エプソンの環境活動

汚染防止・化学物質管理

製品含有化学物質管理

商品を構成する一つ一つの部品・原材料において環境負荷の少ないものを優先的に調達しています。

製品含有化学物質管理の仕組み

国際的な化学物質規制(主には欧州のRoHS指令、REACH規則)の高まりから、商品に使用される化学物質の管理を適切に実施することが不可欠となっています。エプソンではこのような化学物質規制を遵守すべく、購入・生産・出荷の各段階で下記のような取り組みをしています。

  • サプライヤーに「エプソングループ生産材グリーン購入基準書*1」の遵守を依頼
  • 法規制などで制限される化学物質の排除、部品・部材の含有物質情報の入手

  • 部品・部材に法規制で制限される化学物質がないことを確認し、商品を生産
    (部品・部材の蛍光エックス線分析装置による検査を実施)

  • 商品が法規制などで制限される化学物質を使用しない部品・部材で作られたことを確認し出荷

*1 商品に使用される部品・部材を納入いただくサプライヤーに製品含有化学物質保証体制の構築・維持、法規制などで制限される化学物質の排除、部品・部材の含有物質情報の提供などを定めた基準書

製品含有化学物質管理の対応事例

法規制の遵守

化学物質規制は、世界各国・地域に拡大してきています。こうした法規制の情報や化学物質の有害性に関する情報を、業界標準調査ツールなどを活用していち早く入手・分析し、規制に適合する商品を提供します。

事例1:欧州 RoHS指令への対応

欧州のRoHS指令*1に対しては、欧州向けに限らずエプソンが全世界に販売する商品について対応することを基本としています。
*1 欧州RoHS指令とは、電気・電子製品を対象に、鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)・特定フタル酸エステル(DEHP、BBP、DBP、DIBP)の10物質群の使用を制限する、欧州連合が実施する有害物質規制です。

事例2:欧州 REACH規則への対応

欧州の化学物質規制「REACH」(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals) では、化学物質を製造・輸入する際の登録、商品に有害物質(高懸念物質など)を含有する際の情報伝達や届け出などを義務付けています。これに対しエプソンは、インクなどに含まれる化学物質の情報をお客様がいつでも閲覧できるよう、欧州24カ国語で作成した安全データシート(SDS)を欧州販売会社のホームページで公開して対応しています。
また、欧州以外の国や地域においても同様の法的要求・お客様の要求・社会的要求への確実な対応を行っています。

事例3:GHS*2への対応

2003年の国連勧告により、消費者・販売業者に対する化学品の危険有害性および適切な取り扱い方法に対して、世界的に統一されたルールとしてGHSへの対応が求められています。このルールは国や地域ごとに異なる時期に法規制として対応が義務化されており、エプソンは、インクカートリッジやトナーカートリッジなど対象となる化学製品に対して、表示などの対応を進めています。
*2 GHS(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals)とは、化学品の危険有害性(ハザード)ごとに分類基準とラベルや安全データシートの表示方法を調和させ、世界的に統一されたルールとして提供するものです。

各種印刷物に対応したインクの提供

インクジェット技術を活用して作られる商品(ラベル・ステッカー・布地など)に求められる、化学物質の安全性能を満たすインクを提供していきます。

事例1:ガーメントやテキスタイル*3用に安全性の高いインクを提供

エコパスポート認証取得
エプソンの捺染プリンター用のインク*4は、繊維製品の化学物質に対する国際的な安全規格である「エコパスポート*5」認証を取得しています。乳幼児が触れる繊維製品に印刷しても安全であることの証しであり、安心して使うことができます。

*3 ガーメント(garment)は「衣服」・「衣料」を、テキスタイル(textile)は「織物」・「布地」を意味します。
*4 昇華転写用プリンター向け「UltraChrome DSインク」、ガーメントプリンター向け「UltraChrome DGインク」と前処理剤、インクジェットデジタル捺染機のインクが対象です。
*5 繊維製品の生産時に使用する染料・顔料/助剤/仕上加工剤を対象とした、化学物質に対する安心・安全の認証規格です。

事例2:食品ラベル印刷用インクの安全性を保証

欧州食品接触材規則(欧州FCM)適合*6
エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」およびカラーラベルプリンター「ColorWorksシリーズ」のインクは、世界標準レベルの欧州食品接触材規則「Food Contact Material regulation(EC No.1935/2004)」(通称:欧州FCM)に適合*6しています。
*6 食材非接触面に印刷した場合のみ

食品ラベルサンプル


より安全な材料への切り替え(有害物質の排除など)

含有禁止、あるいは含有量を管理すべき化学物質を社内基準で定め、データベース化し、設計から調達、量産に至るすべてのプロセスでこのデータベースを活用して安全性を確保しています。また、環境や人体へ影響をおよぼす可能性のある物質を商品から排除しています。

危険有害情報の提供

事例:プリンター用消耗品の製品安全データシート

プリンターに使用する消耗品(インクカートリッジ、トナーカートリッジ、リボンカートリッジなど)を、安全かつ適切に取り扱っていただくために、消耗品が含有する化学物質の内容、取り扱い方法、保管方法などを記載した、「製品安全データシート」の提供を行っています。