Paper Lab

Watch the Video

(注)本サービスは、YouTube™のサービスを使って提供いたします。
(注)YouTubeは、Google Inc.の商標です。

紙の未来を変える

PaperLabは、小さなサイクルで循環型社会を活性化し
紙ならではの豊かなコミュニケーションを生み出すしくみです

紙コミュニケーションのシンプルさ

情報や思いも伝える。
見やすく、理解しやすく、記憶に残りやすい。

紙は、私たちにとって
必要不可欠なコミュニケーションツールです。

プリンターなどの商品を通じて
紙と深く関わってきたエプソンは

これからの豊かなコミュニケーションのあり方を
提案していきます。

水を使わない技術

Dry Fiber Technology

わたしたちが取り組んだのは、
紙のサイクルを変える技術の開発。

(注)本映像は、YouTube™のサービスを使って提供いたします。
(注)YouTubeは、Google Inc.の商標です。

PaperLabを支える「ドライファイバーテクノロジー」は
「繊維化」「結合」「成形」の3つのプロセスで構成された
使用済みの紙から新たな紙を生み出す技術です。

この水を使わずに 紙をつくる技術により
手元で新たな紙を生み出す小さなサイクルを可能にしました。

※ 機器内の湿度を保つために少量の水を使用します。

小さなサイクルでつくる

紙のリサイクルは、
大きなプロセスで循環されています。

エプソンは、使用済みの紙から
手元で新たな紙をつくる「小さなサイクル」により
資源サイクルの活性化を目指します。

乾式オフィス製紙機『PaperLab A-8000』(日本先行発売) についてはこちら

ニュースリリース(2016年11月30日)

お問い合わせ