ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 PX7000_933J_s.dmg 38,045,271バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ドライバー
ソフトウェア名称 プリンタードライバー
ソフトウェアID 17963
Ver/Rev 9.33
公開日 2014年12月25日
対応OS macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel) / Mac OS X 10.5 (Intel/PPC)
製品型番 PX-7000 / PX-9000
作成方法 ダウンロードファイルをダブルクリックするとMac OS X 標準ツールによりディスクイメージが作成されます
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
-
変更点
OS X Yosemite(10.10)に対応しました。
インストールについて
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  本ドライバーは、PX-7000/PX-9000 MacOS X 用プリンタードライバー Ver.9.33です。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
9.33 2014年12月25日
OS X Yosemite(10.10)に対応しました。
9.17 2013年12月4日
・OS X Mavericks(10.9)に対応しました。
・Windows共有プリンターに対して印刷が行えない点を修正しました。
・カスタム用紙サイズを用いて印刷する際、入力した値が定型サイズと
 一致する場合、余白設定が有効にならない点を修正しました。
・一部のアプリケーションとの組み合わせで印刷を行う場合、PCの
 メモリ使用量が増加し、アプリケーションが停止してしまう点を
 修正しました。
・カスタム用紙サイズを使用して複数部数印刷する場合、2枚目
 以降の印刷物の先端余白が多くなってしまう点を修正しました。
・他社レーザープリンターとの混在環境で、PhotoshopCS5以降の
 アプリケーションから印刷する場合、[印刷領域]、[割り付け設定]、
 [画像回転設定]が勝手に変更されてしまう点を修正しました。
・A)又はB)の条件で印刷した場合、文字や画像がブレたように
 印刷される点を修正しました。
 A)プリンター側での処理を優先する:ON
   かつ 用紙サイズ:ユーザー定義サイズ
 B)プリンター側での処理を優先する:ON
   かつ 自動拡大:フチなし
・カスタム用紙サイズをマージン0mmで作成した場合に、複部数
 印刷を行うと1部毎にカットされない点を修正しました。
・[システム環境設定]>[共有]で表示される[コンピュータ名]が
 未設定の場合に印刷が停止してしまう点を修正しました。
・フチなし原寸維持の設定で印刷を行った場合に、自動拡大
 されてしまう点を修正しました。
・アドレスブック上で、ページの方向を回転して印刷した場合、
 印刷結果に反映されない点を修正しました。
・Epson Printer Utility 4の[ドライバー設定]の項目を
 [システム環境設定]>[プリントとスキャン]
 >[オプションとサプライ]の[ドライバ]タブに移動しました。
9.04 2012年8月31日
1)OS X Mountain Lionに対応しました。

2)OS X Lion以降で用紙サイズにカスタムサイズを指定時、
   プリセットを保存選択するとページ設定の内容が推奨される設定に
   ならない場合がある点を修正しました。

3)OS X Lion以降でSandbox対応アプリ(テキストエディット、
   プレビュー等)における以下の内容を修正しました。

 ・EPSONの印刷画面を開かずにカスタム用紙を選択した場合、
   推奨する給紙装置が選択されない場合がある。
 ・EPSONの印刷画面を開かずに印刷設定一覧を表示した場合に
   EPSON印刷設定が一覧に表示されない場合がある。

8.66 2011年11月15日
・ロール紙をカットした結果がプリンタードライバーで
 指定した用紙サイズより大きくなる場合がある点に
 対応しました。
8.63 2011年8月31日
・OS X Lion に対応しました。
・複数の機種のプリンタードライバーがインストールされた
 環境において、ロール紙オートカッターサポート機種で
 カスタム用紙選択時にオートカッターの設定を変更しても
 初期設定値の状態で印刷される場合がある点を修正しました。
・「EPSON Printer Utility」の「EPSONプリンタウィンドウ」
 を起動した際に、インク型番が表示されない場合がある点を
 修正しました。
・インク残量が少ない状態で、下記のどちらかの手順を実行
 した際に、エラーで止まらずヘッドクリーニングが実行
 されてしまう点を修正しました。
 1) 「Epson Printer Utility Lite」の[ヘッドクリーニング]
    をクリックする
 2) [アップル]メニュー - [システム環境設定] - [プリント
    とファクス] - の順にクリックし、ご使用のプリンターを
    選択して、[オプションとサプライ] - [ユーティリティ]
     - [プリントヘッドを清掃]の順にクリックする
・「Epson Printer Utility」における[ギャップ調整]、
 [ノズルチェックパターン印刷]を起動中に表示される
 エラーメッセージを修正しました。
・MacOS X 10.6.x の環境で、[システム環境設定]-[プリンター
 とFAX]-[プリントキュー]を表示し、「サプライのレベル」
 「プリンター設定」で[インク残量表示]、[ノズルチェック]、
 [クリーニング]のいずれかを実行した直後に印刷ジョブを
 停止すると、エラーが発生することがある点を修正しました。
・MacOS X 10.6.5 以降の環境で、定型サイズと同じサイズの
 カスタム用紙サイズを作成すると、印刷位置がずれて、右端に
 不正な印刷が行われる点を修正しました。
8.19 2010年2月12日
・Mac OS X 10.6(Snow Leopard)に対応しました。
・ドライバーUIが変更になりました。
・EPSON Service Utility4 に Ver Up されました。
・新カラーマネジメントワークフローに対応しました。
・MacOSX10.6/ PhotoshopCS4 環境で使用する場合、
 アプリケーション側を以下設定にした場合は、ドライバー側の
 「カラー調整機能」が自動的に「オフ(色補正なし)」の
 設定となりグレーアウトされます。(設定ミス防止のため)
 ※ Photoshop側を「Photoshopによる色管理」にした場合
 ※ Photoshop側を「カラーマネジメントなし」にした場合
  • 1つ前に戻る