サステナビリティ

エプソンのサステナビリティ

サステナビリティコミュニケーション

エプソンは、ステークホルダーの皆様にサステナビリティ活動に関する情報を伝えるだけでなく、ステークホルダーの意見に耳を傾け、企業活動に反映させています。そのために、適切な手段を使いステークホルダーとの双方向のコミュニケーションを行い、サステナビリティ活動の質向上に役立てています。

外部有識者との対談

2021年12月に、CSR/SDGsの有識者である笹谷秀光氏と、当社取締役瀬木達明がオンラインにて対談を行いました。
笹谷氏は、農林水産省を退官された後、(株)伊藤園において長きにわたりCSR推進活動に携わられ、(株)伊藤園の第1回ジャパンSDGsアワード受賞に多大な貢献をされました。今回、エプソンは社会課題を起点にEpson 25 Renewedを発表したところで、笹谷氏からSDGsに関する最新動向・他社情報をお聞きし、エプソンの取り組みについてご意見をいただくため、対談を行いました。

笹谷氏からエプソンへのメッセージ

企業の取り組みに対し、SDGsの「当てはめ」を行うことはフェーズ1。今はフェーズ2であるSDGsの「活用」に入ったと見ています。フェーズ2は、SDGsの「当てはめ」をどう使うか。IR(投資家向けの経営状況や業績動向に関する情報発信活動)の効果を高める、それから社内の事業戦略との連動性を高めて収益構造を作る。それから商品開発の部門に刺激を与える。そして何よりも販売が好調になる。以上の結果、「外に良く内に良い」構造で企業の競争力をさらに高めることができると考えています。
御社は、国内に先駆けてSDGsを小数点レベルのターゲットで事業活動と紐付けを行い、各担当部署の活動に落とし込んでいます。今後、ターゲットの紐付けを意識付けする社内的な浸透策をやると効果が上がるでしょう。

笹谷 秀光氏
千葉商科大学基盤教育機構教授
CSR/SDGsコンサルタント

瀬木取締役のコメント

2021年3月に、長期ビジョンと環境ビジョンを改定し、「持続可能でこころ豊かな社会の実現」を打ち出してから、社内の雰囲気も、私たちはサステナブルな世の中を作るため社会課題解決を行う、というように変わってきました。
さらに、SDGsのフェーズ2に向けて事業戦略との連動性を高めて、社員隅々まで個々の活動に落とし込むには、ターゲットとの紐付けを意識した浸透策を実施することが必要だと考えています。一方で、エプソンが掲げている「カーボンマイナス」「地下資源消費ゼロ 」を実現するためには技術的なハードルも乗り越えなければならないことが多くあり、そのハードルは高いので、気を引き締めて取り組んでいきます。

瀬木 達明
取締役 専務(当時常務)執行役員
経営戦略・管理本部長 兼
サステナビリティ推進室長

サステナブル・ブランド国際会議に協賛・出展

「サステナブル・ブランド国際会議*12021横浜」に協賛・出展

エプソンは、その趣旨に賛同し、2021年2月24~25日に開催された「サステナブル・ブランド(SB)国際会議2021横浜」に協賛・出展しました。今回で3年連続の協賛になります。
SB2021のテーマ「ReGENERATION」は、循環型経済の牽引を目指すエプソンの方向性とも合致しており、企業として提供できる社会的価値を示しながら、新たなイノベーションに向け共創の必要性を訴えました。

「基調講演」では取締役 常務執行役員兼サステナビリティ推進室長の瀬木が、ファッション・アパレル業界の課題解決に向けたデジタルテキスタイル印刷や、グローバルに平等な教育環境を提供する提案としてバーチャルスクールの例を紹介、さらにそれぞれに強固なエコシステムを構築したいと共創を呼び掛けました。

またブレイクアウトセッションでは実際のエコシステムを担うプレイヤーとして、アートディレクター様、印刷業者様、小売業者様、と当社社員が登壇し、ファッション・アパレル業界が直面している社会課題と、その解決のためにそれぞれの企業が行う取り組みや、今後の可能性について活発な討議が行われました。実際にエプソンのデジタル捺染機で印刷した着物などを示しながら、生産効率、自然環境、労働環境におよぼす影響などが語られ、改めてデジタルテキスタイル印刷の価値が示されました。

ブースではファッションデザイナー/アートディレクターの鷺森アグリさんがブースデザインを手がけ、デジタル印刷による多くのテキスタイル作品を展示。多くの来場者に、見て、触れていただきながら、そのデザイン性や触り心地などの風合いなどを体感いただきました。

*1 サステナビリティ(持続可能性)に関する世界最大級の国際会議です。経営戦略に「サステナビリティ」の考えを取り入れることが、企業の競争力とブランド価値を高める上で重要であるという共通認識の下、2006年に米国でスタートしました。


SDGs全国フォーラム長野2020に参加

2021年1月、長野県において「SDGs全国フォーラム長野2020」が開催されました。このフォーラムは「人生100年時代の新しいライフスタイルの提案やSDGs達成に向けた先進事例などの共有・横展開を図ること」を目的として、長野県主催で、内閣府、外務省、経済産業省、環境省の後援によりオンラインにて2日にわたって開催され、全国の都道府県から延べ2,536人が参加視聴しました。

フォーラムの分科会「世界の潮流とSDGs経営の新展開」パネルディスカッションに当社サステナビリティ推進室部長の吉橋が登壇しました。吉橋は「エプソンのSDGsへの取り組み ~知っているからやっているへ~」と題し、エプソンのこれまでのSDGsへの取り組み事例について紹介したのち、パネリストの方々と意見交換を行いました。特に、企業の取り組みがサプライチェーン全体に与える影響、ビジネスと人権問題への取り組みについて事例を交えて紹介しました。視聴者からは、事業とSDGsへの取り組みの両立などについて多くの質問が寄せられ、SDGs達成に向けて企業への期待がますます高まっていると認識しました。

【分科会登壇者】(敬称略)

関 正雄

明治大学経営学部特任教授/損害保険ジャパン株)

サステナビリティ推進部 シニアアドバイザー(2021年4月より部署名変更)

河口 真理子 立教大学特任教授/不二製油グループ本社株)CEO補佐
近藤 勝宏 パタゴニア・プロビジョンズ マネージャー
山中 千花 (一財)トヨタ・モビリティ基金 プログラムディレクター
吉橋 晴司 セイコーエプソン(株)企画渉外部長兼サステナビリティ推進室部長
星野 知子 <コーディネーター>(一社)環境パートナーシップ会議副代表理事

地域住民

地域住民との意見交換会

当社およびグループ会社では、拠点を置く各地域の皆様を招いて、意見交換会を実施しています。当社の事業、環境活動やリスク管理体制について理解を深めていただくと同時に、積極的に地域のニーズや課題をお聞きし、良好な信頼関係の構築に努めています。
2020年10月、諏訪南事業所と富士見事業所二つの拠点を置く長野県富士見町の町長をはじめ地域役員の方々をお招きし、懇談を行いました。構内の排水処理施設、当社オフィス製紙機PaperLabや捺染印刷の機械や技術を紹介し、懇談会ではコロナ禍における地域と会社双方の発展につながる活発な意見交換を行いました。

関連情報