ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(USBプリンタークラス デバイス置き換えサービス 32bit版)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 UsbRepSv_32_1900.exe 837,624バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 USBプリンタークラス デバイス置き換えサービス 32bit版
ソフトウェアID 24348
Ver/Rev 1.9.0.0
公開日 2017年7月27日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows XP / Windows XP x86 Edition / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2003 x86 Edition / Windows Server 2003 R2(32ビット環境用) / Windows 2000
製品型番 GP-C831 / GP-M831 / TM-C3400U / TM-C3500 / TM-C7500 / TM-C7500G
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
ソフト紹介 USB接続のプリンターを置き換えた時にドライバーのコピーを作成させなくするツールです
注意・制限事項
【制限事項】
(1)以前、置き換えて取り外したデバイスを追加する場合、OSの仕様によってプリンタードライバーが自動追加されないことがあります。(Windows 7/Windows Server 2008では「未指定」デバイスとして表示されます)その場合、[プリンターの追加]ウィザードを使って追加してください。
(2)Windows 8、または Windows Server 2012 で USB プリンタークラス デバイス置き換えサービスを使用する場合、以下の制限があります。
プリンターを置き換えたあと、"デバイスとプリンター"画面で[通常使うプリンター]を示す緑色のチェックマークが、プリンターを置き換える前のプリンター上に表示されることがあります。または、チェックマークが表示されないことがあります。この場合には、以下の方法でチェックマークの表示を補正することができます。
・デスクトップ画面に戻り、再度、"デバイスとプリンター"画面を開き直してください。
・プリンタードライバーを右クリックして、[通常使うプリンターに設定]を選択してください。
・ユーザーアカウントをログオフしてオペレーティングシステムを再起動してください。
変更点
・プリンタードライバー TM-C3500 Ver2に対応しました
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
 ・USB接続のプリンターを代替機などに置き換える際、OSが作成する「プリンタードライバー名+(コピー)」
  の名称を自動変更し、コピー前の名前に自動的に書き換えるユーティリティです。
 ・プリンター交換時にドライバーのUSBポートを手動で変更する必要がありません。
 ・OSのPnP機能を使用しているため、置き換え前のドライバー設定を一緒に引き継ぎたい場合は、
  「プリンターのプロパティ」-「詳細設定」の”標準の設定”に予めプリンタードライバーの設定を保存してください。

【注意事項】
 ・同時に複数台のプリンターを接続した場合は、動作保証外になります。
 ・本ユーティリティを使用してプリンターを置き換える場合、数分程度時間を要することがあります。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
1.9.0.0 2017年7月27日
・プリンタードライバー TM-C3500 Ver2に対応しました
1.8.0.0 2016年9月10日
・Windows 10対応
・新規機種追加
1.6.0.0 2014年2月28日
・新規制定
  • 1つ前に戻る