NESP基本方針

エプソンは、安全衛生環境の維持向上と心身の健康保持増進が企業体質の根幹を成すものと考え、世界の全ての社員及び協働者がチームとして安心して活き活きと働けるよう、ここに NESP基本方針を定め活動を展開する。

NESP :New Epson Safety & Health Program
(労働安全衛生マネジメントシステムの考え方・仕組みを エプソンとしてより発展させたプログラム)

  • 社員及び 協働者の全員参加のもと、NESP活動のPDCAを確実に回し、継続的改善を図る。
  • 危険性または有害性の調査(リスクアセメント等)と、労働災害・事故の真因を徹底分析し、労働災害・事故の未然防止及び再発防止を図る。
  • 労働に起因する健康障害の予防と社員の自律的健康管理の支援により、「働くこと」と「健康」が調和した活力ある組織風土を醸成する。
  • 火災・震災・風水害・感染症等への備え及び発生時の人命救護・被害拡大防止・復旧の各対策について、定期的な見直しと継続的な訓練を実施し、実効性の検証と更なる向上を図る。
  • 社員の教育を計画的に実施し、安全衛生の意識・管理水準の向上を図る。
  • 各国・地域における労働安全衛生関係諸法令及び社内規程・基準を遵守する。
  • 活動にあたっては適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施する。

制定日2001年4月1日
改訂日2020年7月1日

企業行動原則へ戻る