CSR・環境

サプライチェーンCSR

責任ある鉱物調達

紛争鉱物対応方針

エプソンの調達方針は、公平公正・共存共栄を基本に、世界各国・地域のビジネスパートナーと相互信頼関係を築き、共に発展していくことを目指しています。そのため、事業を展開する全ての地域において高い倫理観と社会的良識を持ち、各国・地域の法令や国際ルールおよびその精神を遵守した調達活動の推進を掲げています。
この調達方針を受けて、紛争鉱物問題を調達活動の主要課題と位置付け、人権侵害、環境破壊などを引き起こし、武装勢力などの資金源となっている紛争鉱物は使用しないことを中期目標に掲げ、取り組んでいます。

エプソンはこの対応方針に沿って、エプソン製品から紛争鉱物を排除するため次の取り組みを続けていきます。

  • サプライヤーには、「エプソングループ調達ガイドライン」を遵守していただき、それに従った取引を要請しています。
  • 企業と連携して責任ある鉱物調達を促進している団体であるResponsible Minerals Initiative (RMI)の加盟企業として、同団体の活動に参加・協力するとともに、RMIが提供する調査ツールを用いてサプライチェーンの調査をしています。
  • エプソンは、RMIが取り組むCFS(Conflict-Free Smelter)認証プログラムで認証された製錬業者のみからの鉱物調達を実現するために、サプライチェーンを通じて、製錬業者に対して認証を受けるよう要請しています。
  • EUにおける規制強化を受け、責任ある鉱物調査への対応として、OECDガイダンスに求められるハイリスク地域からの鉱物を使用しないよう、デューデリジェンスを行います。

紛争鉱物調査プログラム

エプソンは、サプライチェーン全体で、エプソン製品に武装勢力につながる紛争鉱物が含まれていないかを確認するための合理的で適切な調査を実施するため、「エプソングループ紛争鉱物調査手続ガイドライン」を制定しています。このガイドラインは経済協力開発機構(OECD)が発行した「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」に沿っています。
調査は、Responsible Minerals Initiative (RMI)が提供するツール(Conflict Minerals Reporting Template: CMRT)を用いて行い、紛争鉱物(スズ、タンタル、タングステン、金)の含有確認、サプライチェーン上の製錬業者の特定、サプライヤーの紛争鉱物への取り組み状況などを確認・評価し、リスクに応じた対応を実施しています。
また、CSR調達サプライヤー説明会をはじめさまざまな機会において、エプソンの方針への理解、調査精度向上への取り組み要請、紛争鉱物対応動向の共有を図っています。調査を通じて、サプライヤーと協働で、人権侵害、環境破壊などを引き起こし、武装勢力などの資金源武装勢力につながる紛争鉱物を排除するための活動を継続していきます。


調査結果

  KPI 2016年度 2017年度 2018年度
合計 タンタル スズ タングステン
特定製錬所数 - 314 312 314 150 40 81 43
CFS認定製錬所*1 - 243 249 256 102 40 74 40
CFS占有率 100%
(2021年3月まで)
77% 80% 82% 68% 100% 91% 93%
調査票回収率 100%
(2018年)
95% 94% 92% - - - -

*1 特定できた製錬所の詳細内容に関する照会については、当社までお問い合わせ下さい。


外部団体との連携

エプソンは、以下のアライアンス・団体に加盟し、業界連携によるサプライチェーンへの紛争鉱物調査活動の向上に取り組んでいます。

・一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)「責任ある鉱物調達検討会」