ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(EPSON Monitoring Tool)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 EpsonMonitoringTool220.exe 31,873,808バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 EPSON Monitoring Tool
ソフトウェアID 24347
Ver/Rev 2.20
公開日 2017年7月27日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x86 Edition / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2008(64ビット環境用) / Windows Server 2008 R2(64ビット環境用)
製品型番 GP-C831 / GP-M831 / TM-C3400E / TM-C3500 / TM-C7500 / TM-C7500G
作成方法 ZIP形式の圧縮ファイルです。Windows XP以降はOS標準の機能で解凍できます。
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
ソフト紹介 ネットワーク接続されたEPSON製プリンターの状態を、管理者用PCで一括管理するためのツールです
注意・制限事項
【注意事項】
プリンタの設定を変更する場合下記のユーティリティが別途必要です。
・機種専用ユーティリティー
・TM-C3500 Printer Driver Ver. 1.0.0.5a以降
・TM-C7500 Printer Driver

下記のOS環境で使用される場合は、Microsoft Visual C++ 2005 再配布可能パッケージ及び、Microsoft Visual C++ 2008 再配布可能パッケージが必要です。詳細はマニュアルを確認してください。
 Windows Vista
 Windows XP
 Windows Server 2008
 Windows Server 2003

【制限事項】
・プリンターを検索する際は20秒以上間隔を空けることを推奨します。 短時間で検索した場合、ステータスを正常に取得できないことがあります。
・画面の色はHigh Color(16bit)以上に設定してください。 High Color未満の色設定の場合、プリンターに搭載されたインクの色が本ツールにおいて一部白色で表示されることがあります。
・プリンターの設定を変更している間は、他のアプリケーションからの印刷はできません。
・バックアップファイルを使用してTM-C3500の設定を変更する場合は、バックアップファイルを作成したときのプリンタードライバーのバージョンと、設定を変更する環境にインストールしたプリンタードライバーのバージョンを同じにしてください。
・お使いのオペレーションシステムがWindows XP SP2以降やWindows Vista、Windows 7/8の場合、本ツールを初めて起動すると[Windowsセキュリティの重要な警告]画面が表示される場合があります。この場合 [ブロックを解除する]を選択してください。ブロックを解除しないとプリンターが検索されない場合があります。
変更点
【機種追加】
・TM-C3500 Printer Driver Ver. 2.0.0.0に対応しました

サポートOS追加
・Windows Server 2016に対応しました
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
2.20 2017年7月27日
【機種追加】
・TM-C3500 Printer Driver Ver. 2.0.0.0に対応しました

サポートOS追加
・Windows Server 2016に対応しました
1.51 2016年1月19日
機能変更
・マニュアルを変更しました
・EpsonNet SDKを変更しました

不具合修正
・Epson Network Utilityに含まれる一部ファイルのアクセス権設定が不適切であった脆弱性を修正しました
  • 1つ前に戻る