CSR・環境

サプライチェーンCSR

調達ガイドライン

調達ガイドライン/サプライヤー行動規範

エプソンはビジネスパートナーであるサプライヤーにもエプソンの経営理念を理解していただき、調達活動に支援いただくことが、経営理念の実現のために不可欠と考えています。そのため、エプソンの調達ガイドラインにはサプライヤーに遵守していただく行動規範を含んでいます。
エプソンの調達活動をご理解いただき、CSR活動の推進に協力いただくことを目的に、2005年4月にエプソングループ調達ガイドラインを制定しました。さらに2008年4月にEICC(電子業界CSRアライアンス現:Responsible Business Alliance, RBA)行動規範に準拠した「エプソンサプライヤー行動規範」を制定し、以降、RBA行動規範の改定を受けて改定しています。
調達ガイドラインは、品質(Q)、価格(C)、納期(D)の取引の基本要求に加えて、国際社会からの要請を反映し、労働・環境・倫理・安全衛生などのCSR要求項目を遵守した事業活動を、ビジネスパートナーとともに推進し続けることを狙いとしています。ガイドライン初版の制定から15年を経て、重要生産材サプライヤーから、同意書を提出していただいています。
エプソンは、RBA会員として、サプライチェーンにおけるCSR推進に努めています。


サプライヤー行動規範の要請

「エプソングループ調達ガイドライン」の一部である「エプソンサプライヤー行動規範」は、RBA行動規範に準拠した、労働・安全衛生・環境・マネジメント・倫理を要求事項とし、貿易管理やサプライチェーンにおけるセキュリティー確保などエプソンの重要施策7項目を追加項目として要求しています。サプライヤーへは本行動規範の遵守を要請しています。