技術・イノベーション

研究開発

自ら「夢」を描ける技術者集団となる

エプソンにとっての技術開発

「省・小・精の価値」で人とモノと情報がつながる新しい時代を創造する

ものづくり企業であるエプソンの技術的な強みは、ウオッチをルーツとする精密加工、水晶、半導体、ディスプレイなどさまざまな基礎技術を保有していることです。

これらの技術をベースに既存の事業を支えている要素技術に新たな技術をプラスさせ、さらにマクロトレンドと中長期の全社戦略を踏まえて新たな基盤となる技術を開発することで、将来のビジネスの種を作り上げていくことが私たちエプソンの目指す技術開発です。

すなわち「省・小・精の技術」をベースにした独自のコア技術であるマイクロピエゾ、マイクロディスプレイ、センシング、ロボティクスなどの技術を徹底的に極め、あらゆるお客様に価値を提供できるようにプラットフォーム化し、その仕組みに基づき、革新的な製品を作り続けます。さらに、今後ますます重要性の増していく情報通信技術を取り込むなどして、お客様の期待を超える「省・小・精の価値」を提供し、人やモノと情報がつながる新しい時代を創造していきたいと考えています。

技術基盤強化

次世代製品を支える技術基盤を充実し、価値創出を実現する

エプソンは、継続して「省・小・精の技術」を磨き上げます。アクチュエーター・光制御・センサー技術などを極め、情報通信技術を取り込むことで、新たなお客様価値を創出し続けます。

基盤強化の取組み

  • 独創の技術開発(次世代を担うインクジェット要素技術など)
  • ソフトウェアの技術開発(ディープラーニング、データマイニング、画像処理、高速データ処理など)
  • 新規材料開発(再生紙用結合素材、プロジェクター用蛍光体など)