サステナビリティ

ステークホルダーエンゲージメント

NGO/NPO、国際機関

NGO/NPO、国際機関

ー 持続性を伴う社会支援(Value Share活動) ー

トンガ/JICA:バナナペーパー活用(廃棄される資源を財源に)

活動内容

エプソンは、独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員たちが企画したオリジナル絵本を届ける活動に感銘し、マイクロピエゾ技術を活用して印刷、製本する無償協力を実施しました。完成した絵本は、JICAおよびトンガ大使館を通じて、7月上旬にトンガ王国の学校に配布され、SDGsに関する教材として使用されています。また、絵本の紙に採用したバナナペーパーの調達先を通じて、紙の購入金額の1%が自然環境保護団体に寄付されます。エプソンは、今後も人々の思いに寄り添い、夢をカタチにしていきます。

協働パートナー

  • JICA駒ヶ根訓練所 トンガ隊員
  • トンガ大使館
  • One Planet Café
  • エプソンミズベ(株)
  • セイコーエプソン(株)

具体的な活動

  • SDGs視点からのトンガオリジナル絵本の制作
  • 日本政府/トンガ王国との連携
  • 印刷メディアのバナナペーパー提供
  • インクジェットプリンターによる印刷
  • 全体企画とコーディネート

解決する社会課題と価値

具体的な活動・アプローチ

JICAトンガ隊員たちと一緒に議論を重ねる中、印刷を行うハード面の取り組みのみならず、廃棄物が価値を生むものづくりまで想いが及び、バナナの生産量より10倍多く廃棄されるバナナの木(実際は茎)の繊維を利用して作成されたバナナペーパーやオフィスで使用された古紙を再生した紙(当社乾式オフィス製紙機PaperLabで作成)を採用することでアフリカ地域を含む循環型社会の実現に貢献。

価値提供ポイント

  • JICA海外協力隊員たちの想いをカタチにすることづくり
  • 自社保有の印刷・紙再生技術を活用したSDGs教育コンテンツの提供
  • バナナペーパーの調達先を通じて購入金額の1%を環境保全団体に寄付

メキシコ/Bee2Be:絶滅危惧動物保護と経済活動

活動内容

NPOのBee2Be(メキシコ)が始めたメリポナ蜂という絶滅危惧種を保護する活動を支援しています。蜂を保護する活動の財源として、蜂蜜などの販売に加え、デザイナー(Anna Fusoni氏)と連携して蜂をモチーフとしたデザインのスカーフなどを製作・販売し、周知活動にもつなげています。また、この活動は現地の女性たちによって支えられており、雇用の確保にもつながっています。

エプソンはスカーフなどの製作をデジタルプリント技術で支え、現地住民やNPOの継続的な収入の創出に貢献しています。

協働パートナー

  • Bee2Be(NPO)
  • Anna Fusoni氏(デザイナー)
  • 地元の女性
  • Epson de Mexico, S.A. de C.V.

具体的な活動

  • 絶滅危惧種(メリポナ蜂)の保護活動と財源確保、雇用拡大に向けた活動主催
  • 蜂をモチーフにしたスカーフなどのデザイン
  • 現地での保護活動および物品販売、現地ガイド
  • スカーフなどをデジタル印刷するプリンターの提供と技術支援

解決する社会課題と価値

具体的な活動・アプローチ

財源や人員が不足する希少生物保護活動に対し、デザイナーなどとの連携により新たな価値を提供することで、周知活動と財源の確保を行うと共に現地メンバーの雇用、さらには新たな働き方の創出を行っている。

価値提供ポイント

  • 収益を伴う持続的な保護活動の実現
  • 蜂をモチーフにしたデザインのスカーフなど、物品販売による新たなビジネスモデル創出
  • 雇用確保と新たな働き方の提供