決算説明資料

2012年3月期(2011年度)第2四半期決算説明会 質疑応答要約

  • Q1通期営業利益予想の修正の要因を教えて欲しい。
  • A為替影響の他、世界市場の減速による売上高減少の影響、販売投資の増加、航空便での送品対応による輸送費増加がある。一方、研究開発費の削減、設備投資の厳選による減価償却費の抑制、その他固定費の削減などの施策も織り込んでいる。
  • Q2第2四半期の販売促進費・広告宣伝費の増加要因と、下期の考え方を教えて欲しい。
  • A特にビジネス向けプリンター拡販のための費用であり、計画通りの結果であった。販売費及び一般管理費全体では、販売促進費・広告宣伝費以外の費用を抑えることにより前年同期比で減少している。
    今期のインクジェットプリンター本体やプロジェクターの販売数量は前回予想から変更は無い。第3四半期以降は、販売目標達成に向け、状況を見ながら効果的・効率的に費用投入を行う計画であり、この金額を今回の業績予想に反映している。
  • Q3タイの洪水についての影響を教えて欲しい。
  • A情報関連機器では、一部の部品調達にサプライチェーン上の影響が出始めているという情報があるが、影響度合いと代替策などの確認を進めている。デバイス精密機器は、タイにあるエプソンの水晶事業領域の工場は被災していないが、顧客における影響について現在確認中。
    これらの影響は今回の業績予想へは反映していない。
    今後、業績等に重大な影響が見込まれる場合には、速やかに開示を行う。
  • Q4今年度のインクジェットプリンター市場の数量成長について、最新の状況を踏まえて教えて欲しい。
  • A地域によって多少の違いはあるが、各地域とも前年比プラス成長の見通し。市場全体では、足元での景気減速の懸念の影響等もあり、従来見通しから若干低下し、3~4%の成長の予想。
  • Q5エプソンのインクジェットプリンターの販売状況を教えて欲しい。
  • A第2四半期は震災影響による生産制約があり販売数量は減少したが、今期投入した新製品は市場から高い評価をいただいている。下期は市場環境の変化に柔軟に対応し、計画通りの販売数量を確保したい。
  • Q6今後、ビジネス向けインクジェットプリンターを強化していくための施策を教えて欲しい。
  • Aビジネス向けには、主にプリンターの耐久性や低プリントコストが求められている。今期はこれらのお客様のニーズにお応えした製品ラインアップの拡充を図ることができた。今後もお客様のご要望に応えられる製品ラインアップを整え、インクジェットプリンターに占めるビジネス向けの販売比率を着実に高めていきたい。
  • Q7下期予想について、前回予想から悪化している要因を教えて欲しい。
  • A水晶の需要が、景気減速等により、従来の想定から落ち込む見通し。