サステナビリティ

エプソンのサステナビリティ活動

サステナビリティコミュニケーション

エプソンは、ステークホルダーの皆様にサステナビリティ活動に関する情報を伝えるだけでなく、ステークホルダーの意見に耳を傾け、企業活動に反映させています。そのために、適切な手段を使いステークホルダーとの双方向のコミュニケーションを行い、サステナビリティ活動の質向上に役立てています。

サステナブル・ブランド国際会議に協賛・出展

「サステナブル・ブランド国際会議*12021横浜」に協賛・出展

エプソンは、その趣旨に賛同し、2021年2月24~25日に開催された「サステナブル・ブランド(SB)国際会議2021横浜」に協賛・出展しました。今回で3年連続の協賛になります。
SB2021のテーマ「ReGENERATION」は、循環型経済の牽引を目指すエプソンの方向性とも合致しており、企業として提供できる社会的価値を示しながら、新たなイノベーションに向け共創の必要性を訴えました。

「基調講演」では取締役 常務執行役員兼サステナビリティ推進室長の瀬木が、ファッション・アパレル業界の課題解決に向けたデジタルテキスタイル印刷や、グローバルに平等な教育環境を提供する提案としてバーチャルスクールの例を紹介、さらにそれぞれに強固なエコシステムを構築したいと共創を呼び掛けました。

またブレイクアウトセッションでは実際のエコシステムを担うプレイヤーとして、アートディレクター様、印刷業者様、小売業者様、と当社社員が登壇し、ファッション・アパレル業界が直面している社会課題と、その解決のためにそれぞれの企業が行う取り組みや、今後の可能性について活発な討議が行われました。実際にエプソンのデジタル捺染機で印刷した着物などを示しながら、生産効率、自然環境、労働環境におよぼす影響などが語られ、改めてデジタルテキスタイル印刷の価値が示されました。

ブースではファッションデザイナー/アートディレクターの鷺森アグリさんがブースデザインを手がけ、デジタル印刷による多くのテキスタイル作品を展示。多くの来場者に、見て、触れていただきながら、そのデザイン性や触り心地などの風合いなどを体感いただきました。

*1 サステナビリティ(持続可能性)に関する世界最大級の国際会議です。経営戦略に「サステナビリティ」の考えを取り入れることが、企業の競争力とブランド価値を高める上で重要であるという共通認識の下、2006年に米国でスタートしました。


日台経済貿易永続フォーラムに参加

2019年9月に台湾台北国際会議センターにおいて「2019日台経済貿易永続フォーラム」が開催されました。このフォーラムには台湾および日本の経済団体、企業や学生など390人余りが参加し、経済貿易の持続的な成長に向け、SDGs達成に向けての日台双方の経験を共有して交流を図りました。
双方の経済団体代表による基調講演に続いて、ケーススタディー「グリーントレードがもたらす新たなチャンス」に当社CSR担当役員の川名が登壇しました。川名は、「エプソンのグリーンイノベーション~独創の「省・小・精の技術」で持続可能な社会を実現する」と題し、SDGsの実現に向け、インクジェットイノベーションと乾式オフィス製紙機PaperLab A-8000による環境配慮型オフィスの事例を紹介しました。また9月26~28日に台北ワールドトレードセンターで開催される「台湾国際循環経済展」において、PaperLab A-8000を展示することを紹介するとともに、再生した紙で作製したノートを配布しました。会場の参加者からは、SDGsに貢献するエプソン製品は大変興味を持って受け止められました。

地域住民

地域住民との意見交換会

当社およびグループ会社では、拠点を置く各地域の皆様を招いて、意見交換会を実施しています。当社の事業、環境活動やリスク管理体制について理解を深めていただくと同時に、積極的に地域のニーズや課題をお聞きし、良好な信頼関係の構築に努めています。
2019年6月、諏訪南事業所と富士見事業所二つの拠点を置く長野県富士見町の町長をはじめ地域役員の方々をお招きし、懇談を行いました。3LCDパネルの製造工程を視察いただいたり、事業所近隣交差点の渋滞や横断歩道の照度、町のプロモーション事業やふるさと納税、住民定住などのテーマにつき、地域と会社双方の発展につながる活発な意見交換を行いました。

関連情報