面の「表示言語」の選択肢を変更しました。
- 管理者パスワードで使用不可文字を入力した場合のエラーメッセージを変更しました。
4.6.0 2015年6月19日
本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.5.7 の後継です。
【主な変更点】
1.仕様変更
- [FAX]-[受信]画面の「転送先」の選択肢にFAXの宛先が表示される点を修正しました。
- [共通]-[パネル] 画面の「表示言語」の選択肢を変更しました。
- 管理者パスワードで使用不可文字を入力した場合のエラーメッセージを変更しました。
4.5.7 2015年6月12日
  本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.5.6の後継です。
【主な変更点】
1.仕様変更
- [共通]-[メールサーバー設定] 画面について機能拡張対応しました。
- [ネットワークI/F]-[セキュリティ]-[SSL/TLS] 画面の「暗号強度」の選択肢を
変更しました。
- [ネットワークI/F]-[セキュリティ]-[IEEE802.1X] 画面に[証明書の検証]を追
加しました。
 また、「サーバー証明書」の項目名を変更しました。
- [ネットワークI/F]-[MS Netwrok]-[基本] 画面にユーザー認証設定グループを
新規追加しました。

4.5.6 2014年8月20日
  本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.5.4の後継です。
【主な変更点】
1. 仕様改善
ファクスtoメールを設定時、メールサーバー設定を促すメッセージ追加しま
した。

2. 不具合対応
アドレス帳にメール、フォルダーの登録があっても「転送先」として利用で
きない件を修正しました。

4.5.4 2014年6月16日
  本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.5.2の後継です。
【主な変更点】
1. 不具合対応
不具合に対応しました。
4.5.2 2014年5月22日
  本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.5.0の後継です。
【主な変更点】
1. 不具合対応
不具合に対応しました。
4.5.0 2014年4月4日
 本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.4.6の後継です。
【主な変更点】
1. 仕様追加
  SNMPによるルーター越えによる探索機能の追加

2. 不具合対応
2-1) [管理者名/連絡先]の入力が255バイトを超えると、”255文字以内で入力してください。”という警告メッセージが
表示される点を修正ました。
2-2) [ファックス] 自局名称に21文字以上設定できない点を修正しました。
2-3) 一括設定機能で管理者パスワードを設定できない点を修正しました。
3-4) 転送先設定でアドレス帳から宛先を指定した時、[共通]-[アドレス帳]でステータスが”ロック中”にならない点を
修正しました。
4.4.6 2014年3月6日
 本ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.4.5の後継です。
【主な変更点】
1.対応機種の追加 
PX-M840F
PX-S840 
4.4.5 2014年1月27日
【主な変更点】
1. 対象機種
1-1) ネットワークインターフェイスカード【型番:PRIFNW7】のファーム
ウェア Ver.2.0以降に対応しました。
2. 課題対応
2-1) 特定機種において詳細設定画面が正常に表示されない点を修正しました。
4.4.4 2014年1月21日
ソフトウェアはEpsonNet Config Ver.4.4.1の後継です。

【主な変更点】
1.対応OSの追加
Windows 8 / Windows 8 x64 Edition
Windows 8.1 / Windows 8.1 x64 Edition
Windows Server 2012
v10.9 (Maverics)

2. 仕様改善
1) ビジネスインクジェットプリンター向け 設定画面/項目追加
[セキュリティー]-[IPsec/IPフィルタリング] 画面の追加
[セキュリティー]-[IEEE802.1X] 画面の追加
[タイムアウト]-[基本]にFTPの設定項目追加
[ファックス]-[メール]画面の追加

3. 課題修正
1) [ネットワークI/F]-[セキュリティー]-[SSL/TLS] 画面のSSLセッション
キャッシュの値(使用する/使用しない)を変更して設定送信しても反映されな
い点を修正しました。
2) アドレス帳でLP機種からBIJ機種へヨミガナ情報をインポートできない点
を修正しました。
3) FAXのアドレス帳をLP機種からインポートすると、ファイルが正常にもか
かわらず、警告ダイアログが表示される件を修正しました。
  • 1つ前に戻る