企業情報

長期ビジョン

中期経営計画

中期経営計画の位置付け

長期ビジョン「Epson 25」の期間を三つに分け、それぞれの期間で中期経営計画を制定しています。

Epson 25 第2期中期経営計画では、第1期で構築した確固たる基盤を生かすために、環境変化への的確な対応や執行スピードの向上に取り組みます。第2期は「高い収益を生み出す事業運営への改革」のステージと位置付け、第3期の「高収益体質の確立」につなげていきます。

安定的な売上収益成長

*その他通貨の各レートを為替ボリュームに応じて加重平均した値について、2025年度目標を100とした指数

Epson 25 第2期中期経営計画 基本方針

 

「Epson 25」で目指す姿は堅持し、
環境変化や社会課題に対応したメリハリのある経営により、
高い収益を生み出す事業運営に改革する

資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速

  • ソリューション提案型ビジネスの強化
  • 協業も含め商品ラインアップの迅速な強化
  • コアデバイスを用いた外販ビジネスとオープンイノベーションの強化
  • ロボティクスへ経営資源を投下し主柱事業化に向け成長を加速

本社からのコントロールによる、グローバルオペレーションの強化

  • 強化すべき事業領域・地域の選択と集中
  • 提案型BtoB営業力強化に向けた組織整備と人材投入
  • 全社統合IT基盤の整備

経済環境、戦略の実効性を踏まえた規律ある経営資源の投入

  • メリハリをつけた商品ポートフォリオの再構築
  • 財務規律の強化