トップメッセージ

社長碓井

私たちエプソンは、1942年の創業以来培ってきた「省・小・精の技術」をベースに、世界中でお客様の期待を超える製品・サービスをお届けするべく、創造と挑戦を重ねてまいりました。

そして2016年には、10年後のエプソンがありたい姿と向かうべき方向を示した長期ビジョン「Epson 25」を定めました。独自のコア技術をベースに、私たちの強みを生かせる4つの領域(インクジェット、ビジュアル、ウエアラブル、ロボティクス)でイノベーションを起こし、人やモノと情報がつながる新しい時代を創造していきます。

2019年度からは、この長期ビジョンの実現に向けた「Epson 25 第2期中期経営計画」がスタートしました。第1期の3年間で磨いたコア技術、増強した生産能力、蓄積した知見などを生かし、引き続き、4つの領域でイノベーションを起こしていきます。同時に、新たなお客様価値を継続的に創造し、世界中にお届けするために、ビジネスパートナーとの協業や、オープンイノベーションによる新市場創出の取り組みを進めていきます。エプソンの技術を活用して新しい商品やサービスを生み出したいという、私たちと同じ志を持つ方々と協力し、より多くのお客様のニーズに迅速にお応えしていきます。

また、私たちがグローバルに展開する販売網を活用するとともに、急激に進化するIT技術も取り入れることによって、これまで以上にエプソンとお客様との間で強固な関係を構築することができるでしょう。

さらに、インクジェットをはじめとする私たちの技術基盤は、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にも大きな役割を果たし得ると自負しています。エプソンが起こすイノベーションが、社会課題を解決する提供価値を生み出し、持続可能な社会の実現に貢献する。エプソンは、こうした取り組みを積み重ねることで、より良い社会をつくるために中心的な役割を果たす「なくてはならない会社」になることを目指します。

今後もエプソンの歩みにご期待いただくとともに、より一層のご支援をお願い申し上げます。

代表取締役社長 碓井稔