ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 lfprp2_v322_SC-Tx250_SC-Px0050.EXE 48,823,656バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 LFPリモートパネル2
ソフトウェアID 25130
Ver/Rev 3.22
公開日 2017年12月15日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / Windows Server 2019 / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2008(64ビット環境用) / Windows Server 2008 R2(64ビット環境用) / Windows Server 2003 / Windows Server 2003 x64 Edition
製品型番 SC-P10050 / SC-P1005PS / SC-P20050X / SC-P2005PS
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
対象機種と異なる機種でLFPリモートパネル2をご使用になる場合には、
その機種に対応した最新版のLFPリモートパネル2を別途インストール
してください。
新たにインストールした機種がLFPリモートパネル2のプリンター選択
リストに追加されて選択可能となります。
変更点
[メディア設定バックアップ&セットアップ]及び
[ユーザー用紙登録]内の[ページ間余白]:6mmに
対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
 LFPリモートパネル2 は、パソコンから簡単にプリンターのメンテナンスを
 実施することが可能なユーティリティーソフトウェアです。
 プリンター本体のメディア設定をコピー(バックアップ)を行うことが可能です。


【インストール方法】
 1. デスクトップなど任意のフォルダーにダウンロードしたファイルを
   ダブルクリックして解凍します。
 2. 自己解凍されインストールプログラムが起動します。
 3. インストールプログラムが起動したら画面の表示を確認して、
   問題がなければ[次へ]ボタンをクリックし、画面の指示に従って
   インストールを進めてください。


【ご使用方法】
 ・本ソフトの使用方法は、本ソフトインストールと同時にインストールされる 
  「取り扱い説明書」をご参照ください。

 ・最新版のプリンタードライバーとプリンターファームウェアを使用してください。
  最新版のプリンタードライバーとプリンターファームウェアはエプソンのホームページから
  ダウンロードできます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
3.22 2017年12月15日
[メディア設定バックアップ&セットアップ]及び
[ユーザー用紙登録]内の[ページ間余白]:6mmに
対応しました。
3.20 2017年3月6日
・SC-P20050/P10050で、Adobe PS3拡張ユニット用PSドライバーが
 プリンター選択のリストに表示されない点を修正しました。
・SC-T3250/T5250/T7250/T5250D/T7250Dに対応しました。
 (※管理上、バージョンのみ変更しています。)
3.19 2016年12月7日
・プリンターに保存されているメディア設定情報の書き出し/
 読み込みが可能になりました。
・ユーザー用紙登録数を10個から20個に変更しました。
3.17 2016年6月21日
・ユーザー用紙登録のPGの設定範囲を1.2~2.4に変更しました。
・用紙厚検出パターン印刷機能の廃止しました。
  • 1つ前に戻る