CSR・環境

エプソンのCSRとSDGs

エプソンのCSRとは

エプソンは、製品の提供を通じ、さまざまな社会課題の解決に貢献してきました。より良い社会づくりに寄与していくことこそがエプソンの使命であり、経営理念の実現を目指した取り組み全てがCSR活動であると私たちは考えます。
法規制や企業倫理を遵守し、社会から求められる水準を超えた責任を果たしていくことはもちろん、本業であるものづくりを通じた価値創造によりCSR面でもエプソンらしい独創性を十二分に発揮していきます。その決意の下、2017年に環境活動や人権尊重、人材育成、ガバナンスなどを幅広く含んだCSR重要テーマ(マテリアリティ)を策定し、より良い社会の実現に向け、「なくてはならない会社」として、さらにCSR活動を強化していきます。

経営理念・企業行動原則とエプソンのCSR

エプソンは、経営理念を実現する行動原則を明確にして、グループ全体で共有するために、2005年に企業行動原則を制定しました。2017年には最新の社会の要請を反映して企業行動原則を改定しました。
経営理念の根底に流れる「信頼経営」の思想に基づき、企業行動原則にのっとってCSR活動を推進することで、社会課題の解決に貢献し、世の中に「なくてはならない会社」となることを目指しています。

CSR重要テーマ(マテリアリティ)の特定

エプソンが経営理念に掲げた目指す姿を実現し、「なくてはならない会社」になるためには、企業として取り組むべき課題を明確にし、事業活動の中で解決を図っていくことが重要です。2017年、エプソンはISO26000などで定められた社会課題を参考として、CSRにおけるテーマを網羅的に抽出しました。その中から、自社視点・社会視点による評価を行い、重要度の高い取り組みを「CSR重要テーマ(マテリアリティ)」として特定しました。


活動を実効性のあるものにするために、CSR重要テーマごとの実行項目とKPI・目標値を定め、課題解決に取り組みます。さらに、ステークホルダーの声を反映し、CSR重要テーマや実行項目を定期的に見直して、PDCAサイクルを回して改善を続けます。

CSRステークホルダーダイアログ

環境経営学会との対話

2018年4月に、社会のニーズをCSR活動に反映するため、ステークホルダーとの対話を行いました。今回は、認定特定非営利法人環境経営学会の経営診断推進委員の5名をお招きし、「サステナブル経営診断2018 経営評価の手引き」に基づいて経営評価の着眼点について学びました。また、エプソンのCSR活動に関して、サステナビリティレポート、統合レポートを基に意見交換を行いました。
現在のエプソンのCSR活動を説明した後、最近のSDGsに関連した経営リスクと、ビジネス機会の創出について、環境経営学会より説明があり、幅広く議論を行いました。
今後の方向性として、「『海外を含めたグループ企業とサプライチェーンへの企業理念、企業文化の浸透』『読み手を意識した分かりやすい情報公開』『ESG投資家への当社情報の適切な開示』を強化されたい」との意見がありました。
環境経営学会との対話で出された貴重な意見を当社のCSR活動へ役立てていきます。

後列左より、環境経営学会の衣川 益弘氏、木俣 信行氏、岡本 享二氏、鈴木 道彦氏、中村 晴永氏。前列は当社社員

CSR推進体制

エプソンでは、社長直轄の組織としてCSR推進室を設置し、その責任者に取締役執行役員が任命され、グループ全体のCSRに関する責任と権限を担っています。
CSR推進室は、「なくてはならない会社」の実現を目指し、社会の期待に応える企業活動を通じて、全てのステークホルダーの信頼を獲得するためのCSR戦略を企画するとともに、グループ全体のCSR活動を推進することをミッションとしています。
また、社内取締役などにより構成されるCSR推進会議を設置し、社長の諮問機関として、CSR活動に関するグループ全体の方向性を決定します。さらに、活動の実践状況のレビューを行い、重要課題に基づき活動計画を審議します。
CSR推進会議は、CSRに関する専門事項について協議・検討を行うため、CSR推進協議会を設置しています。CSR推進協議会は、主管部門長により構成され、CSR活動に関する事項をCSR推進会議へ答申します。