現場のお悩みエプソンが解決します エプソンの医療業務向けソリューション

イベントレポート

「国際モダンホスピタルショウ2019」イベントレポート

保健・医療・福祉分野の日本最大の専門店「国際モダンホスピタルショウ2019」(主催:一般社団法人日本病院会?/?一般社団法人日本経営協会)に出展いたしました。

今回のエプソンブースは「第1回 エプソンプリンター総選挙!」をテーマに、インクジェット方式とレーザー方式、どちらのプリンターがより医療現場の皆様にお役に立てるのかをご投票いただきました。また、会期最終日の19日(金)には、出展者プレゼンテーションセミナー「病院が取り組むべき環境活動とは?~社会医療法人 河北医療財団の事例から~」も開催いたしました。
3日間にわたり多くのお客様にお越しいただき、お陰様で大盛況でした。ご来場・ご投票いただきました方々には、厚くお礼申し上げます。

名称 国際モダンホスピタルショウ2019
会期 2019年7月17日(水)~7月19日(金)
会場 東京ビッグサイト
公式サイト https://noma-hs.jp/hs/2019/

出展者プレゼンテーションセミナー

講師に社会医療法人河北医療財団河北総合病院臨床検査科の髙野 小百合氏をお迎えし、セミナーを開催いたしました。

【タイトル】
病院が取り組むべき環境活動とは?~社会医療法人 河北医療財団の事例から
【概要】
社会医療法人河北医療財団が1997年より取り組まれている環境活動とその効果、
医療情報システム部門が取り組むべきBCP対策や環境活動について、お話いただきました。

詳細レポートはこちらから「日経デジタルヘルス掲載記事」
環境に配慮した医療の提供を実現するために~河北総合病院にみる先進事例~

第1回 エプソンプリンター総選挙!投票結果

インクジェット方式に清き一票をご投票いただくべく公約1~6を掲げ、皆様にご投票いただきました。結果として83%の皆様からインクジェット方式にご投票いただくことができました。

第1回エプソンプリンター総選挙 開票結果 エプソンブースで機器体験した方におうかがいしました。「メリットを感じたプリンター方式は?」インクジェット方式83% レーザー方式7% どちらでもない10%

ご投票いただいた方々に最も関心をもたれた公約とは

ご投票いただいた方々に、最も興味関心をもたれた公約はどれかを伺いました。
多くの医療施設様が課題と考えておられる「コスト削減」に関する公約4が最も多くの方に関心をもっていただきました。

公約1 診察室や受付での印刷待ち時間を減らします! 公約2 大量印刷時の負担を大幅に軽減します! 公約3 消費電力削減で環境活動をサポートします! 公約4 院内のコスト削減に貢献します! 公約5 交換・管理・発注の手間、大幅に低減します! 公約6 プリンターや複合機の入れ替え時に発生する費用の負担を減らします!

公約の実現を可能にする「インクジェット方式」のテクノロジーとは

熱を使わず非接触で印刷をおこなうインクジェット方式は、病院様に様々な価値をご提供することができます。

インクジェット方式のテクノロジーを詳しく知りたい方はこちらから

おすすめ製品ラインアップはこちらから

病院が直面している課題 経営難 人手不足・人件費高騰 顧客満足度向上 環境配慮・BCP対策 インクジェットが提供できる価値 低ランニングコスト 導入コスト削減 大容量インク搭載による交換の手間削減 高速ファーストプリントで患者様・医師を待たせない 低消費電力で安定稼動・環境配慮

本件に関するお問い合わせ

エプソン販売株式会社 ビジネス営業企画部(ヘルスケアM・G)
【e-mail】eSIPS@exc.ehb.epson.co.jp