サステナビリティ

サプライチェーンCSR

方針・体制

サプライチェーンCSRの目指す姿

エプソンは、経営理念において、ビジネスパートナーとの共存共栄を示す「社会とともに発展」することを掲げ、「なくてはならない会社」となることを目指しています。サプライヤーを含むすべてのビジネスパートナーに、高い水準の倫理行動を求めると同時に、パートナーの自主自立を尊重することにより、共存共栄が実現するものと考えています。

ビジネスパートナーに求める倫理行動として特に以下の3点を掲げています。

  • ビジネスパートナーとの関係において、贈収賄・癒着を厳しく禁止し、ビジネスパートナー自身に対しても法令や社会倫理に反した取引慣行の排除を求めます
  • ビジネスパートナーに対して、人権・労働環境・環境・遵法・倫理・品質・情報セキュリティーに関して、エプソンと同じ基本姿勢をもとめ、必要に応じて取り組みの改善をサポートします
  • ビジネスパートナーと透明性の高い関係を築き、ともにサプライチェーン全体の競争力を高めることで、相互信頼と共存共栄を図ります


これら、サプライチェーンにおける倫理行動の要請は、エプソンが加盟するCSRサプライチェーンアライアンスであるResponsible Business Alliance (RBA)の行動規範に沿うものです。
また、エプソンは、持続可能な社会実現のための国際的な取り組みであるSDGsの目標と関連付け、CSR重要テーマとして取り組んでおり、サプライチェーン全体での活動を通じて、SDGs目標達成に貢献していきます。




関連情報


CSR調達方針

エプソンは、経営理念の実現を図る重要事項のひとつに、ビジネスパートナーとの共存共栄を掲げています。これを実現するため、企業行動原則において、ビジネスパートナーとの関係構築の基本的事項を定めています。

さらに、サプライヤーとの良きパートナー関係の構築・維持に加えて、高い倫理観とコンプライアンス遵守、および、環境負荷低減を意識した調達と、Q(品質)、C(価格)、D(納期)の安定と適正化を図ることを、調達基本方針として定めています。
これらの上位方針のもと、サプライヤーガイドラインを制定しています。同ガイドラインは、CSR調達のアライアンスであるResponsible Business Alliance (RBA)が要求する労働、安全、倫理、環境、マネジメントシステムに関する行動規範を含んでおり、RBAの行動規範をエプソンの全サプライヤーに周知し、遵守していただく要請をしています。

企業行動原則
調達基本方針

サプライチェーン戦略

経営理念、企業行動原則、調達基本方針に沿った内容をサプライチェーン戦略として6項目に整理し、サプライチェーン全体の最優先事項として取り組んでいます。

サプライチェーン戦略

  • お客様価値を創造する商品とサービスの提供
    • 『顧客優先』を基本とした品質と納期、市場競争力のある価格を確保し、世界中のお客様に喜ばれ信頼される商品とサービスを創り続ける体制を確立します

  • 環境保全への積極的な取り組み
    • 製造過程で生じる社会、環境、天然資源への悪影響を最小限に抑えます
    • 商品やサービスのライフサイクルにわたる環境負荷低減に取り組みます

  • 法令、社会規範の遵守と高い倫理観に基づく行動の実践
    • 各国の法令、社内規定、企業倫理を守る体制を確立し、遵守します
    • 公正・公平(「約束は守る」「嘘はつかない」「隠さない」)を実践します
    • 贈収賄、腐敗、恐喝などあらゆる不正を排除し、誠実な行動に徹します
    • 適切な情報開示により透明性を確保し、社会に対する説明責任を果たします

  • 人権の尊重
    • 人種、性別、国籍、障害、宗教などによる差別は徹底的に排除します
    • 強制労働、奴隷労働、児童労働を含む、非人道的な扱いは一切禁止します

  • 安全・健康・公正な労働環境の確保
    • 安全と清潔が維持され、安心して健康的に働ける風土と労働環境を実現します
    • 適正な、評価・労働時間管理・賃金の支払いによる公正な職場環境を実現します

  • 事業継続マネジメントの構築
    • 事故や災害などを未然に防ぐ仕組みと、有事が発生しても早期に事業を再開できる体制を確立します


CSR調達推進体制

エプソンは、サプライチェーン全体で社会的責任を果たしていくために、「CSR調達」および「紛争鉱物対応」をグループ全体で連携し活動しています。
目標・活動計画は、本社CSR調達主管部門を事務局に、全事業部およびグループ会社の調達部門メンバーからなるグループ横断の「CSR調達検討委員会」が協議し、サプライチェーンマネジメント(SCM)推進責任者の承認を得て、グループ全体に周知・徹底を行い実行しています。SCM推進責任者は、活動の進捗状況を定期的にレビューします。

中期目標(KGI)・実施項目(KPI)

サプライチェーンCSRの目指す姿を実現するため、中期目標、重点実施項目とKPIを設定し、活動を推進しています。

中期目標(2020年までに達成する)

 CSR調達 :重要サプライヤーのリスクランクをミドルリスク以上とする
 紛争鉱物 :RMI*1のCFS(Conflict-Free Smelter)認証プログラムで認証された製錬業者のみからの鉱物調達を実現する

*1 責任ある鉱物調達のアライアンスであるResposible Minerals Initiative



2019年度実施項目と実績

実施項目 KPI 実績
1

CSR SAQ(サプライヤーアンケート):100%実施

直接材重要サプライヤー:100%依頼

人材系ベンダー:主要生産拠点100%依頼

2 ハイリスクサプライヤーに対してCSR SAQ*2の結果フィードバックと改善指導:100%実施 100%実施
3 SAQ・現場監査の課題改善:100%完了

2019年度に第三者監査を実施した直接材ハイリスクサプライヤーの改善完了:100%完了(1社/1社中)

2019年度SAQハイリスクの生産材サプライヤーの改善完了:70%(5/7社中)

4 紛争鉱物調査:100%実施 100%実施

*2 Self Assessment Questionnaire 設問回答方式による自己評価


2020年度実施項目

実施項目 KPI
1

メジャーサプライヤーのCSR SAQ(サプライヤーアンケート)の実施:

 1) CSR SAQの結果のフィードバック率:100

 2) ハイリスクサプライヤーの改善活動完了率:100%(ハイリスクサプライヤー数:0

2

顧客からのCSR(紛争鉱物調査含む)調査対応:回答率100

3

紛争鉱物調査の実施:CF認証スメルター占有率:100