重要なお知らせ

型番検索

LP-M620Fご愛用のお客様へ(ダイヤルパルスメーク率不適合対応)

日頃より弊社製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、弊社が販売しておりますエプソンカラー複合機「LP-M620F※1」におきまして、ファクス送信時のダイヤルパルス信号におけるダイヤルパルスメーク率※2が電気通信事業法で定められた規定値を超える場合があること、及び、このダイヤルパルスメーク率測定の際に、登録認定機関の行った試験方法の一部に誤りのあったことが判明しました。

弊社では本事案を重く受け止め、ダイヤルパルスメーク率が規定値を超えないようファームウェアを修正し、電気通信事業法に基づく再認証を取得しました。このため製品に表示されている認証番号も変更になっております。

LP-M620Fをお持ちのお客様は、下記の通り、「製造銘板」に表記の「認証番号」をご確認いただき、対象製品に該当する場合は、大変お手数ですが、最新ファームウェアへのアップデートをお願いいたします。
また、認証番号変更に伴い本体への新番号表示が必要となりますので、詳細は、こちらをご参照ください。

なお、お客様ご登録情報などにより、別途弊社サービス部門から本件についてご連絡を差し上げる場合がございます。お客様からのご連絡と行き違いがございましたらご容赦ください。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。今後、品質の向上および管理に一層の努力を重ねてまいりますので、ご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

2014年3月12日
セイコーエプソン株式会社
エプソン販売株式会社

※2)ダイヤルパルスメーク率とは

ファクス機より相手先番号を発信する方法は、「プッシュ方式(ピッ、ポッ、パッ)」と「ダイヤルパルス方式(ツツツツ)」があります。ダイヤルパルス方式は、ファクス機がダイヤルした数字の数だけパルス(電流のオン・オフ)を送ることにより、番号を伝えます。この電流のオン時間・オフ時間の比率がダイヤルパルスメーク率です。

■対象機種

LP-M620F

LP-M620F

対象製品の本体背面に以下のような「製造銘板」が貼付されています。
認証番号 A11-0098005 が対象製品です。(赤枠部分)

製造銘板

対象製品

修正不要品

旧番号 A11-0098005

新番号 A14-0014005

旧番号 A11-0098005

新番号 A14-0014005

■販売時期

2011年10月から2014年2月までに出荷された製品

■対象台数

約3,000台

■ファームウェアの入手およびアップデート方法

■ファームウェアのアップデート方法

ファームウェアのアップデートについては下記サイトをご覧ください。

ファームウェアのアップデート方法
別ウィンドウで開きます

■お問い合わせ窓口

エプソンインフォメーションセンター

050-3155-8055

【受付時間】
月曜日~金曜日9:00~12:00、13:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)

上記電話番号をご利用いただけない場合は、042-585-8580をご利用ください。

お客様の個人情報の管理について

上記窓口にご連絡いただいた氏名、住所、連絡先(電話番号等)のお客様の個人情報は、本件に関わる対応業務のみに使用いたします。また、この業務実施を目的として協力会社(弊社の修理業務委託会社)にお客様の個人情報を預託する場合がありますが、これらの協力会社は弊社との間で必要な契約を締結しており、適正な管理を行っております。弊社の個人情報保護方針およびお客様情報についてのお問合せは下記よりご確認下さい。

http://www.epson.jp/privacy_policy/esj.htm