サステナビリティ

エプソンのサステナビリティ

SDGs達成への貢献

トップコミットメント

SDGsへの貢献に向けてのコミットメント

エプソンは環境問題をはじめとするさまざまな社会課題の解決に真摯に取り組み、お客様の期待を超える驚きや感動を提供することにより、持続可能でこころ豊かな社会を共創することを目指しています。このことは、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の達成と目的を同じくするものです。
エプソンは独創の「省・小・精の技術」とデジタル技術で人・モノ・情報をつなぎ、新たな価値の創出に新しい発想ややり方で挑戦し、SDGsで目指す持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

セイコーエプソン株式会社
代表取締役社長 CEO
小川恭範

エプソンの取り組みとSDGsとの関連

「持続可能でこころ豊かな社会の実現」に向け、2021年度、エプソンが社会課題を起点に取り組むべき4つの最重要課題「マテリアリティ」を特定し、それらを実現するための12の取り組み「サステナビリティ重要テーマ」を設定しました。
そして、その12のサステナビリティ重要テーマとSDGsの17の目標との関連性をSDGs169のターゲットをもって検証した結果、現在のエプソンの取り組みはSDGsの17の目標全てに貢献することを確認しました。(詳細は以下の一覧表を参照)
エプソンは、このサステナビリティ重要テーマの推進を通じてSDGs達成に貢献し、「持続可能でこころ豊かな社会」に向け取り組んでいきます。


サステナビリティ重要テーマとSDGs17目標との関連

エプソンは、サステナビリティ重要テーマとSDGsの17の目標との関連性をSDGsの169のターゲットに照らして検証しました。

重要テーマとSDGsの目標との関連


長野県SDGs推進企業

エプソンの本社が所在する長野県は、経済団体、金融機関、大学など支援機関と連携し「環境」「社会」「経済」の3側面を踏まえ、企業価値の向上や競争力の強化を図るとともに、県内企業におけるSDGsの普及を促進する制度として「長野県SDGs推進企業登録制度」を制定しています。当社は、さらに積極的に長野県の活動と同期を取って活動を進めていくために、2020年7月に長野県SDGs推進企業として申請し、第5期登録企業として登録されました。
登録に当たっての、当社の「SDGs達成に向けた宣言書」(要件1)、および「SDGs達成に向けた具体的な取組」(要件2)は以下の通りです。
当社は、SDGsへの取り組みの進捗を毎年長野県へ報告するとともに、エプソンのサプライチェーンを通じてSDGsの達成に貢献していきます。

社内啓発活動

国際協力機構(JICA)による「SDGs講演会」の実施

2020年10月に開催したエプソングループ内の技術交流を目的とした「バリューアップフェア」において、独立行政法人国際協力機構(JICA)東京センター課長(当時)の高田宏仁様より、「SDGsから見える世界の課題」の演題でご講演いただきました。本講演は、世界で活動するJICAの取り組みを通じて、新興国が抱える社会課題を知り、技術商品開発に活かす気付きになることを狙いとして行いました。JICAが取り組むSDGsとして、協力隊が海外、国内において取り組んでいる具体的な活動や、企業に求められる活動などが紹介されました。COVID-19対策のため、講演はオンラインで配信し、約500人の社員が聴講しました。社員から「社会問題を知る有意義な機会となった」などのコメントが多く寄せられました。また講演後、企業活動を通したSDGsの達成に向けた取り組みついて、社員と意見交換を行い、社会課題解決に貢献する商品開発に向け活動の幅が広がるきっかけとなりました。

高田宏仁様のコメント
当日は、エンジニアの方や事務系の方など、多様な皆様の熱心な様子を伺って、会社として真剣に取り組んでおられることを強く感じました。SDGsには、企業としての取り組み、個人の活動、さまざまな側面があります。御社と社員の皆様の地域における持続的な発展を心より祈っています。また、弊機構とのパートナーシップが実現し、コロナ後の社会課題の解決に貢献できることを願っています。


eラーニング「SDGs基礎教育(2020)」の実施

2020年度は、SDGs社内浸透活動として国内のエプソングループ役員を含めた約19,500人の社員を対象にe-ラーニングと統合レポートの読み合わせを実施しました。e-ラーニングにおいては、社員一人ひとりがSDGsを自分ごととしてとらえ行動する「きっかけ」となるよう、SDGs達成に向けたエプソンの取り組み事例やさまざまな業務を例に挙げSDGsとの関連性を説明しました。また合わせて各事業のSDGsへの取り組みを掲載している統合レポートの読み合わせを職場内で行い、職場のメンバーと意見交換することでSDGsや自社の取り組みについてさらに理解を深める機会となりました。これらのSDGs社内浸透活動について、社員からは「自分の業務とのつながりが明確になった」「持続可能な社会の実現に向けての取り組みを改めて認識できた」「事業や業務、職場での過ごし方から日常生活まで、自分たち自身と社会要請・社会的責任との関わりを改めて考える良い機会となった」などの意見が寄せられました。