PHILOSOPHY & HISTORY

「競争より協調」にいち早く取り組んだ環境活動の歩み。

「競争より協調」にいち早く取り組んだ

環境活動の歩み。

地域との共生、競争より協調、そして地球を友に。

1942年、エプソンは自然に恵まれた信州・諏訪に創業しました。
「地域との共生」を礎とし、事業がグローバルに成長する中にあっても、自然環境を敬う企業風土は変わることなく、1988年 世界に先駆けたフロンレス宣言に代表される地球規模の環境問題への取り組みへと発展します。「競争より協調」をモットーに、環境活動で得られたノウハウを広く社会と共有してきたエプソン。「地球を友に」の企業理念を胸に、これからも環境活動への取り組みを続けながら、社会の発展を目指します。

  • フロンレス活動は、
    まさに可能性への挑戦だった。

    フロンによるオゾン層破壊が問題になっていた80年代、エプソンは世界に先駆けてフロンレスへの挑戦を宣言。当時社長であった中村恒也は「環境に悪いとわかったものを使うわけにはいかない。技術や情報はただそのものには価値はなく、それを扱う人の人間性、創造性によって人々の役に立つもの、価値あるものになる。」と決断し、グループ一丸となったフロン全廃の取り組みが始まりました。そして、1992年に日本国内、翌年1993年には全世界で洗浄用特定フロンの全廃を達成。中村は「有効な代替物がない中、手探りでスタートしたフロンレス活動はまさに可能性への挑戦だった。社員のみんなにかわってワシントンでの授賞式に出向いた米国環境保護庁「1992年成層圏オゾン層保護賞」は、これからも思い出深いものになるだろう」と語っています。

PICK UP

  • 1942-1979

    創業~地域周辺の汚染防止

    諏訪湖を汚さないよう事業所から発生する排水処理への取り組みを開始。
    1970年代には、法律や条例の規制値よりも厳しい社内環境自主基準を設定し、汚染防止の徹底を図る。

  • 1980

    省エネルギー活動

    1980年から、削減目標の設定・構内省エネパトロール・省エネ機器の
    購入など、省エネルギー活動を推進。

  • 1988

    フロンレス宣言

    オゾン層破壊物質であるフロンに対し、世界に先駆けてフロンレスを宣言。
    この年を「環境元年」とし、1993年には全世界で洗浄用特定フロンの全廃を達成。

  • 1992

    フロン全廃活動への評価

    エプソンのフロンレス活動が評価され、米国環境保護庁(EPA)より「成層圏オゾン層保護賞(企業賞)」を受賞。以降、6年連続で企業賞・個人賞を受賞。

  • 1998

    第二の環境元年

    フロンレス活動を開始してから10年が経過した1998年を「第二の環境元年」と位置づけ、多様な環境問題に総合的に取り組むべく「環境総合施策」を策定し、6つの専門委員会を立ち上げ活動を開始。

  • 2000

    植林活動の支援

    熱帯雨林の減少が著しい東南アジアにおいて、インドネシアのカリマンタン島で「エプソンの森」づくりのに取り組みを開始。

  • 2008

    「環境ビジョン2050」策定

    深刻化する地球温暖化問題に抜本的に対応するため、長期的な視点に基づく既成概念を超えた長期ビジョンとして、エプソンは「環境ビジョン2050」を策定。

  • 2015

    循環型の新しいオフィスを創出

    オフィス内での小さなサイクルで、機密文書の完全抹消と、貴重な資源である水を使わない(注1)紙の再生を可能にした乾式オフィス製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)」を発表。(2016年発売)

    (注1)機器内の湿度を保つために少量の水を使用する

  • 2021

    「Epson 25 Renewed」発表
    「環境ビジョン 2050」改定

    持続可能でこころ豊かな社会を共創することをステートメントとした長期ビジョンを発表。あわせて環境ビジョン2050を改定し、2050年に「カーボンマイナス」と「地下資源(注2)消費ゼロ」など、環境への具体的な達成目標を設定。

    (注2)原油、金属などの枯渇性資源