サステナビリティ

CSRトピックス

2015年8月28日

「サステナビリティレポート2015」の英語版および活動ハイライトの日本語版をWebサイト上で掲載

「サステナビリティレポート2015」の英語版と、「サステナビリティレポート2015 活動ハイライト」の日本語版を掲載しました。

サステナビリティレポート2015(英語版)https://global.epson.com/SR/report/

本レポートは、7月29日(水)に公開された「サステナビリティレポート2015」の内容を英語に翻訳しています。

サステナビリティレポート2015活動ハイライト(日本語版)http://www.epson.jp/SR/report/

「サステナビリティレポート2015 活動ハイライト」は、「経営理念」に沿った章立て(お客様を大切に/地球を友に/個性を尊重し、総合力を発揮して/世界の人々に信頼され/社会とともに発展する)で、エプソンの2014年度のCSR活動を象徴するテーマやデータに厳選し、コンパクトで読みやすいレポートにしています。以下、コンテンツの一部を紹介致します。

独自のセンシング技術を生かす (P5~8)

エプソンの高精度なセンシング技術が、人々の豊かな生活の実現に寄与していることを紹介しています。健康・スポーツ分野向け商品に搭載されることで、より科学的なサポートをお客様に提供することが可能となった事例や、ウエアラブル機器スマートヘッドセットMOVERIO Pro「BT-2000」による業務分野での効率化・生産性向上への可能性や、社会インフラ、災害などのリスクに対する実証実験への使用事例を取り上げています。

実証実験での使用例

事業活動とともに進める環境への提言 (P9~10)

エプソンは、お客様のワークスタイルやライフスタイルをより快適にするとともに、お客様の元で発生する環境負荷を劇的に低減する革新的なサービスの提供を、「新たな視点」と定義しています。その「新たな視点」の商品として、2014年8月よりオフィス用途向けに開始した、導入コストゼロで機器の利用・インク・保守サービスを定額で利用できるプリントサービス「エプソンのスマートチャージ」を取り上げ、環境負荷の低減について紹介しています。

大容量インクパックシステムを搭載したスマートチャージモデル

以上